読者プレゼントはなんと「棺」! 葬儀・終活雑誌の軽さがスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sonae_01_140813.jpg
「終活読本 ソナエ」vol.5 2014年夏号 (産経新聞出版)

 雑誌の懸賞プレゼントというと、昔から人気のバロメーターであり、世相を映し出す鏡でもある。自転車、テレビ、オーディオセット、ゲーム機、海外旅行などなど、時代ごとに豪華景品が登場し、読者の心をつかんできた。

 いまや雑誌の読者層は全体的に高齢化しつつある。となれば、プレゼントもその年代に合ったものになるのは当然だ。産経新聞出版の季刊誌『終活読本 ソナエ』の創刊1周年記念プレゼントは、その究極ともいえる。何しろ、「棺」をプレゼントするというのだから。この7月に発売された同誌vol.5(2014年夏号)の誌面には、「日本初のプレゼントになるかもしれません」との紹介文が躍る。

 ちょうど同じ号では、「生前葬 「その時が来る前に大切な思いを伝える」」という特集が組まれている。そのなかで、最近の流行として「入棺体験」なるものが出てくる。これは、生前に棺に入ることで「自らの死」や「葬儀」について考えるきっかけとする、というものらしい。葬儀社の行なうフューネラル(葬儀)フェアや終活フェアでは、遺影撮影と並ぶ人気コンテンツになっているそうだ。

 棺プレゼントも、そんな風潮に乗ったものなのだろう。プレゼントの紹介文にも、棺を生前に用意して、思い出の品や貴重品の収納箱、あるいは瞑想ルームなどとして利用する人たちがいると書かれている。応募に際しても、棺をどのように活用したいか、はがきに記入することが必須だという。

 そんな『終活読本 ソナエ』だが、本誌のメインターゲットであるはずの高齢者でなくても、興味を惹かれる企画が多い。そもそも筆者が本誌を手に取ったのは、昨年夏に出た創刊号の表紙と巻頭インタビューに壇蜜が出ていたからだ。このときちょうどブレイク直後、しかもかつて葬儀社に勤務していた経験を持つ壇蜜の起用は、絶妙だった。

 同誌ではその後も、vol.2(2013年秋号)では「千の風になって」の歌手・秋川雅史、vol.3(2014年冬号)では、映画『麦子さんと』で母と死別した娘を演じた堀北真希、vol.4(2014年春号)では作家で僧侶の家田荘子というぐあいに、同誌のテーマにふさわしい人たちが登場している。最新号のvol.5に登場するのは、実家が東京・浅草の大手仏壇店であるタレントの山口もえ。彼女の実家については以前からわりとよく知られていたとはいえ、彼女の口からここまでくわしく語られたのは、ひょっとすると初めてのことかもしれない。

 同誌の読みどころは表紙・巻頭ばかりではない。たとえば、vol.3の遺影特集では、仏像ブームの火付け役で、仏教にも造詣の深いみうらじゅんがインタビューに応え、自分の遺影を生前から用意しておくことを勧めていた。同じ号ではまた、「死後のインターネット事情」と題して、ブログやSNSなどのユーザーが死んだあと、それらアカウントがどう扱われるのか検証する企画も組まれている。これなど、高齢者よりもむしろ日常的にネットを使っている若い世代のほうが身につまされるテーマだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

終活読本 ソナエ vol.5 2014年夏号 (NIKKO MOOK)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

読者プレゼントはなんと「棺」! 葬儀・終活雑誌の軽さがスゴい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。葬儀近藤正高の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
2 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
3 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
4 日本の外務省が文大統領と同様の発言
5 吉永小百合が「9条は変えさせない」
6 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
7 中居ジャニーズ残留とキスマイ
8 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
9 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
10 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 工藤静香が『Mステ』で二宮に姐御発言
13 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
14 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
15 仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
16 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
17 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
18 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
19 幹部から新人までほとんどが商売右翼
20 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
5加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
6久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
7綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
8テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
9高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
10市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12グアム北ミサイルは存立危機事態でない
13トランプ的どっちもどっち論横行の日本
14仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
15寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
16手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
17閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
18三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
19幹部から新人までほとんどが商売右翼
20極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」