辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護連発!「責任感あったら、コンプラ行かない」と被害女性を非難も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護連発!「責任感あったら、コンプラ行かない」と被害女性を非難もの画像1
辛坊治郎パワハラ疑惑を取り上げた『バイキング』(1月13日放送)


「週刊文春」(文藝春秋)がスクープした、辛坊治郎のパワハラ疑惑。辛坊氏がキャスターを務める『深層NEWS』(BS日テレ)でウイグル問題について取り上げた際、ウイグル族を弾圧する中国政府の代弁者を出演させたことを批判する辛坊氏の主張は正当性があるが、いずれにしても、その主張の是非にかかわらず、辛坊氏が「文春」が報じた報告書通りの言動を行なっていたとすれば、れっきとしたパワハラだし、壁ドンなんて暴力だろう(しかも、辛坊氏は「バランスを取るためならヒトラーも呼ぶのか」と言ったらしいが、辛坊氏こそ、普段ヒトラーまがいの差別思想を持っている連中と仲良く番組をやったり、安倍首相を出演させて一方的な主張を垂れ流させたじゃないか)。

 そんななか今回の辛坊パワハラ疑惑をめぐって、坂上忍が辛坊擁護、というかパワハラ擁護に必死になっている。

 坂上がMCを務める『バイキング』(フジテレビ)では、「週刊文春」第1弾発売後の1月13日と、第2弾発売当日の1月16日の2度にわたって、この問題を特集。

 13日の放送では、まずゲストコメンテーターの日本アンガーマネジメント協会・阿井優子氏や清原博弁護士が、辛坊氏が認めている事実だけを客観的に見てもパワハラに当たる、などの見解を示したのだが、すると坂上は大反論を繰り広げた。

「それに関して言うと、僕は大反対な立場であって、前からそうなんですけど、パワハラを受けたとされる側が、そういう気持ちに陥ったかどうかがすべてなんだって言い方されちゃうと、今回において言うとね、声かけて呼び止めたの女性のほうじゃないですか。それこそ、みんなよくわかってると思うけど、番組を表で担っている人と、裏で担っている人の、たぶん会話だと思うんですよ。そんなのいくらでも収めようあったと思うんだけど。裏で担っている人から呼び止めて、『どうなんですか』って言って『なんでそんな言い方されなきゃいけないの』って言って。それで自分から呼び止めたのに、相手の言い方に圧感じちゃったから、私コンプラのとこ行ってきますって。これまかり通ったら、誰もお手上げになっちゃわない?」

 アンガーマネジメント協会の阿井氏も清原弁護士も、受けた側の気持ちがすべてなどとは言っておらず、抵抗できる環境にあったかどうか職務上の適切な範囲を超えていたか、など客観的な基準もあげているにもかかわらず、それは無視して「受けた側の気持ちがすべてならお手上げ」などと、まるで被害を訴えることが理不尽かのように言うのである。

 しかも「自分から呼び止めたのに、相手の言い方に圧感じちゃったから、私コンプラのとこ行ってきますって」って、坂上は自分から声をかけたら何を言われても暴力をふるわれても甘受しろとでも思ってるんだろうか。あるいは因縁をつけた的な不良の喧嘩か何かと勘違いしているのか。

 さらに唖然としたのは、このセリフだ。

「これね、でもね。じゃあ、それだけの立場にいて、責任感を持って、じゃあ逆に演者が言われたとしましょうよ。あなた何やってるんだって圧を感じるような。でもその責任感があったら、コンプラのとこに行かないですよね」

「責任感あったらコンプラに行かない」って……。コンプラに頼らず自分だけで処理するのが責任感だというのだ。それって、ようは、不正や横暴は表沙汰にせず丸く収めてなかったことにしろということだろう。そういう論理こそがテレビ局を不正の温床にしてきたのではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護連発!「責任感あったら、コンプラ行かない」と被害女性を非難ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキングパワハラ坂上忍木村太郎本田コッペ辛坊治郎週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
2 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
3 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
4 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
5 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
12 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
13 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
14 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
15 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
16 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
17 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
9 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
10バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
13石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄