イスラム国の人質殺害画像を見せてはいけないのか? 戦争の「死体」が持つ意味を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 中沢は、自身が『ゲン』で描いた惨状にも、「まだ網膜に焼きついている本当の姿が再現できず、悩みつづけていた」。そして「「こんな甘い表現がそんなに心に迫っているのか?」と反対に不思議だった」という。だが、やけどにウジが這い回る描写や、死体が腐乱する様子を描き進めると、中沢の周囲の人間は不快感を増大させていった。そこで、気味悪さだけで大事なストーリー展開を読んでくれなければ意味がないと思いなおし、「不本意だが描写方法を変えようと決めた」のだという。つまり、我々が今読むことのできるあの『ゲン』ですらも、現実より「甘い」ものだったのである。

 戦争や核兵器の悲惨さ、人の命の尊さ、それが奪われることへの怒り。こうしたものは、「○月×日に△△で空爆がありました」「邦人の人質が殺害されました」などというストレートニュースだけでは伝わらない。とりわけ、ベトナム戦争では、フォトジャーナリストや映像ジャーナリストらによる衝撃的なイメージ──銃弾に倒れるアメリカ兵、火炎放射機で焼き払われる民家、女性や子どもらを含むベトナム人虐殺など──をもってして戦禍が生々しく報じられた。その “戦争の姿”が、当初9割以上が参戦を肯定していたアメリカ国内で反戦のムードを高め、結果として戦争終結へと大きく世論を傾かせたのは有名な話である。

 もちろん、戦争報道にはいくつもの倫理的問題点が指摘されている。だが、「死体」の力が人びとの心に“殺人のリアリティ”を生み、戦争への拒否感を喚起させるのもまた事実である。現に、アメリカ政府は“メディアが終わらした戦争”という側面があったベトナム戦争を「反省」し、湾岸戦争では徹底的な報道管制と検閲を行った。つまり、“目障りな反戦世論”を潰すために、自由な報道を抑制し情報をコントロールしたのだ。

 当然、だからといって、今回のイスラム国人質事件に関する“画像・動画”も見せるべきだとするのは短絡的かもしれない。今月18日にも、三重県桑名市で授業中に自らパソコンを検索し、事件の関連画像を閲覧した小学5年生11名が「気持ちが悪い」と訴え、保健室へ行っていたことが市教育委員会から発表された。担任教諭が教室を離れていた際に起こったことだったという。

 ひっきょう、教育問題としての「残虐画像」問題については、子供の学年や状況を見ながら慎重に議論すべきだろう。しかし、戦後日本において、戦争や紛争に対する想像力は、日に日に欠乏していっていることを忘れてはならない。

「残虐だから」の一言で、現実が都合良く覆い隠されてしまう危険性を認識する必要がある。
(梶田陽介)

最終更新:2017.12.13 09:32

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

イスラム国の人質殺害画像を見せてはいけないのか? 戦争の「死体」が持つ意味を考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イスラム国人質事件学校教育梶田陽介の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
3 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
4 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
5 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
8 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
12 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
13 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
14 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
15 東京五輪が日中戦争でなくなる?
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
18 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄