マタハラだけじゃない“育休世代”を押しつぶす無言のプレッシャーとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ikukyu_01_141024.jpg
『「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか?』(光文社新書) 

 昨日最高裁が、妊娠による降格は「マタニティ・ハラスメント」に当たり、「違法で無効」との判断を初めて示した。一昔前に比べれば女性の育児休暇が取りやすく、また復職もしやすいという風潮にはなっている。しかし妊娠や出産をきっかけに解雇・雇い止め、減給・降格などの“マタハラ”はいまだ横行している。この最高裁判決がマタハラへの一定の抑止力になることが期待される。こうした法制度の充実が必要なのは言うまでもないが、明確なマタハラがなくても、妊娠・出産を機に退職したり、閑職へと異動する女性も少なくない。

 とくに有名大学を出て、就職活動を勝ち抜き、人一倍仕事への意欲を持っていた女性ほど、そのような傾向が強いと言われている。そこには一体どんな理由が隠れているのだろうか。

 “バリキャリ”だった女性15人の生の声をもとに、女性が労働を継続しにくい社会の原因を分析したのが、『「育休世代」のジレンマ』(中野円佳/光文社新書)である。

「育休世代」とは、1999年の男女雇用機会均等法の改正、2001年の育児・介護休業法の改正を経て、社会が実質的に女性の労働継続に向けて動き始めた時期に就職した世代、具体的には1978年生まれ以降を指している。

 一見すると制度が整った後に社会へと出た恵まれた世代に思われるが、著者はその世代の女性特有のプレッシャーを指摘する。それは、「『男なみ』に仕事で自己実現をすることをたきつけられる『自己実現プレッシャー』」と「できれば早めに母になり、母としての役割を果たすことを求めれる『産め働け育てろプレッシャー』」だという。

 自己実現プレッシャーに内包される要因としてあげられるのは、女性の「マッチョ志向」だ。これは親のジェンダー観に大きく影響されるものであり、「自立した女性」や「男まさりに」と育てられることにより、「男性中心主義的な社会で『男に媚を売る』『サポート役になる』のではなく、同等に競争したいという意識」を強く持って成長することをいう。そしてこのマッチョ志向の女性は、就職時に「はたらきやすさ」よりも「やりがい」を重視する傾向があり、さらにやっかいなのは、「自分よりも仕事の上で有能な男性を勝ち得ることが自分の『性的魅力』を確認させてくれる」という“同類婚”を選びがちなことだ。しかし、その有能な男性のほとんどは日々の業務に忙殺され、家庭や子育てを顧みる時間がなく、家庭を潤滑に回す役割を女性が引き受けざるを得ない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか? (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マタハラだけじゃない“育休世代”を押しつぶす無言のプレッシャーとは!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。子ども家族江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
6 安倍が横田早紀江さんを無視している
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
9 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
10 野村克也氏が巨人、阪神、楽天を両断
11 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
12 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
13 SMAPを殺したのはキムタク
14 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
15 拉致問題「国民大集会」が安倍首相の礼賛大会に
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
18 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
19 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
20 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8何が「断腸の思い」だ!安倍首相が横田滋さん・早紀江さんにとった冷淡対応
9安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
10 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
11大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
12吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
13持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19大坂なおみが黒人差別抗議でキレキレ
20日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄