改憲勢力3分の2に直木賞作家の中島京子が強い危機感! 内田樹も「安倍の狙いは憲法停止」と恐怖のシナリオを予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
chiisaiouchi_01_160725.jpg
中島京子『小さいおうち』(文春文庫)

 改憲隠しという姑息な戦略によって参院選で勝利をおさめた安倍政権だが、早くも憲法改正に向けて水面下で動き始めたらしい。公明党、おおさか維新の会に対しては、まず、緊急事態条項から手をつける“お試し改憲”の方向で根回しを開始。テレビでも、“安倍応援団”の評論家・ジャーナリストにその緊急事態条項の必要性を叫ばせるなど、露骨な世論誘導を展開し始めた。

 ところが、これに対する国民の反応は鈍い。改憲勢力が3分の2を占めたというのに、昨夏の安保法制のときのような危機感はほとんどなく、むしろ「改憲なんてそんなに簡単にできるわけがない」と、楽観的な空気が支配している。

 こうした状況に、警告を鳴らしているのが、山田洋次監督が松たか子主演で映画化した『小さいおうち』(文藝春秋)などの作品で知られる直木賞作家の中島京子氏だ。

 中島氏は先週発売の「女性自身」(光文社)8月2日号で、参院選の結果について、「『改憲勢力が議席の3分の2を獲得』という最悪のもの。私自身も大変なショックでした」と嘆き、国民投票に向けて憲法を守るための準備を始めるべきだと力説している。

「改憲は『国民の過半数の賛成』がないと成立しないと思っている人が多いようですが、大間違いです。国民投票は有効投票数の過半数で可決し、最低投票率は設けていない。今回の参院選の投票率は五十数パーセントでしたから、それと同じレベルだとすると、その過半数で可決となる。国民の『4分の1』ほどの賛成で改憲されてしまうのです」
「だから、国民投票を棄権してはダメ。日本国憲法やその解説書を読んだり、識者の意見に耳を傾けたりして、投票の準備をしてほしい。自分のためだけでなく、お子さんや、未来に生まれてくる子供たちに胸を張って渡せるバトンは『平和憲法』だけなんです」
 
 まさに、切実な危機意識と日本国憲法への思いが伝わってくるコメントだが、中島氏はこれまでも、憲法について積極的に発言してきた。

 その大きなきっかけは、やはり、中島氏が2010年に第143回直木賞を受賞した前述の小説『小さいおうち』だ。この作品は1930年代から40年代後半の日本が戦争に突き進み、次第に戦況が悪化する時代とその後を描いたものだが、“普通の人々”が、知らず知らずのうちに戦争に巻き込まれていく様がていねいに活写されている。中島氏は映画公開後のインタビューでこんなことを言っている。

「驚くのは本当に戦争が悲惨になるまで、ふつうの人々に悲愴(ひそう)感がないことですね。裏を返すと、人々が気づかないうちに、戦争が泥沼化し、気がついたら後戻りがきかなくなった。戦争って、そんなふうに始まるんですね。(略)時間を追って、戦争の経緯を背景に人々の日常を調べていったら、怖くなりました。今もまた、いつの間にか、ハチマキを巻き、竹やり持ってしまうんじゃないか。そういう可能性があるわけです。この小説を書いたのは安倍政権の前です。当時は『もしかしたらちょっと怖いな』という感じでした。でも、一昨年、安倍政権が誕生し、あっという間に時代が進み、今は『もしかしたら』が外れた感じがしますね。本当に私、怖いです」(日刊ゲンダイ14年2月8日付)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

小さいおうち

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

改憲勢力3分の2に直木賞作家の中島京子が強い危機感! 内田樹も「安倍の狙いは憲法停止」と恐怖のシナリオを予測のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨憲法直木賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
2 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
3 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
4 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
5 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
6 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
7 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
10 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
11 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
12 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
13 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
16 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
17 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
18 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
19 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
20 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄