岡本夏生がふかわりょうにキレた本当の理由!『5時に夢中!』降板の裏で大手芸能プロの圧力が?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okamotonatsuki_160504.jpg
「岡本夏生オフィシャルブログ「人生ガチンコすぎるわよ!」Powered by Ameba」より


 最近、岡本夏生をめぐる騒動がなぜか芸能マスコミを賑わせている。一昨日は『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)、昨日は『ノンストップ』(フジテレビ)も取り上げた。

 たしかに、この元祖レースクイーンは次々と騒動を巻き起こしている。まず、3月にレギュラー出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を突然、降板。続いて、4月11日、同番組のMCを務めるふかわりょうとのイベントでは、直前に連絡がとれなくなって失踪騒動に発展した。結局、当日になって岡本は姿を見せたのだが、このイベント中にふかわと大げんかし、その後に“テレビ引退”を宣言──。そして、5月2日になって、今度は騒動への謝罪として「ガチワビ」なるイベントを開催したのだが、ここでも、土下座して観客に謝罪した上、ふかわへの不満をぶちまけた。

 ワイドショーやネットニュースを見た人たちは、おそらく、お騒がせタレントが注目を浴びたいがために取っているひとり相撲、というふうにとらえたかもしれない。実際、岡本のことを取り上げた各番組は、明らかに暴走タレントの珍行動として、面白がっているフシがありありだった。

 しかし、今回の騒動にはもっと根深い問題がある。それは、芸能界の掟に支配されているテレビ局の問題だ。

 実は、岡本がふかわとのイベント直前に連絡をとらなくなり、しかもイベントでふかわに感情的になった根本的な原因は、やはり『5時に夢中!』降板にあった。

『5時に夢中!』は、マツコ・デラックスや岩井志麻子などマニアックな人選、かつ、夕方の番組とは到底思えない下ネタが満載。「言論の自由」を掲げるタブーなき情報番組として一部熱狂的ファンが存在する特異な番組だ。コメンテーターの岡本はその代表的な存在で、所属事務所のない自由さから、問題発言を連発していた。そして、ふかわりょうはこの番組の司会者という関係だった。

 ところが、岡本が3月8日の放送でインフルエンザに感染したままテレビに出演していたと発言したことで、批判が殺到。急遽岡本の降板が決まったのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

岡本夏生がふかわりょうにキレた本当の理由!『5時に夢中!』降板の裏で大手芸能プロの圧力が?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。圧力時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画