「一番の功績は出産」発言を萩生田幹事長代行が女性差別丸出し擁護…参院選は「女性の権利を認めない安倍自民党の是非」も争点だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
 「一番の功績は出産」発言を萩生田幹事長代行が女性差別丸出し擁護…参院選は「女性の権利を認めない安倍自民党の是非」も争点だ!の画像1
はぎうだ光一オフィシャルwebsite


 やはり、安倍自民党は何も反省していなかった。7月12日、参院選三重選挙区から立候補している自民現職・吉川有美氏の応援演説で、同党の三ツ矢憲生衆院議員が「一番大きな功績は子どもをつくったこと」と発言し問題となっているが、安倍首相の側近である萩生田光一・自民党幹事長代行が昨日、三ツ矢議員の発言を擁護したのだ。

 まず、三ツ矢議員はどんなことを話したのか。以下に紹介しよう。

「この6年間で吉川有美は何をしてきたのか。一番大きな功績はですねぇ、子どもをつくったこと。もちろん、人口が増えるってのもありますが、本人はやっぱり子どもを持って、母親になって、自分の子どもの寝顔を見ながら、自分の子ども、自分の娘、この子のために、この地域を、この国を、いい国にしていきたい、いい地域にしていきたい。そういう思いが芽生えてまいりました。私は、そういう思いが政治の原点ではないかなと思っております。そういう意味で、どうかこの一皮剥けた吉川をぜひご支援賜りたいと思います」

 女性候補者に対し、政治家としての仕事ではなく、プライベートで子を出産したことを「一番大きな功績」として挙げる──。親にならずとも国や地域をよくしたいという思いをもつことはできるし、第一、子を持たない政治家は「政治の原点」には立てないとでも言うのだろうか。しかも、子をなしたことを「一皮剥けた」と表現すること自体、子を持てない・持たない人を低く見た発言であることは疑いようもない。これが一般企業で上司が部下に対しておこなった発言ならば、部下が女性であろうと男性であろうと完全にセクハラ案件だろう。

 だが、この発言について、当日街頭演説に同席していた萩生田幹事長代行は「演説全体を聞いた人には理解していただける」「聴衆からは一番拍手があった」と主張。上記のとおり、とても理解できるものではないのだが、萩生田幹事長代行はこのように擁護したのだ。

「母親になって一つ大きくなった候補を応援してほしいという趣旨だ」

 母親になればひとつ大きくなる──。つまり、女性は出産によって大きくなる、逆に言えば子を産まない女性は“大きくなれない”ということになる。これは「一皮剥けた」発言と同じ趣旨で、ようするに萩生田幹事長代行は三ツ矢議員の発言の何が問題かが、根本的にわかっていないのだ。

 そもそも、この日本社会には「女性は子どもを産んで当然」という圧力が蔓延り、多くの人たちがそのことに苦しんでいるという現実がある。だが、すべての人には、子どもを産むことも、いつ産むのか、何人産むのか、そして産まないという選択をするリプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康/権利)がある。「子どもを持って一人前」だとするような主張は明白な人権侵害行為なのだ。無論、これは男性に対しても同様だ。

 だが、安倍自民党からは、同じような暴言が何度も繰り返し飛び出しつづけている。

 ご存じのとおり、今年5月末には、桜田義孝・前五輪担当相が「お子さん、お孫さんには子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」と発言し問題になったばかりだが、同様の発言は枚挙に暇がない。

「いかにも年寄りが悪いという変な野郎がいっぱいいるけど、間違っていますよ。子どもを産まなかったほうが問題なんだから」(麻生太郎財務相/2019年2月)
「子どもを産まないほうが幸せじゃないかと勝手なことを考えて(いる人がいる)」「皆が幸せになるためには子どもをたくさん産んで、国も栄えていく」(二階俊博・自民党幹事長/2018年6月)
「必ず新郎新婦に3人以上の子どもを産み育てていただきたいとお願いする」「結婚しなければ子どもが生まれないから、ひとさまの子どもの税金で老人ホームに行くことになる」(加藤寛治衆院議員/2018年5月)
「子どもを4人以上産んだ女性を厚生労働省で表彰することを検討してはどうか」(山東昭子参院議員/2017年11月)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「一番の功績は出産」発言を萩生田幹事長代行が女性差別丸出し擁護…参院選は「女性の権利を認めない安倍自民党の是非」も争点だ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。三ツ矢憲生吉川有美夫婦別姓安倍晋三少子化問題編集部自民党萩生田光一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
3 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
4 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
5 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
6 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
7 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
8 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
9 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
13 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
14 竹田恒泰の側近が詐欺逮捕、その裏側には
15 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
16 吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
17 秋篠宮家の料理番がブラック告発
18 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
19 吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
20 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
1東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
2大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
3コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
4吉村知事が“批判逃れ”に必死! 橋下徹と宮根誠司は“同情誘う作戦”
5 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
6安倍晋三「朝日の捏造体質は変わらない」発言に「お前が言うか」と非難殺到
7吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
8 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
9『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
10大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
11菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
12 大阪「高齢者の入院の優先順位下げろ」は職員の問題ではない! 吉村知事も
13市長選で優勢 河村たかし市長との焼肉会食をリコール不正渦中の事務局長が
14東京五輪組織委が看護協会に「看護師500人動員」を要請する横暴!
15菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
16西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
17フジ系『最高のオバハン』が結婚詐欺師の名を小室氏と一字違いの「小室敬」に

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄