朝ドラ『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化! 労働組合の意義、会社との対立をなかったことに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『なつぞら』はレッドパージや検閲も描きながら掘り下げず問題を矮小化

 いや、それどころか『なつぞら』では、坂場は長編アニメ映画の興行不振の責任をとって「東洋映画」を退職してしまうのだが、実際には高畑は降格処分で残り、その後、大塚氏が移っていたAプロダクションに宮崎や小田部氏とともに移籍している。高畑らの退職理由について大塚氏は、「当時、東映では僕を含めて新鮮な企画が通らなくなっていましたから」と述べている(「おおすみ正秋の仕事場」インタビューより)。

 会社との対立が退職理由だったのに、それが興行不振の責任に置き換わるとは──。じつは『なつぞら』では、作中に登場するアニメーションの制作に東映アニメーション(1998年に東映動画から商号変更)が入っている。NHKは東映動画に気をつかって、組合による労働争議や優秀なアニメーターが続々と抜けていった歴史を描くことを避けているのかもしれない。

 しかし、はたして問題はそれだけなのだろうか。たとえば、『なつぞら』では、労働組合問題だけではなく、当時あった問題を取り上げながらも矮小化するような場面が散見されていた。

 たとえば、なつは「東洋動画」の採用試験を一度落ちているのだが、その理由はなつの兄が新劇の劇団「赤い星座」にかかわっていることを、社長が「あそこは戦前からプロレタリア演劇の流れを汲む劇団じゃないか」と問題視したことだった。つまり、なつはレッドパージに遭ったわけだが、作中では「誤解されてしまった」として処理され、レッドパージそのものの理不尽さや違法性にはまったくふれられなかった。

 また、のちになつと結婚することになる坂場が演出した『ヘンゼルとグレーテル』をめぐって、上司たちが「これって社会風刺じゃないか」「これはアメリカと日本の関係を表しているんじゃないだろうね?」と追及する場面も出てきたのだが、こうした“検閲”についても、その不当性を問題にするのではなく、“アニメは子どもが観るものという価値観”の問題にすり換えられてしまっていた。

 反体制への弾圧を取り上げながら掘り下げることもなく、それに対する抵抗も描かない……。ようするに、表現の自由や労働者の権利といった重要な部分について、『なつぞら』はあまりに無頓着すぎるのだ。

 前述した斎藤美奈子氏のコラムでは、『なつぞら』の労働組合の描き方と、佐野サービスエリアで起こった従業員のストライキによる営業停止を「利用客に戸惑いや落胆が広がる」などとまるで迷惑行為であるかのように伝えたメディアの姿勢と合わせて、〈こうして曖昧にされる労働者の権利。ニュースといいドラマといい、何を気にしているのか知りたいよ〉とまとめていた。

『なつぞら』の描写は、NHKや脚本家の無意識によるものなのか、はたまた“敢えて”外しているのか、その真意はわからない。しかし、「ボーヴォワールのようになりたいと思っていました」と語る奥山氏を主人公のモデルにしながら、この描き方はあまりにも残念としか言いようがないだろう。

最終更新:2019.08.22 04:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

朝ドラ『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化! 労働組合の意義、会社との対立をなかったことにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。なつぞらアニメーター労働組合奥山玲子斎藤美奈子朝ドラ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
2 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
3 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
4 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
5 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
6 櫻井よしこは「神社」に住んでいた! 
7 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
8 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
9 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
10 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
11 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
12 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
13 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
14 『プライムニュース』だけじゃない!マスコミに蔓延る韓国ヘイト
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
19 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
4大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
6 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
7甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
8菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
9菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
10菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
12 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
13ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄