麻生太郎の“単一民族”発言への擁護とアイヌヘイトが跋扈するなか、アイヌのアイデンティティを描いた『熱源』が直木賞を受賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
麻生太郎の単一民族発言への擁護とアイヌヘイトが跋扈するなか、アイヌのアイデンティティを描いた『熱源』が直木賞を受賞!の画像1
アイヌを描いた直木賞受賞作『熱源』


 麻生太郎財務相が13日、「日本は2000年の長きにわたって一つの場所で、一つの言葉で、一つの民族、一つの天皇という王朝が続いている国はここしかない」と発言し、大きな批判の声があがっている。言うまでもなく、日本は単一民族国家ではない。沖縄はかつて琉球王国だったし、日本列島にもたとえばアイヌなどの先住民族がいた。アイヌが先住民族であることは学術的に議論の余地のない事実であり、政府も昨年5月に施行した「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律」(いわゆる「アイヌ新法」)で明確に認定している。

 ところが、SNSではネトウヨたちが麻生太郎の「単一民族」発言に同調している。昨日19日放送の『サンデーモーニング』(TBS)で青木理氏が麻生氏の発言の間違いと差別性を指摘したところ、ネットは青木氏への攻撃で溢れ返った。

 さらにネトウヨたちは「アイヌは先住民族ではない」「アイヌは存在しない」「アイヌへの差別はなかった」「アイヌは嘘をついて特権を享受している」なるデマまで盛んに吹聴している。この“アイヌヘイト”とも呼ぶべき状況は、とりわけ、アイヌが先住民族であることを明記した「アイヌ新法」成立後に加速している。北海道新聞1月18日付によれば、政府が昨夏おこなったアイヌ新法施行に伴う基本方針案のパブリックコメントに寄せられた6305件のうち大半がアイヌ民族を否定するなどの差別的な表現で占められていたという。

 こうしたゆゆしき状況のなか、アイヌを否定するレイシズムと歴史修正主義に真っ向から対峙した小説が注目を浴びている。今月15日、半期恒例の芥川賞と直木賞の受賞作品が発表され、樺太のアイヌたちを中心に描いた『熱源』(川越宗一/文藝春秋)が直木賞に輝いたのだ。

 作者の川越宗一にとって第二作目にあたる『熱源』は、日本発の南極探検隊に参加したアイヌの一人として知られるヤヨマネクフ(和名・山辺安之助)と、ポーランド共和国の初代国家元首の兄で文化人類学者のブロニスワフ・ピウスツキという、実在した二人の人物が主人公。純粋なノンフィクションではないが、巻末の主要参考文献には様々な史料が並べられており、読後感は重厚な歴史小説のそれだ。

 ヤヨマネクフとブロニスワフという同世代の二人を中心として、物語は明治初期から第二次世界大戦までの極東とヨーロッパを股にかける。ロシアから独立を果たしたポーランド共和国“建国の父”ユゼフ・ピウスツキや、大隈重信、二葉亭四迷、金田一京助らが絡んで織りなすスケールは圧巻。導入だけでも紹介しておこう。

 物語は西暦1880年代後半、明治初期から始まる。ヤヨマネクフは樺太(サハリン)生まれのアイヌ。日本とロシアが1875年に締結した樺太千島交換条約で、樺太はロシア領となっている。ヤヨマネクフは9歳のときに北海道へ渡らされ、同じ樺太アイヌの親友・シシラトカ(和名・花守信吉。のちに南極探検隊に参加)や、和人とアイヌの血を引く千徳太郎治(のちに『樺太アイヌ叢話』などを著す教育者)ら仲間とともに、対雁の開拓地で青年期を過ごす。だが、その対雁と来札のアイヌ集落を疫病が襲う。ヤヨマネクフは、ある思いを胸に故郷である樺太へ帰還する。

 一方のブロニスワフは現在のリトアニア生まれ。リトアニアは中世に隣国・ポーランドと連合したが、戦争によって18世紀末にポーランド・リトアニア共和国は解体。大部分がロシア帝国の領土となっている。ポーランドの独立・革命志向を持つ大学生のブロニスワフは、アレクサンドル・ウリヤノフ(レーニンの兄)らとロシア皇帝暗殺を計画した罪で樺太へ流刑となる。入植囚として労役するなか、現地のニヴフ(ギリヤークとも。少数民族)の人々との交流を始めるブロニスワフ。あるきっかけから、樺太アイヌら少数民族を研究する学者となる。

 この“故郷”を求める二人が、20世紀始めの樺太で邂逅する。そこから、大国ロシアと新興国日本に翻弄されるアイヌたち少数民族の人々の生活を中心に、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と年月を重ねながら、まるで運命の歯車とでも呼ぶべき物語が本格的に始動していくことになる──。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

麻生太郎の“単一民族”発言への擁護とアイヌヘイトが跋扈するなか、アイヌのアイデンティティを描いた『熱源』が直木賞を受賞!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アイヌサンデーモーニングヘイト川越宗一熱源直木賞編集部青木理麻生太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
2 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
3 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
4 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
5 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
8 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
9 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
10 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
11 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
12 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
13 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
14 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
15 安倍首相にマッチョ批判
16 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
17 昭恵夫人が近財職員自殺報道の夜に神田うのと
18 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
19 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
20 『ゲゲゲの鬼太郎』が安倍政権を風刺してネトウヨが攻撃! 
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
4「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
5五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
7近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
8昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
14赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
15感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
16 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
17 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
18K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
19大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄