小泉今日子特集の雑誌がバカ売れ! 理由は“芸能界のドン”インタビュー…「他の子は性格悪いけど今日子はいい」発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mekuru_160204_top.jpg
「MEKURU」(Gambit)VOL.7

 90ページにおよぶ小泉今日子特集を展開した「MEKURU」(Gambit)VOL.7が大変な話題となっている。同誌は2月4日に発売されたのだが、すぐに完売。カルチャー雑誌としては異例の売り上げを記録し、重版がかかる展開となっているという。

 メディアでは、誌面で小泉今日子の自宅やすっぴん姿が公開されていることが異例の人気の秘密として取りあげられているが、この雑誌の人気が爆発した理由は、たぶんそれだけではない。あの「芸能界のドン」が同号に登場したことが、おそらく大きく関係しているはずだ。

「MEKURU」の小泉今日子特集では、松田聖子や秋元康、宮藤官九郎、糸井重里から、母・由美さんにいたるまで27名の人々が「コイズミ論」を語った「27名による わたしの中の小泉今日子」という特集企画が組まれているのだが、その中で、小泉今日子の所属事務所・バーニングプロダクション・周防郁雄社長が6ページにもわたって、インタビューに応じているのだ。

 周知のように、周防氏といえばその人脈とコワモテぶりで、芸能界とマスコミ界を震え上がらせてきた存在だが、ほとんどインタビューに応じたことはない。それがこんなロングインタビューに登場するというのは、芸能史に残る事件と言っていいだろう。

「あの雑誌が発売されて以降、マスコミ、芸能関係者の間ではその話でもちきりでした。周りの連中はほとんどあの雑誌を買っていて、業界だけで1万部以上売れたんじゃないかという冗談も飛び交っていたくらい(笑)」(テレビ局局員)

 しかも、注目したいのはその内容だ。コワモテの周防社長が、今回のインタビューでは、かなり踏み込んだ表現で小泉今日子をベタ褒めしているのだ。たとえば、こんな感じである。

「性格もいいんでしょうね。彼女がデビューした当時に人気があった他の子たちは、ハッキリ言うと性格が悪いんだよ(笑)。ウチの親戚にもそういう子のファンがいたりしたから、『なんであんな性格の悪いのが好きなんだ、うちの小泉のほうが性格もいいのに!』って、喉から出かかったりしてね(笑)。もちろん、そんなこと言わないけど。今もね、いろんなタレントさんが事務所や業界に対する不満やなんかを今日子に相談するらしいんだけど、今日子に上手いジャッジをしてもらって、その子の人柄が良くなった、なんていう子は大変な人数いるんですよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
2 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
3 ブルマーが強制された意外な理由とは
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 辞任!今村復興相の差別的本質は最初から
6 今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
7 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
8 安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
9 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
11 稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
12 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
13 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
14 今村復興大臣を激高させた記者が告白
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
17 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
18 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
19 星野源が大衆ウケするようになった理由
20 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2自民が森友追及され逆ギレ強行採決
3オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
4「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
7安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
8キノコや筍を採るだけで共謀罪
9講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
12稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
13安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
14「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16有村治子議員がNHKに言いがかり
17三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
18安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
19籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
20中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」