中高年のネットトラブルが増加!心がけたいネット上の“護身術”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nettogoshinjutu_140731.jpg
『お金と個人情報を守れ!ネット護身術入門』(守屋栄一/著、朝日選書)

 昨秋から今春まで、消費者庁が全国6カ所で開催した悪質商法被害に関するシンポジウムに出席した。その場で話題となったことのひとつが、中高年をターゲットとしたネット上での詐欺、悪質商法の被害が減るどころか増加の一途を辿っているということだった。もちろん、子どもや少年少女の被害や事件も少なくはないのだが、それを上回るペースで中高年のネットトラブルが増えているのである。

 その理由の解説をと問われ、毎回答えることとなったのだが、スマホ(スマートフォン)の急速な普及が大きく影響していることは間違いない。ブロードバンドや掲示板サイト、SNSなど、仕事以外でネットを使うきっかけとなるブームはあったものの、パソコンがある場所へ行かなければならないという制約により、これまでの中高年は若者ほど自由にネットの世界に入り浸っていなかった。ところが、いつでもどこでもネットにアクセスできるスマホのお陰で「入り浸り」が可能となり、
その結果、古くさい手口の詐欺や悪質商法に引っかかっているというわけだ。

 ネット上で見られるワンクリック詐欺やウイルスの強制インストールなどの手口は、この10年ほどほとんど変わっていない。無料のアプリや動画などのファイルに同梱しておく、ニセのサイトへ誘導する、クリックさせるリンクにウイルスのインストールや別の指示を無断で仕掛けておく(CSRF)といったものが代表的であり、遠隔操作ウイルス事件でもこれらの手口が用いられていた。

 では、ネット上で詐欺や悪質商法の被害に遭わないためには、どうすれば良いのか。『お金と個人情報を守れ!ネット護身術入門』(守屋栄一/著、朝日選書)では、具体的な防衛策が示されている。

 すでに生活や業務にさえ浸透しているSNSであるが、「人間関係のトラブル」や匿名実名にかかわらず本人の個人情報が暴かれることがある。また、個人向けクラウドなどネット上に置かれている情報は、常に漏洩の危険性があるし、悪意をもった関係者が内部から意図的に漏洩してしまうことさえある。さらには、本物そっくりの偽サイトへ誘導され、IDやパスワードを盗まれ、勝手に預金を引き出されてしまう被害が横行している(フィッシング詐欺)。
 これらの被害から身を守るため、

・SNSには必要以上の情報を掲載しない。
・同一のパスワードを複数のサイトで使わない。ワンタイムパスワード(使い捨てパスワード)が利用できるサイトでは、そちらを使う。
・ブラウザやアプリの設定を見直し、オートコンプリート(IDやパスワードの自動入力)を解除する。
・ネットバンクやオンラインゲームなど、IDやパスワードを利用に際して求められるサイトでは、利用後に必ずログアウトする。
・信用情報や取引履歴を定期的に確認する。

 などの方策をとるよう奨めている。これらは、誰もが今からすぐに始められる
対策であり、言わば、ネットに向き合う際の暖機運転のようなものである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

お金と個人情報を守れ! ネット護身術入門 (朝日新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

中高年のネットトラブルが増加!心がけたいネット上の“護身術”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年護身術の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
2 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
3 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
4 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
5 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
6 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
7 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
8 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
9 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
12 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
13 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
14 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
15 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
16 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
17 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
18 自民党がネトサポに他党叩きを指南
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
9岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
14病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
17入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄