おおさか維新が政党交付金をダミー団体にプールし国庫への返還逃れ!? 橋下は「国に返す」と宣言していたのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 発端は、昨年の維新の党の“分裂騒動”だ。橋下氏と松井一郎大阪府知事の離脱を皮切りに、維新内の“大阪派”と執行部の対立が激化、結果、橋下氏たちはおおさか維新を立ち上げたわけだが、そのとき、政党交付金を巡って銀行口座を凍結するなど泥沼化したことは記憶に新しい。そして、今回浮上した疑惑も、この政党交付金の“行方”を巡ったものだ。

 橋下氏は、この分裂騒動の最中の昨年10月24日、ツイッターでこんなツイートをしていた。

〈維新の党はここまでの事態に陥った以上、いったん解党して政党交付金を国に返すべきだ。他党に回ろうとも今の維新の党が受け取る資格はない。有権者にお詫びして、皆リセットして一から出直し。そして次の選挙で審判を受ける。これしかない。維新の党の永田町組な何を考えているか分からない〉(原文ママ)

 実際には、維新の党は解党せず、離脱した大阪系らが橋下氏と新党を結成する形になったわけだが、この時点で、橋下氏は“政党交付金の返還”を明言していたことを覚えておいてほしい。しかも、全額返還するような口ぶりで。おそらく、橋下氏は交付金をめぐる内ゲバで低下した大阪系のイメージを「返還」を強調することで払拭しにかかったのだろう。

 しかし、その交付金の扱いの“実態”といえば、クリーンな「返還」とは程遠いものだった。昨年12月、残留組と大阪組は和解の文書で交付金を議員数に応じて配分することで合意し事態の決着をはかったのだが、これを報じた朝日新聞15年12月9日付にはこうある。

〈銀行通帳や印鑑を奪い合う泥仕合となっていた政党交付金の取り扱いについては、これまでの必要経費や、大阪都構想をめぐる大阪市の住民投票の運動経費5億円を精算し、残金を国庫に返納する。ただ、関係者によると、所属する国会議員の数に応じて、1人当たり約1200万円を配分する約束も交わしており、国庫への返納額はわずかとみられる。〉

 つまり、経費清算と約束した所属議員への分配を終えると、橋下氏が喧伝していた「返還」分はほとんど残っていなかったのである。

 これだけでも詐欺的としか言いようがないが、さらに姑息なのはここからだ。そもそも政党助成法では、交付金を受けていた政党や支部が解散などによって政治団体でなくなった場合、受け取った交付金に対して総務省が返還を命じることになっている。そして、維新の党の分裂騒動では、片山虎之助議員、室井邦彦議員、藤巻健史議員(いずれも参院)ら離党組が代表を務める多数の選挙区支部が解散している。ひらたく言うと、その選挙区支部が受け取った政党交付金を使い切らなかった場合、国庫に返さねばならないのだ。

 しかし、現在法務省が公開している前述の離党組3名が代表を務めていた維新の党選挙区支部の政治資金収支報告書を確認してみると、妙なことに、昨年度までの繰越金を含めた収入と、2015年の支出がぴったり差し引き0円になっている。念のため総務省に問い合わせたところ、解散する政治団体の収支を0円にしなければならないような規定はないという。そして、収入欄の政党交付金についての記載を見てみると、揃いも揃って、奇妙としか言いようがない“カネの流れ”が見て取れるのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

おおさか維新が政党交付金をダミー団体にプールし国庫への返還逃れ!? 橋下は「国に返す」と宣言していたのにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。橋下徹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
2 片山さつきの訴訟恫喝に非難殺到 
3 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
4 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
5 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
6 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
7 新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた
8 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
11 蓮池透氏がさらに安倍の詐術を批判!
12 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
13 ご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感
14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
15 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 菅に日歯連から3000万円迂回献金
18 イオン文春裁判で高裁が高額訴訟を批判
19 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
20 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
3籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
4旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
5本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
6翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
7百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
8 沢田研二が歌い続ける反原発、憲法9条
9安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
10 片山さつき大臣に国税への100万円口利き疑惑が浮上
11靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
12櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
13民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
14茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
15片山さつきの訴訟恫喝に非難殺到 
16稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
17テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
18フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
19『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
20新文科事務次官は前川喜平に“口封じ”画策していた

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄