シキシマって誰? 映画『進撃の巨人』で“リヴァイの代わり”が大炎上! リヴァイがいないのはやっぱり腐女子対策だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shingeki_150805.jpg
左・進撃の巨人 作品公式サイトより/右・映画『進撃の巨人』公式サイトより


 映画『進撃の巨人ATTACK ON TITAN』が8月1日に公開されたが、興行収入は1、2日の土日2日間で『HERO』『ミニオンズ』を抑えて首位を獲得。興行収入50億円超も見込める好スタートを切った。原作である『進撃の巨人』(諫山創/講談社)は累計発行部数4200万部を突破するほどの人気作だが、公開前から特に注目されていたのが、映画のオリジナルキャラ・シキシマについてだった。実際、映画が公開されてみると、シキシマに対してはこんな声が多くあがっていた。

「シキシマキモすぎ」「好きになれない」「シキシマが壊滅的に魅力に欠けてたのは気になったかな」「シキシマ…たかが映画キャラに強い殺意を抱くなんて…」「シキシマが死ぬなら後編見てもいいかな」

 と、散々なもの。なかには、映画を見た人ですら「シキシマって誰だよ」とつぶやいており、原作ファンからすれば不満の残るものだったようだ。まあ、マンガの実写化で原作と異なるものは多々あるし、批判の声があがるのもいつものことだが、今回、これほど多くの不満の声が出たのには理由がある。それは、主人公エレンの上司で、作中でもっとも人気のあるキャラ・リヴァイ兵長が登場しないからだ。彼は、壁の外に出て巨人と戦う調査兵団の一員で、身長160cmにも関わらず、人類最強と言われる潔癖症で三白眼の兵士。だが、実写映画ではその代わりのようにシキシマが登場しており、人類最強の肩書きや白いハンカチで潔癖症なところを表現するなど、ところどころ出てくるリヴァイの要素から、拒否反応を起こす人が多く現れたようだ。

 だが、そもそもなぜ映画にリヴァイが登場しないのか? 実写映画『進撃の巨人』最大の謎でもあったこの“リヴァイが登場しない理由”だが、「映画秘宝」(洋泉社)9月号に掲載された脚本家・町山智浩のインタビューでは、こんなことが明かされている。

「リヴァイとエルヴィンは、「ヴ」というアジアにない発音がある。アジア人なのになぜそんな名前なのか説明が必要になってくる」
「というわけで、リヴァイとエルヴィンは泣く泣く最終的にあきらめた」

 しかし、本当にこれだけの理由なのだろうか? じゃあ、エレンはどうなんだという疑問が出てくる。実際「キャラ名をすべて完全に日本人らしい名前に変える」か「開き直って、全員原作通りのドイツ名のままでやる」か町山も最後まで迷ったらしいが、「主要キャラは原作通りいきたいというのがプロデューサーの意向なので、こんな屁理屈を考えた」と語っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

月刊 進撃の巨人 公式フィギュアコレクション Vol.2 リヴァイ(立体機動Ver.) (進撃の巨人フィギュアシリーズMOOK)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

シキシマって誰? 映画『進撃の巨人』で“リヴァイの代わり”が大炎上! リヴァイがいないのはやっぱり腐女子対策だった?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田口いなす腐女子進撃の巨人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
3 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
4 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
7 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
8 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
9 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
10 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
11 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
12 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
13 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
14 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
15 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
16 「不倫学」が教える防止策とは?
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
19 今年も紅白はジャニーズが私物化
20 武富士より恐い奨学金の実態
1国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
2加計学園で設置審委員が内情暴露!
3安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
4直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
5日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
6義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
7萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
8安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
17 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」