山本貴光+吉川浩満トークイベントレポート

ネット時代こそ本を読め! でもどうやって…膨大な数の本に戸惑っている人のための読書術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

unnamed.jpg
吉川自作の「新刊カレンダー」

「次に、これは大昔からある技術なんですが、RSSフィードを読む、というのがあって。こちらが指定しておけば、特定のサイトの新しく更新された情報が、放っておいても勝手に流れてくる、というものです。私は“本”というカテゴリをつくっていて、この中には主要五紙の書評と、図書新聞などの書評新聞と、主要ニュースサイトと、個人の書評サイト、こうしたサイトを登録しています。これを見ておけば、まあ、どんな書評が出て、どんな本が話題になっているかわかる。……なにがなんだかわからないという方もいると思うのですが、私が使っているRSSフィードを、とりあえず哲学の劇場のサイトに載せておいたので(http://logico-philosophicus.net/?p=60)、とりあえずそれをインポートしてもらって、試してみて、必要があればカスタマイズしてもらえたらと思います」

「三つ目はいわゆるツイッター。まあ、いつも見ているわけではないのですが。オンライン書店ビーケーワン(現honto)さんが出版社のアカウントのリストを作ってくれているので、それをみると、出版社のアカウントがどんなことを言っているのかわかります(https://twitter.com/bk1_jp/lists/publisher)」

 ウェブサイトの更新情報を個別にいちいち見に行かなくても、手元の端末に情報が届く。自分の郵便受けに手紙が届き、たまっていくようなもので、それをまとめてスキマ時間にチェックすればいい。これは便利だ。家に帰ると、さっそく登録してみた。


■いかに本を読むか──“底意地”を考える

 読むべき本が見つかったら、次は、いかに読むか。二人がここで持ち出したのは、大学のゼミ以来、20年近くにわたって教えを受けている科学史家・赤木昭夫氏のエピソード。いつも「底意地を考えろ」と言われたと語る。

「“底意地”ってなんですか? と先生に尋ねると、例えばシェイクスピアの演劇のことを考えてみるといいと言われるんですね。みなさん、戯曲の台本をお読みになることがあると思うんですが、それを見るとセリフが書いてある。しかし、人物が舞台のどこに立つのか、どういう位置関係なのかということは書いていない」

「しかし演じる人は、具体的にどこかに立たなければならない。では、あるセリフを口にする際、相手のほうを見て言うのか、相手に背を向けて言うのか――どう演じるかによって、大きな違いが生じるわけです。果たして台本を書いた人は、どういう空間を想定していたであろうか。それが底意地だ、というわけですね。書かれていないことを、書かれたことから類推する、そして解釈する。同じようになにか本を読む折などにも“この底意地はなんですかな”という検討をするわけです」(山本)

 山本は、夏目漱石のエッセイ「余が一家の読書法」の中に、今回「いかに読むか」というテーマで伝えたかったことのほとんどすべてが書かれている、という。そこで、当日配布された小冊子中の「余が一家の読書法」を開いてみると、こんなふうに書いてある──「曰く自己の繙読しつゝある一書物より一個の暗示を得べく務ることこれ也。唯漫然として書の内容を記憶し、理解するに止まらば、読書の上に何の効果あらんや」。

「ここで漱石先生は、一言でいうと、読書というのは示唆を得るためにするのがよい、と言っています。示唆を得る、というのはつまり、自分がモノを考えるきっかけを本の中に探す、という読み方です。だから、仮にぜんぶ読み通さなくても、なにか“そうか、ということは……”と考えるタネと出会う、それが大事だということです。また別のエッセイでは、そういうふうにして得たものを元にして小説を書く、とも言っています」(山本)

 耳が痛い話だが、ただ漫然と読んでいても、なんの栄養にもならないということだ。そこで「この本の底意地は何だろう?」と考えてみる。あるいは、「ここからどんな示唆が得られるだろうか?」と考えてみる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

文体の科学

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ネット時代こそ本を読め! でもどうやって…膨大な数の本に戸惑っている人のための読書術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。編集部読書の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
11 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
15 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
16 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄