石田純一がセクハラ問題で跋扈する「今の時代ではアウト」論に異議!「昔は女性が我慢させられていただけ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

女性たちがセクハラ問題を語り始めた一方、いまだ傍観を続ける男性たち

「「セクハラ」によって与えられる、とてつもなく屈辱的で、相手のみならず自分にも嫌悪を抱き、自らを責めてしまう思いを、加害者は想像することすら難しいのかもしれない。
 同じようにそうした経験があるにも関わらず、気にしていては仕事にならないと必死に踏みとどまって、受け流していた「昔の女性」を福田氏が「今の時代」と比べているのだとしたら、その責任の一端は我々世代の女性にもあるのかと思うといたたまれなくなる」
「将来振り返ったときに、今回の件がターニングポイントだったと思えるよう、自分自身テレビにかかわる者として努力をしなければならないと感じている」

 長野に限らず、今回の福田次官セクハラ事件を受け、メディアで働く多くの女性が、かつて自分が受けたセクハラ被害、そして当時声をあげなかったことがセクハラを温存してきたと語っている。しかし本当に自責の念を感じるべきなのは、声をあげられなかった彼女たちではなく、男性たちのほうだ。働く女性が今以上に少なかった当時に、彼女たちが声をあげていたら、「これだから女はダメだ」「女は使えない」と男性社会から排除されていただろう。

 被害者が声をあげづらい状況はいまだに変わっていない。性被害を訴えれば、“被害者にも落ち度や責任がある”といった卑劣なバッシングが、毎回のように巻き起こっている。実際、昨年レイプ被害を告発した伊藤詩織さんや、電通時代のセクハラ被害を訴えたはあちゅう氏、山口達也強制わいせつ事件の未成年被害者らはいずれも激しいバッシングにさらされている。さらに今回の福田次官セクハラ事件にいたっては、被害者のテレ朝記者はネットでバッシングを浴びただけでなく、麻生財務相という政府要人から公の場で「はめられた可能性があることは否定できない」「セクハラ罪っていう罪はない」「殺人とか強制わいせつとは違う」などと“セカンドセクハラ”攻撃を受け続けている。

 現在でも続く日本のセクハラへの歪んだ認識、そして暗澹たる現状を見事に指摘、看破した石田純一。多くの女性たちが自らの被害や自戒の念を語る一方、セクハラを“女性の問題”として傍観している男性が多いなか、石田の言葉は貴重なものだ。石田はその女性遍歴から、女性を“性のはけ口”扱いした話を武勇伝のように開陳する芸人などと同じ“遊び人枠”にくくられることもあるが、女性に対する認識は根本的にちがうのだろう。

最終更新:2018.05.14 05:17

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

石田純一がセクハラ問題で跋扈する「今の時代ではアウト」論に異議!「昔は女性が我慢させられていただけ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。セクハラ林グンマ石田純一福田淳一麻生太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
4 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
5 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
6 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
7 村木厚子氏が中江首相秘書官の圧力の報告を受けていた
8 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
9 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
10 いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
13 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
14 女子の間で大ブームの“壁ドン”って?
15 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
16 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
17 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
18 防衛省の情報操作計画はデマじゃない!入札企業に「目的は世論工作」と説明
19 吉村知事「ポビドンヨードうがい薬」研究がトホホな結果でこっそり終了!
20 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
1細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
3夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄