「歳をとっても女子」はダメ? 女性が歳をとることは「劣化」なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
joshi_140901.jpg
『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)

 「大人女子」をコンセプトにした女性誌が創刊されるなど、「女子」という言葉が若い女性を指す言葉だけではなくなった昨今。しかし、そのたびにネット上では「いくつまで女子と自称するんだ?」と冷笑を含んだ声が上がる。その理論を支えているのは、「女の価値は若さにある」という社会風潮ではないだろうか。それを示すようにネット上では毎日のように、女性アイドルや女優が昔の画像と対比され、「劣化した」と騒ぎ立てられている。

 たしかに女性は年齢を重ねるごとに、肌のハリや髪の毛のコシをはじめ、身体的な「若さ」を失う。しかし、失う以上に大きなものを手に入れられることを教えてくれるのが、作詞家ジェーン・スー氏の『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』(幻冬舎)だ。若さと老い、未婚女性の自由と孤独、そして面倒な女の自意識を鋭く切り込みながら軽やかに語るエッセイ集だが、端々から浮かび上がってくるのは、加齢による“図々しさ”によって自分の理想と現実に折り合いが付けられるようになる「年の功」の素晴らしさである。

 たとえば、「ピンクと和解せよ。」問題。昭和の時代、ピンクは女の子らしい色とされてきたが、それゆえにピンクが苦手だという人も多かった。ジェーン氏もまさにそんな一人で、「ピンク好きを公言したり、ピンクの小物を持ったりするのは、可愛がられたい気持ちを前面に押し出しているのと同義! そんなのズルいし、そもそも恥ずかしい!」と、長い間ピンク色のものを敬遠していたという。

 しかし、自分の心のうちを探ってみると、幼少のときに母親からピンクが似合わないと言われたことが、ピンク嫌悪の原因だったことに気づく。「ピンクは可愛さの象徴でしたし、可愛い子どもは愛でられた。私は可愛くなって、もっともっと愛でられたかった」と自分が長く願っていたことを受け入れるように。

 さらには「四十代の背中が見え始め、自分が女であることにも慣れ、女としての記号的な性的価値が落ちて初めて、私はピンクにネガティブな感情を抱かなくなりました。ピンクが似合う女子でないことが、ようやくどうでもよくなりました。これもまた加齢による図々しさの発露かもしれません」と、ある意味女性性から解放されたゆえの開眼があったと語る。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「歳をとっても女子」はダメ? 女性が歳をとることは「劣化」なのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年家族江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも