『やすらぎの郷』続編では戦争も描く! 倉本聰が語った安倍首相への危機感「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
『やすらぎの郷』続編では戦争も描く! 倉本聰が語った安倍首相への危機感「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らない」の画像1
倉本聰『昭和からの遺言』(双葉社)

 昨年、大ヒットを記録した帯ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)。その続編となる作品『やすらぎの刻〜道』が来年4 月より放送されることが発表された。

『やすらぎの刻〜道』は、『やすらぎの郷』の主人公であった作家の菊村栄(石坂浩二)が書いたシナリオという設定で、昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成を生き抜く夫婦の生涯を描くものであるという。物語の前半は清野菜名が、後半は八千草薫が主演を務める予定となっている。

 脚本を担当する倉本聰氏は〈昭和・戦中・戦後・平成、日本の豊饒への歴史を辿りながら、それに翻弄される一組の夫婦の“倖せ”への郷愁を探り、描くものである〉とコメントを出しているが、この物語を「戦中」から始めるのには確固たる意図があると思われる。

 というのも、倉本氏は「サンデー毎日」(毎日新聞出版)2018年1月28日号のインタビューで、安倍首相についてこのように断じているからだ。

「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らないんじゃないかしら」

 言うまでもなく、これは「丁寧な説明」や「謙虚な姿勢で、真摯な政権運営に全力を尽くす」などと言っておきながら、強権的な姿勢は微塵も変わらず、森友・加計問題からも逃げ続ける安倍首相の態度のことを指している。さらに倉本氏は「国民はけっしてバカじゃないと思うんだけど、どうして安倍1強政治をこれだけ長持ちさせちゃうのか。原発問題、安保法制の問題といった重要議題を全部よそに置いて、景気、景気のアベノミクスに引っかかってるわけでしょ」とも語り、現在の日本が置かれている状況に危機感をつのらせる。

 なぜ、倉本氏は安倍政権を批判するのか。そこには、1935年生まれで、先の戦争に関する記憶を鮮明にもっている世代だからこそ、安倍首相の姿勢が戦争を引き起こしかねないという思いがあるのだろう。倉本氏は同インタビューのなかで、「些細なことで戦争まで行っちゃうんですよ」とも語っている。

 倉本氏は『やすらぎの郷』でも、作品のなかに自身の戦争体験を反映させることで、戦争の愚かさを伝えようとしていた。

 たとえば、地元の暴走族にレイプされたハッピー(松岡茉優)の仇をとるため、高井秀次(藤竜也)らが不良のアジトに乗り込み、不良の股間を握りつぶしながら「覚えておきなさい、ケンカはね、戦争です。戦後生まれのあんたらは知らんだろうけども、戦争というのは、こういうもんです」と語るシーンがあったが、これは倉本氏の実体験をもとにしたうえで書かれたセリフである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『やすらぎの郷』続編では戦争も描く! 倉本聰が語った安倍首相への危機感「真摯なんて言葉の意味をあの人は知らない」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。倉本聰編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ナベツネにいったい何が? 読売の異変
2 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
3 百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
4 ネトウヨのTWICE「慰安婦シャツ」炎上攻撃は韓国ヘイト
5 安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
6 BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
7 やっぱり安倍政権の外国人実習生調査結果は嘘だった!
8 TDLが訴えた2人の女性キャストに口止め通達
9 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 佐川誘導尋問、丸川珠代の本質を見抜いていたマツコ
12 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
13 集英社で著者軽視の強引商法が!
14 安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
15 安倍官邸「FTA言葉狩り」でNHKが忖度訂正
16 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
17 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
18 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
19 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
20 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
1安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
2BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
3安倍官邸「FTA言葉狩り」でNHKが忖度訂正
4片山さつきだけじゃない! “ほぼ全員スキャンダル内閣”
5マイケル・ムーア監督が安倍首相と日本の民主主義に危機感
6植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
7安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
8安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
9やっぱり安倍政権の外国人実習生調査結果は嘘だった!
10安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
11田崎史郎にも“国会通行証”疑惑が浮上!?
12安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
13徴用工問題は本当に解決済みなのか?
14竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
15BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
16百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
17BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
18入管法改正をめぐる安倍政権のデタラメ
19米・中間選挙を前に「トランプNO」ミュージシャンが続々
20ナベツネにいったい何が? 読売の異変

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄