堀江貴文、竹中平蔵だけじゃない 菅首相に「がんばった」「かわいそう」と同情論噴出! 辞任したとたん権力者を許す世論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
堀江貴文、竹中平蔵だけじゃない 菅首相に「がんばった」「かわいそう」と同情論噴出! 辞任したとたん権力者を許す世論の画像1
首相官邸HPより


 コロナ下で多くの国民の命が危機に晒されているなか、国会も開かずまともな対策も取らず、権力闘争に明け暮れ、結果、総裁選不出馬に追い込まれた菅首相。

 ところが、こんな無責任かつ無能な総理大臣に対して、擁護や評価の声が上がっている。その筆頭がホリエモンこと堀江貴文氏。堀江氏は自身のYouTubeチャンネルでなんと「歴代首相の中では非常に優れた首相」とまで絶賛した。

「個人的には菅さん評価しておりまして、日本が感染者数も死者数も少ないなかワクチンを優先的に確保できたのは、素晴らしい政治的な成果だと思いますし。それ以外にも後期高齢者の医療費を1割から2割に上げたりとか、携帯電話の料金を下げたりとか。公約はほとんど実行できている。歴代首相の中では非常に優れた首相だったと思っております。菅さん、お疲れさまでした」

 医療費負担増を成果と言い募るところが、いかにもホリエモンらしいが、こうした姿勢はコロナと五輪で大儲けした新自由主義の権化・竹中平蔵氏も同様だった。竹中氏は総選挙不出馬が報道されるや、ツイッターに、こんな投稿をしたのだ。

〈この1年菅内閣が成し遂げたことは極めて多い。脱炭素宣言、デジタル庁、携帯料金引き下げ、ワクチン加速。この成果が十分評価されず辞任に至ったのは、単なる説明不足を超えて大きな理由がある。医療に関する鉄の三角形(厚生ムラ)を崩せなかったこと。新総裁は、これを解体し日本版CDCを作れ!〉

 しかし、菅首相を擁護しているのは、その利権でオイシイ思いをしてきた新自由主義者だけではない。ネット上では菅首相に対して、「頑張った」「お疲れさまでした」などと労う声があふれているのだ。

〈菅総理。お疲れ様でした。そして、国民のために頑張って頂きありがとうございました〉
〈菅総理は官房長官時代から話し方を心配していましたが 仕事はしっかりやられたと思います‼️ ゲシュタポみたいなマスコミに散々邪魔されながらも成果を上げて戴きました‼️ 有り難うございます、お疲れ様でした‼️〉
〈政治の知識がないからわからないけど、俺は菅総理すごい頑張ってたと思うな〉
〈菅さんよくやったと思うけどな…やってくれた政策は悪くなかったし、コロナの大変な時に本当にお疲れ様でしたって思う〉
〈待ったなしで、今どうするの問いを突きつけられるんですから、菅さんは、とんだ貧乏くじを引かされた訳ですから、その中で奮闘したと思います。〉

コロナの感染拡大と医療崩壊を悪化させた菅首相の失政を改めて振り返る

 さらには、こんな声まで上がっている。

〈菅さんはある意味潔い身の引き方で、これまで大変な中で粛々と首相業務をやっていたように思うけど、マスコミでひどい叩かれようでマジでかわいそう。〉
〈こんな未知のウイルスとの戦い、誰が総理でも厳しいと思いました…私も菅さん応援してたのでマスコミのたたき記事見るたびに心痛かったです〉
〈菅さんに文句言ってる人いるけど毎日毎日マスコミに対応して誹謗中傷されて何か変えようとしたらそれも批判されてずっと国民のために弱音吐かずに代わりにできるのかよ。〉
〈菅さん可愛そすぎやろマスコミのせいで悪いもの扱い知らんやつまでマスコミの情報を信じて菅さんを批判する日本終わってんな笑〉
〈菅さん、またパンケーキ食べて元気になってほしい〉
〈菅さん凄かったと思うから終わったらパンケーキ食べてゆっくりして笑顔になってもらいたい。〉

「パンケーキ食べて元気になって」はともかく、「よく頑張った」「成果を上げた」「マスコミに叩かれてかわいそう」って、いったいどこをどう解釈したら、こういう話になるのか。

 改めて言っておくが、いま、起きているコロナ感染拡大と医療崩壊は明らかに、菅首相の失政が原因だ。

 もちろん、大元の責任は前任者の安倍前首相にある。コロナに対してろくな対策も打たずに政権を放り出し、自分の政治的野心のためだけに東京五輪の延期を2年でなく1年にしてしまったことがすべての元凶だ。

 しかし、菅首相はその安倍前首相の姿勢をそのまま引き継いだばかりか、前任者以上に経済優先でコロナを軽視。感染再拡大のなかGoToに異常な執着をみせ、東京五輪をごり押しして、感染爆発を招いた。

 感染拡大後の対策も渋々緊急事態宣言を出すだけで、まともな補償や対策はなし。PCR検査拡大や医療提供体制の整備を求める声がどれだけ上がろうと、「ワクチン接種を進める」の一点張りで、医療体制の拡大には動こうとはしなかった(いまだ、野戦病院設置をやろうという姿勢すら見せていない)。

 しかも、その「ワクチン接種」にしても、完全に出遅れて供給不足に陥り、先進国では最低レベルの接種率になっている。

 こうした無為無策が、医療崩壊を招き、自宅放置で死者が続出する事態を生み出したのだ。

公文書改ざん、日本学術会議問題、報道機関への圧力で、民主主義を破壊

 危機対応のひどさはコロナだけではない。相次ぐ災害でも政局優先で、まともな対応はほとんどとっていない。先日、アフガニスタンがタリバンに制圧された際も、他国に比べて初動が遅すぎて、邦人1人しか退避させられなかったが、これも菅首相がまったく関心を示さず、専門家の「早期退避」に提案に政府が応じなかったことが明らかになっている。

 不祥事や不正も山ほどあった。長男が務める東北新社と自身のお膝元である総務省の違法接待・癒着問題、NTTと総務省の違法接待・癒着問題、東京五輪不正買収への関与……。さらに、子飼いの河井克行元法相は逮捕され、武田良太総務相にも不正が発覚、自らが推進してきたIRがらみでも、秋元司衆院議員が逮捕されるなど、それこそ疑惑まみれの予想を呈していた。

 しかし、菅首相の最大の問題といえば、民主主義の原則を無視し、破壊し続けたことだろう。

 菅首相は安倍政権の官房長官時代から、森友・加計問題や「桜を見る会」問題の疑惑隠しのために公文書の改ざんや隠蔽を主導するなど、民主主義に不可欠な情報公開や手続きを無視する行為を繰り返してきたが、首相になってその横暴はさらにエスカレートした。

 日本学術会議の会員人事では気に入らない研究者の任命を拒否して「学問の自由」を踏みにじり、言論機関への圧力も官房長官時代よりさらに露骨になった。

 そして、この民主主義破壊の極め付きとも言えるのが、コロナが感染急拡大する中、会見でまともに政策を説明せず、国会開催を拒否し続けたことだ。その結果、コロナ対策の法整備、予算確保ができない状況が続き、コロナの感染拡大や医療崩壊をさらに悪化させることになった。

安倍晋三の時も! 辞任した途端、すべてを許してしまう世論が再び悲劇を生む

 ようするに、この間、菅首相がやったのは、自分の権力に執着することだけ。国民の生活や健康には一切目を向けず、コロナ被害を拡大させて、国民生活をさらに逼迫させることしかしなかった。

 にもかかわらず、やめるとなった途端、すべての問題はなかったことにされ、「がんばった」「かわいそう」という同情論が噴き出ているのだ。

 これは、前任者の安倍晋三が病気を理由に政権を放り出したときもそうだった。コロナ対策や不祥事追及に嫌気がさしただけで仮病は明らかだったのに、ネットには同じように同情論が溢れ、責任を追及する意見に対して「病気の人間に追い討ちをかけるつもりなのか」といった批判封じの声が広がった。

 もちろん、こうした首相擁護論は、ネトウヨや自民党支持者が仕掛けている部分もあるだろう。しかし、この同情論の広がりはそれだけでは、起きない。背景にはやはり、権力者が「辞める」となったとたんにそれまでのことをうやむやにしてしまう世論とマスコミの姿勢があるといわざるをえない。

 しかし、権力者に対して最後まできちんと責任追及しないと、連中は反省などしない。権力の側もまた、辞任ですべてをなかったことにして、後任の人間がまた同じことを繰り返す。

 実際、安倍前首相があれだけコロナで失政を重ねたにも関わらず、辞任で国民が許してしまったから、後任の菅首相もまた、同じおざなりな対策しかしなかった。国民が菅首相にこんな同情論を口にしている限り、おそらく、誰がなっても同じことが繰り返されるだろう。

最終更新:2021.09.05 10:11

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

堀江貴文、竹中平蔵だけじゃない 菅首相に「がんばった」「かわいそう」と同情論噴出! 辞任したとたん権力者を許す世論のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。公文書改ざん医療崩壊堀江貴文日本学術会議田部翔太竹中平蔵総選挙菅義偉違法接待の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
3 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
6 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
7 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
8 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
9 安倍が選挙妨害に関与の決定的証拠
10 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
13 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
14 『笑点』で三遊亭円楽が「いま日本は本当に民主主義国家ですか?」
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞10位〜6位発表! 
1 菅義偉の弔辞「山縣有朋の歌」は安倍がJR葛西の追悼で使ったネタ
2 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
3 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
4 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
5 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
6 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄