小泉今日子特集の雑誌がバカ売れ! 理由は“芸能界のドン”インタビュー…「他の子は性格悪いけど今日子はいい」発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mekuru_160204_top.jpg
「MEKURU」(Gambit)VOL.7

 90ページにおよぶ小泉今日子特集を展開した「MEKURU」(Gambit)VOL.7が大変な話題となっている。同誌は2月4日に発売されたのだが、すぐに完売。カルチャー雑誌としては異例の売り上げを記録し、重版がかかる展開となっているという。

 メディアでは、誌面で小泉今日子の自宅やすっぴん姿が公開されていることが異例の人気の秘密として取りあげられているが、この雑誌の人気が爆発した理由は、たぶんそれだけではない。あの「芸能界のドン」が同号に登場したことが、おそらく大きく関係しているはずだ。

「MEKURU」の小泉今日子特集では、松田聖子や秋元康、宮藤官九郎、糸井重里から、母・由美さんにいたるまで27名の人々が「コイズミ論」を語った「27名による わたしの中の小泉今日子」という特集企画が組まれているのだが、その中で、小泉今日子の所属事務所・バーニングプロダクション・周防郁雄社長が6ページにもわたって、インタビューに応じているのだ。

 周知のように、周防氏といえばその人脈とコワモテぶりで、芸能界とマスコミ界を震え上がらせてきた存在だが、ほとんどインタビューに応じたことはない。それがこんなロングインタビューに登場するというのは、芸能史に残る事件と言っていいだろう。

「あの雑誌が発売されて以降、マスコミ、芸能関係者の間ではその話でもちきりでした。周りの連中はほとんどあの雑誌を買っていて、業界だけで1万部以上売れたんじゃないかという冗談も飛び交っていたくらい(笑)」(テレビ局局員)

 しかも、注目したいのはその内容だ。コワモテの周防社長が、今回のインタビューでは、かなり踏み込んだ表現で小泉今日子をベタ褒めしているのだ。たとえば、こんな感じである。

「性格もいいんでしょうね。彼女がデビューした当時に人気があった他の子たちは、ハッキリ言うと性格が悪いんだよ(笑)。ウチの親戚にもそういう子のファンがいたりしたから、『なんであんな性格の悪いのが好きなんだ、うちの小泉のほうが性格もいいのに!』って、喉から出かかったりしてね(笑)。もちろん、そんなこと言わないけど。今もね、いろんなタレントさんが事務所や業界に対する不満やなんかを今日子に相談するらしいんだけど、今日子に上手いジャッジをしてもらって、その子の人柄が良くなった、なんていう子は大変な人数いるんですよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小泉今日子特集の雑誌がバカ売れ! 理由は“芸能界のドン”インタビュー…「他の子は性格悪いけど今日子はいい」発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング小泉今日子編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画