市販されている放射線対策グッズは本当に効果があるのか!? 除染商品、被ばく対策サプリを検証実験してみたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
goods_160310_top.jpg
『放射線対策グッズをすべて試す』(三才ブックス)

 今年3月11日をもって東日本大震災から5年が経過する。しかし、残念なことに、我が国は福島第一原発の事故を教訓にすることなく、次々と原発の再稼働を続けようとしている(高浜原発運転差し止めの司法判断はあるものの)。こんな状況では、いつ第二の福島が生まれてもなんらおかしくない。

 結局、自分の身は自分で守るしかない──。そんな人々の恐怖心を煽るかのように、「放射線対策に効果がある」と喧伝されたグッズが市場には溢れている。しかし、それらの商品は本当に効き目があるのだろうか? 『放射線対策グッズをすべて試す』(三才ブックス)は、そういったアイテムを実際に使い、その効果を科学的に検証している。

 まずは、汚染された土壌の除染に効果があるとされているグッズからテストを開始。放射性物質の除染に関連するアイテムには、放射性物質を「除去」するタイプのものと「吸着」するタイプ、二つのタイプがあるが、本書ではそれぞれについて検証を行っている。

「除去」タイプでテストされているのは、創生水・EM菌・水素水の3つ。創生水は、科学機器メーカーの創生ワールドが開発したもので、「奇跡の水」と呼ばれ、福島県飯館村に生成器が置かれたことでも話題となった。EM菌はチェルノブイリで土壌除染に使われたと噂され一気に需要が高まっている。水素水は一般的な健康グッズとして人気の商品だが、土壌汚染に効果があると言う声も大きい。

 では、その結果は──。なんと、水道水で除染したものと何の差もなし。除染に効果があるとされている特殊な水を大枚はたいて購入しようと、水道水を使おうと何ら変わらなかったのである。

 では、もうひとつのタイプ、放射線汚染を「吸着」すると言われているものはどうだろうか。本書で取り上げられているのは、実際の福島第一原発の汚染水処理でも投入されたと言われているゼオライトと、匂い消しや浄水などの用途で家庭でも使われる竹炭。

 この「吸着」タイプでは、ゼオライト・竹炭いずれも、元は1900ベクレルあった土壌の汚染を1600ベクレルまで下げることに成功。「吸着」系の商品では一定の効果が実証された。ただ、ひとつ問題がある。

 当然だが、除去された汚染はどこかに消えたわけではなく、ゼオライトなり竹炭なりに「吸着」されただけである。実際の被災地の除染作業でもはぎ取った表土の置き場をめぐり問題が出ているが、このケースでも同じく、汚染されたゼオライトや竹炭をどう処理するのかという問題が出てくる。素人考えの除染は、より問題を複雑化させてしまうことにもつながってしまう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

市販されている放射線対策グッズは本当に効果があるのか!? 除染商品、被ばく対策サプリを検証実験してみたらのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二原発放射能の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
2 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
3 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
4 外務省の24億円だけではない、内閣府でも100億円の「コロナ広報予算」
5 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
7 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
8 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
11 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
12 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
17 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
18 五輪演出問題で松本人志、太田光、カズレーザーが姑息コメントも、渡辺直美は
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
4宮本亜門が「日本から五輪中止を表明すべき」一方、東京都は感染者隠しか
5小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定!
6「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
7組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
8NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
9萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
10菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
12DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
13菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
14「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄