直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質! 沖縄問題から逃げ続けるマスコミ、『zero』は直木賞報じず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

米兵による性暴力、米軍機墜落事故…史実を交えて描き出した沖縄戦後史

 『宝島』はフィクションの小説だが、現実の占領下での流俗や事件、実在の人物たちなどが多数登場する。たとえば、戦果アギヤーひとつとっても占領下の沖縄で実在した人たちだ。危険を承知で米軍から生活物資を奪うのは混乱期を生き抜くため。もともとは沖縄戦の際、米兵に勝てない日本兵がせめて一矢を報いるため物資を盗んだのがその名の由来とも言われる。なぜ、沖縄の人々は戦争が終わってもなお「戦果」と呼んだのか。

〈「おれたちの島じゃ戦争は終わっとらん」とオンちゃんは言った。「あの日、アメリカーがぞろぞろと乗り込んできて、あちこちに星条旗をおっ立てて、そのまま五年も十年も居座ってるやあらんね。おやじ(スー)やおふくろ(アンマー)の骨が埋まる土地を荒らして、ちゃっさん基地を建てくさって。だからわりを食った島民が報われるような、この島が負った重荷をチャラにできるような、そういうでっかい“戦果”をつかまなくちゃならん」〉(『宝島』)

 そして、『宝島』では、消えたオンちゃんの行方探しを軸として物語が展開され、占領下の実在の事件や出来事が絡んでいく。沖縄刑務所暴動事件、嘉手納幼女殺人事件など相次ぐ米兵による性的暴力や殺人、米軍機が小学校へ激突し児童を含む多数の死傷者を出した墜落事故、“本土”への復帰運動や反米デモ、米軍が貯蔵するVXガスなどの毒ガスが漏れ出た事件、そしてその翌年のコザ暴動……。あのとき何が起きたのか、どんな声があがったのか、沖縄の人々は何を思ったのか。小説のかたちをとることで、その慟哭や息遣いを追体験させる。

 たとえば、1969年の知花弾薬庫(現・嘉手納弾薬庫)での毒ガス漏洩事件。発覚したのは、米紙が毒ガス漏洩によって米軍人らが病院に収容されたと報じたからだ。それまでも沖縄では毒ガスが原因と思われる事故が起きていたという。しかし、国際法で使用が禁止されているVXガスやサリン等の化学兵器が大量に輸送・貯蔵されていたことは、住民には知らされていなかった。

 知花弾薬庫に貯蔵された毒ガスは、1971年に2回に分けて島外へ移送されている。周辺の住人は避難を余儀なくされたが、第二次移送にあたっては、琉球政府の屋良朝苗主席が移送ルートについて日米両政府に意見を求めたところ、日本政府の高瀬侍郎大使は「な(泣)き言」と表現し、米国民政府のランパート高等弁務官は「そんなことでは事は進まない」と突き放していたことが、公開された外交文書から判明している(沖縄タイムス2017年12月21日)。

〈おためごかし(ユクシ)、空約束(ユクシ)、口からでまかせ(ウフユクシ)。
 それらをテーブルに並べて、沖縄(ウチナー)を裏切ってきたのが日本(ヤマトゥ)だ。
 アメリカに追従するばかりで、不都合な真実にふたをしてきたのが日本(ヤマトゥ)だ。
 これじゃ本土復帰の旗も振れない──
「ずっとそうだった。飛行機が堕ちようが、娘たちが米兵の慰みものになろうが知らんぷり。毒ガスが持ちこまれようが見て見ぬふり。なにもかもが本土(ヤマトゥ)の政府にとっては対岸の火事(トゥナイバタ・ヌ・ワジャウェー)さ。自国の領土なら大騒ぎすることでもこの島で起きたらやりすごす。肝心なのはわれら沖縄人(ウチナンチュ)の安全や尊厳やあらん。アメリカーの機嫌を損ねずに自分たちの繁栄を守ることさ。残念ながらこの島はもうずっと日本列島には勘定されておらん」〉(『宝島』)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質! 沖縄問題から逃げ続けるマスコミ、『zero』は直木賞報じずのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。news zero安倍政権沖縄真藤順丈編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 ウーマン村本が朝鮮学校差別を煽る政治とメディアを痛烈批判
4 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
7 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
10 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
12 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
14 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
16 片山さつきが坂上忍に批判された
17 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
19 安倍首相にマッチョ批判
20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
5安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
17辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
18安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄