週刊新潮が天皇の「お気持ち」表明を“暴走”“憲法違反”と徹底攻撃!「NHKの情報源は天皇」とも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「米国による“押しつけ憲法”から脱却し、改正しようと躍起になる安倍政権をけん制されてきたとも拝察されますが、そのご自身が憲法に抵触なさってしまえば全てが水の泡です。(中略)いずれにせよ、こうした“暴走”を、宮内庁は止められなかったわけです」

 天皇に対して「暴走」とまで言い切るとは、本当にこれ、皇室担当記者が語っているのだろうか。大手紙の現役宮内庁担当記者に直撃したところ、苦笑しながらこんな答えが返ってきた。

「宮内庁記者クラブというのは、良くも悪くも役人のような記者ばかりが集まっているところなんで、あんな過激な物言いをする人はいませんよ。事実、記者同士の雑談でも陛下に同情的な声が大半で、『お気持ち』について憲法違反を指摘する声なんてほとんど出てきてませんから。それと、『週刊新潮』はNHKの情報源が天皇陛下だといっていますが、陛下が直接、マスコミに情報をリークするのもありえない。そういう意味でも、事情を知らない人間が話しているとしか思えない。おそらく生前退位や陛下の姿勢に批判的な保守系の評論家に匿名で話を聞いて、我々のせいにして記事をつくったんじゃないでしょうか」

 自分たちの主張を皇室記者のふりをして語らせるとは、いかにも「週刊新潮」らしいやり口ではないか。しかも、連中がもっともらしく語っている「憲法違反だ」という主張自体も、明らかに為にするものだ。

 たとえば、憲法学者の長谷部恭男氏は、天皇が生前退位の意向を示すことを憲法違反だとする意見について、「世界」(岩波書店)10月号でこう反論している。

「政治的意味合いを持つという理由なのでしょうが、私には、憲法に反するとは思えません。もちろん、現在の皇室典範は退位を想定していませんので、新たな立法が必要という意味では、一定の政治的な帰結をもたらし得る話です。しかし、だからといって天皇が生前退位を示唆してはいけないのか。(中略)憲法が天皇は政治的機能を持たないというときに想定しているのは、国事行為において『この大臣の任命には反対だ』とか『今の衆議院は解散するしかない』と言い出したり、あるいは天皇が等は政治に巻き込まれたりする事態です。外国の話ですが、1936年、イギリス国王だったエドワード八世は、離婚歴のある米国人女性とどうしても結婚したいと言って結婚しましたが、そういう自分本位の話ともまったく違う。あくまで憲法の想定している天皇制を永続的、安定的に支えようと思えば、いまの自分の体力ではそろそろ難しい、ということでしょう。非難されるべき点があるとは思えません」

 たしかに、長谷部教授のいうように、今回の生前退位の意向というのは、憲法違反どころか、むしろ天皇の憲法遵守の意識から生まれてきたものだと言える。それは、「お気持ち」ビデオメッセージをきちんと読めば、明らかだ。

「天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました」(「お気持ち」ビデオメッセージより)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

週刊新潮が天皇の「お気持ち」表明を“暴走”“憲法違反”と徹底攻撃!「NHKの情報源は天皇」とものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK天皇安倍政権皇室編集部週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 麻生太郎財務相がまた「医療費の税負担あほらしい」と暴言
2 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
3 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
4 ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
5 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
6 鶴瓶が安保法制と安倍政権にNOを
7 東京五輪“総動員”体制に早大生が痛烈パロディ
8 タイ洞窟少年にまで自己責任バッシングする日本
9 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 櫻井よしこ、竹田恒泰の森友講演料は?
12 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
13 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
14 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
15 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
16 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
17 酒離れは格差社会のせいだった!
18 麻生、松本、百田の被害者ハニトラ攻撃を論破
19 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
20 片山さつきの訴訟恫喝に非難殺到 
1櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
2籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
3 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
4本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
5百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
6美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が?
7安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
8 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
9片山さつきの訴訟恫喝に非難殺到 
10民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
11茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
12麻生太郎財務相がまた「医療費の税負担あほらしい」と暴言
13ブリーフ判事“厳しすぎる懲戒処分”の原因は安倍政権批判か
14稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
15南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
16テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
17フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
18新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた
19 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
20『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄