結婚発表の窪田正孝の朝ドラ『エール』主人公は「軍歌」を大量に作った作曲家! 大河は渋沢栄一…NHKドラマ国策化が酷い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
結婚発表の窪田正孝の朝ドラ『エール』主人公は「軍歌」を大量に作った作曲家! 大河は渋沢栄一…NHKドラマ国策化が酷い の画像1
「軍歌」を大量に作った作曲家が主人公の『エール』(NHK公式サイトより)


 俳優の窪田正孝と女優の水川あさみが、22日、所属事務所を通して結婚を発表した。窪田といえば、数々のドラマや映画に主演し人気のみならず実力派として評価も高い売れっ子俳優で、2020年春に始まるNHK連続テレビ小説『エール』での主演が決まっている。窪田が演じるのは、昭和を代表する作曲家・古関裕而をモデルとする主人公・古山裕一。NHKの公式サイトでは、〈昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語〉などとPRされている。

 古関裕而は明治42(1909)年生まれの福島県出身の音楽家で、1989年に亡くなるまでに無数のヒット曲を世に送り出した。NHKのサイトは、甲子園・高校野球のテーマ曲として知られる「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」、ラジオドラマ主題曲の「君の名は」など有名どころを紹介している。

 しかし、その一方で、NHKがほとんど触れていないことがある。それは、日本が戦争に突入するなかで、古関は数多くの「軍歌」や「戦時歌謡」を作曲しており、それによって名声を高めたという事実だ。いうまでもなく、軍歌・戦時歌謡は国民の戦意高揚と戦争の正当化のために作られ、多くの国民を戦争に駆り立てた“国策ソング”である。

 実際、古関が作曲したものをいくつか見てみよう。たとえば、日中戦争が始まった1937年発表の「露営の歌」(作詞・藪内喜一郎)は大ヒットを記録し、前線の兵士にも歌われていたという。こんな歌い出しである。

〈勝ってくるぞと勇ましく 誓って故郷(くに)を出たからは 手柄立てずに死なれよか 進軍ラッパ聞くたびに 瞼に浮かぶ旗の波〉

 “銃後を守る夫人”意識の涵養が目的の「愛国の花」(作詞・福田正夫)の1番はこうだ。

〈真白き富士のけ高さを 心の強い盾として 御国につくす女等(おみなら)は 輝く御代の山桜 地に咲き匂う 国の花〉

 1941年12月8日からの太平洋戦争では、マレー沖海戦成功の大本営発表を受け、NHKから英国艦隊撃沈を祝う曲を依頼された古関は、わずか3時間で一曲を作り上げた。それが、同年12月10日のニュースと同時に放送された「英国東洋艦隊潰滅」(作詞・高橋掬太郎)である。日本帝国海軍が沈めた英国艦の名称を入れるなど、“大勝利”が高らかに讃えられている。

〈滅びたり 滅びたり 敵 東洋艦隊は マレー半島 クワンタン沖に いまぞ沈みゆきぬ 勲し赫たり 海の荒鷲よ 沈むレパルス 沈むプリンス・オブ・ウェールズ〉

 古関は自伝『鐘よ鳴り響け』(日本図書センター)で、大本営発表の臨時ラジオから作戦成功の報を聞いた時のことを〈我々は思わず拍手し昂奮、感激した。始まった以上、勝たねばならぬからである〉と振り返っている。放送後、古関は〈灯火管制で真暗な街を内幸町から新橋駅まで、今放送したメロディーを口ずさみながら帰宅した〉。

 周知のようにその後、日本はどんどん敗色を濃くしていくのだが、戦意高揚の“国策ソング”は主に軍部の命を受けたマスコミの公募というかたちで、続々とつくられていった。古関も従軍し、戦地の部隊のための歌など多数を作曲した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

結婚発表の窪田正孝の朝ドラ『エール』主人公は「軍歌」を大量に作った作曲家! 大河は渋沢栄一…NHKドラマ国策化が酷い のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKエール古関裕而太平洋戦争安倍政権朝ドラ窪田正孝編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
2 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
10 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
11 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
14 麻生太郎が愛人の店に2360万円
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
18 昭恵夫人が安倍首相の危険な本質を暴露
19 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
20 菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄