映画『主戦場』に出演しながら上映中止要求の藤岡信勝、テキサス親父、櫻井よしこら右派論客に、デザキ監督が徹底反論!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

テキサス親父マネージャーは完成祝いのメール、ケントはPR協力を申し出

 他方、藤木氏と藤岡氏がサインした「合意書」は、監督が提示した「承諾書」の内容を不服として別に交わされたものだ。デザキ氏によれば、藤木氏への取材予定日の当日午前3時頃に「合意書」が「気に入らない」という連絡がメールで伝えられたという。その後電話で何度かやりとりをして「合意書」は作成された。藤木氏は「文面が『取材者側の権利のみをうたう偏った内容』であるとして、取材を受ける側の権利も書き込んだ代案を出し、協議ののちいくつかの条文を入れさせた」と主張している。いずれにせよ、藤木氏らは「承諾書」にも目を通していたことになる。

「一番の争点は、藤木氏が(映画を)編集できる権利を得たいというふうに言っていたことです。私は、それはできないと断っています。映画を突然商業化したという指摘は、まったく寝耳に水でした。(藤木氏・藤岡氏を含んで)『承諾書』を読んでいますので、商業化されうるということは認識していたはずです」(デザキ氏)

 結果的に、監督と藤木氏のやり取りのなかで、「合意書」には〈甲は、本映画公開前に乙に確認を求め、乙は、速やかに確認する〉〈本映画に使用されている乙の発言等が乙の意図するところと異なる場合は、甲は本映画のクレジットに乙が本映画に不服である旨表示する、または乙の希望する通りの声明を表示する〉という記載が入れられた。デザキ監督によると、実際、2018年5月に藤木氏と藤岡氏へ出演部分の映像をメールで提示。2週間以内に返事がほしい旨も伝えたという。藤木氏からは一度も返事はなく、藤岡氏からは「拝見する」との返信があったものの、その後連絡はなかった。また『主戦場』を出品した釜山映画祭前の2018年9月にも藤木氏へ通知したところ、「5月のメールは迷惑ボックスに入っていたようで再送してほしい」との連絡があり、再送に応じた。だが、これに対して藤木氏から苦情や要求はなかったという。なお、監督は映画の試写会への招待状も送っている。

 そして、デザキ監督が記者会見のなかで明らかにしたことによれば、今年4月20日に東京で映画が公開されるまで、ただ一つの例外をのぞき、出演者から「商業利用」に対するクレームはまったくなかったという。

 それどころか、藤木氏は映画完成を祝う言葉をメールに記しており、ケント氏にいたっては自身のFacebookで映画のPRに協力するとのオファーまであった。唯一のクレームがあったのは、日本で関係者向けの試写会が行われた後の4月13日、東京での封切りの1週間前のことだ。

「4月13日に藤木さんからメールがあり、『この映画は公正ではない』『映画の配給を差し止めろ』と。ですが、そのようなことは『合意書』のなかに一切記されていません。彼は、自分の出演部分について不服があるならば、映画の最後にメッセージを入れるということには同意していますが、映画の配給を差し止めるという権利はありません」(デザキ氏)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

映画『主戦場』に出演しながら上映中止要求の藤岡信勝、テキサス親父、櫻井よしこら右派論客に、デザキ監督が徹底反論!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ミキ・デザキ主戦場慰安婦編集部藤岡信勝藤木俊一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅官房長官が櫻井よしこ「なぜアベノマスクをつけない」に「暑いから」
2 アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!
3 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
4 山下智久の女子高生とホテル報道を芸能マスコミは一切報じず
5 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
9 小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
10 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
11 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
12 SexyZoneメンバー“追放”はイジメ?
13 山下智久“女子高生と飲酒・ホテル”でジャニーズ事務所が報道封じ
14 吉村知事に三浦瑠麗が「本人も間違ったと思ってる」 維新幹事長は「対案出せ」
15 内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
16 日航機墜落事故30年目のタブーとは
17 毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
18 「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
19 菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
20 トクホなのに体に悪い危険な飲料とは
1安倍の諮問機関が「消費税増税」を検討
2 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
3自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
4内閣不支持62%、国会開くべき8割…それでも国会から逃げる安倍首相!
5安倍昭恵夫人のウズハウスに出資者がIR汚職に絡んで特捜部に逮捕
6 吉村知事「うがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が暴露
7 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
8韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
9吉村府知事の眉唾発表「うがい薬でコロナに勝てる!」にツッコミの嵐
10菅官房長官のコロナ沖縄イジメに非難
11安倍首相の“原爆の日”会見で暴力的な質問封じ! 朝日新聞記者の挙げた腕を
12「ヨードうがい薬」吉村知事に「言いたいことも言えなくなる」“ポイズン吉村”と失笑の声
13毎日記者が“ぶら下がり”で安倍首相に「逃げないで下さい」
14小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
16日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17小池百合子が関東大震災の朝鮮人虐殺追悼文を「毎年送ってない」と嘘
18核廃絶やる気ない安倍首相 ICANは防衛予算でPCRセンター設置できると
19アグネス・チョウや新聞社逮捕でも安倍政権は中国に弱腰のまま!
20維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄