ベッキーにまさかの不倫略奪愛報道!“ゲス乙女”川谷だけじゃない、以前からダメ男好きの体質を心配されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈「忙しい」という言葉は使わないようにしています。忙しいという漢字は「心」を「亡」くすと書くからです。「忙しい」ではなく「充実」、「疲れた」ではなく「がんばった」口から出る言葉はハッピーな響きの方がいいです〉

 自著『ベッキーの心のとびら』(幻冬舎)では、ポジティブキャラを裏付るような、こんな名言がつづられている。

 一方、若林は人見知り芸人・女の子苦手芸人としても知られているが、自著『社会人大学人見知り学部 卒業見込』(メディアファクトリー)では、自身の心のうちに潜む「ネガティブモンスター」について言及するほど、自他共に認めるネガティブな性格。また村本は、「後輩の女に手を出した」などといった“クズエピソード”が売りで、Twitterでもファンを相手に暴言を吐いて炎上することも少なくない。ポジティブな性格のベッキーが、なぜネガティブ要素の多い男性に惹かれてしまうのだろうか。

 言動や思考からパーソナリティを9つにわけ、タイプ別に恋愛傾向を分析した『なぜいつも“似たような人”を好きになるのか』(岡田尊司/青春出版社)を使って、その理由を探ってみよう。

 同書の分類にしたがうと、おそらくベッキーは「強迫性パーソナリティタイプ」。

 あまりに多忙なスケジュールで倒れそうになった際に、「“30秒、メイクを直すふりをしてください”って言って、直してもらうふりをしながら、目をつぶって30秒だけ立ったまま寝ました」と周囲に迷惑をかけないように乗り切り、「ギャル文字が苦手(略)、“こんにちは”が“こんにちわ”になってたり、“〜じゃん”が“〜ぢゃん”になってたりするのを見ると、なぜか悲しくなるんです(笑)」と常識に厳しく、「20代は国産車って決めていたんです。なんか普通の感覚で言うと20代から外車って、ちょっと“ザ・芸能人”な感じがしません?」(以上、『ベッキー♪♯ ゆめの音色』エム・オン エンタテイメント)と自分の気持ちよりも体面を重んじる。こういった発言が、「真面目で責任感が強くルール違反はゆるせない」という強迫性パーソナリティの特徴に適合するのだ。

 このタイプの場合、恋愛へのアプローチや付き合い方も“筋が通っているか”を最も重視するそう。そのため、共通の趣味や相談といった大義名分があってはじめて、会う・電話するといった恋愛の第一歩を踏み出すことができるのだとか。つまり、相手に頼られることが恋愛のきっかけ。と考えれば、「(恋愛では相手の)三歩前をコッソリ歩いて、彼が困らなくていいように道を整備しておきたい(笑)。なんか、支えたいし、悩みがあったら救ってあげたいし、守ってあげたいと思っちゃう」(『ゆめの音色』より)と話すベッキーが、売れ始めたばかりの村本やネガティブゆえに悩みを抱える若林の相談に乗り、それが恋愛に発展したということは十分に考えられる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜいつも“似たような人"を好きになるのか

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ベッキーにまさかの不倫略奪愛報道!“ゲス乙女”川谷だけじゃない、以前からダメ男好きの体質を心配されていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ベッキー不倫編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『ミヤネ屋』でフェイク 文在寅攻撃の急先鋒・武藤元韓国大使の正体!
2 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
3 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
4 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
5 伊藤詩織さんをカルバン・クライン出演に称賛の声! 
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 産経新聞が社員の1割をリストラ
8 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
11 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
12 NGT山口真帆が秋元康と指原莉乃に謝罪の謎!
13 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
14 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
15 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
16 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
18 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄