糸井重里が“スポーツ中継のかわりにコロナの医療現場を実況中継しろ” コロナ禍すら“消費対象の娯楽”と捉える80年代脳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
糸井重里がスポーツ中継のかわりにコロナの医療現場を実況中継しろ コロナ禍すら消費対象の娯楽と捉える80年代脳の画像1
ほぼ日刊イトイ新聞 「今日のダーリン」


 糸井重里がコロナ禍をめぐって再び呆れる発言を口にし、物議を醸している。

 糸井重里といえば、本サイトでも報じたが、4月はじめに〈わかったことがある。新型コロナウイルスのことばかり聞いているのがつらいのではなかった。ずっと、誰かが誰かを責め立てている。これを感じるのがつらいのだ。〉〈責めるな。じぶんのことをしろ。〉などとツイートし批判を浴びたばかり。

 安倍政権のコロナ対応は後手後手で場当たり的なのは言うまでもなく、弱者切り捨て政策で多くの人の健康と生活が危機に晒されているのだから、批判の声を上げるのはごく当然のこと。にもかかわらず、糸井は「責めるな」などと批判封じした。これには多くの批判の声が集まったが、糸井自身はまったく反省していないようだ。

 なんと糸井は、大好きなスポーツ中継がコロナ感染拡大の影響で見られないことから、代わりに「医療関係者」らを実況中継しろ、と言い出したのだ。

 今回はツイッターではなく、「ほぼ日刊イトイ新聞」の看板エッセイ「今日のダーリン」(4月26日)でのこと。

〈スポーツというスポーツが中止になっていて、
 もともとスポーツを熱心に見ていた身としては、
 大きななにかが欠けてしまったような気持ちでいる。〉
〈録画だとか再放送をたのしめばいいとも言えそうだが、
 それがそうはいかない〉

 などと、コロナの影響で多くのスポーツが中止になりスポーツ中継が見られないことに不満を吐露。コロナの影響により健康や生活の危機に晒されている人々が政府に対応を求める声を「責めるな」と説教していたのに、なぜか自分は「録画や再放送じゃダメ」と細かい注文をつけ始める。

 それだけでもどうかと思うが、糸井にとっては、スポーツ中継は他人の生活の危機よりよほど重要らしい。スポーツ中継になぜこだわるのかその理由をこう並べ立てる。

〈スポーツ中継では、いま、じぶんたちと同じ時間に、
 どこかでがんばっている人たちのことを見ていたのだ。〉
〈観客席やテレビの前にいて、無力で熱心なじぶんの前で、
 いまあのチームが、あの選手ががんばっている。
 そういう「ナマモノ」の活動が見たくて、
 ぼくらは声援を送ったり感動したりしていたのだ。〉
〈のっぺりとしたぼくらの日常に、
 全身全霊でなにかしている姿を見せてくれる。
 これが観戦スポーツのおもしろさの真髄だったと思う。〉

 スポーツファンの動機を「リアルタイムでがんばっている人を見たい」という説話論的なものに敷衍すること自体、違和感が拭えないが、糸井はこの単純化を前提に、スポーツが中止になったいま、「リアルタイムでがんばっている人」として、〈医療関係の皆さん〉〈保育に関わる皆さん〉〈インフラを守ってくれている皆さん〉〈行政に関わる人たち〉などを挙げる。そして、こんなふうに表現するのだ。

〈この人たちは、ライブな行動を禁じられたぼくらにとって
 「全身全霊でなにかしてくれている」選手なんだと思う。〉

 さらに、糸井はテレビ局にこんな提案を投げかけるのだ。

〈テレビ局の皆さん、人を減らしたスタジオで
 限られた情報を元に床屋政談をしているより、
 「いま懸命にはたらいている前線」のようすを、
 ステイホームしている人たちに、伝えてくれないか。〉

 こんな文章のなかにまでさりげなく「限られた情報を元に床屋政談」とか入れてくるところに、「政権批判封じ」の意図がにじみ出ているが、それはともかく、糸井は感染の危険に晒されながら、医療従事者や社会のインフラを維持するために働いている人々を「ライブな行動を禁じられたぼくらにとって『全身全霊でなにかしてくれている』選手」だとして、その様子をスポーツ中継のように実況中継しろというのだ。

コロナ医療現場を「警察24時みたいに中継しろ」と語る糸井重里に欠落している視点

 もちろん、医療現場などの実態を伝えることはジャーナリズムの重要な役割だ。たとえば先日、イギリス・BBCが「日本の病院危機 新型ウイルスとの戦い」として、神奈川県の聖マリアンナ医科大学病院のコロナ専用の救命救急ユニットの現場をレポートし話題になっていたが、医療器具や個人用防護服の不足が現場に多大なストレスを強いていることや、逼迫する病床など日本の感染病体制の脆弱さを指摘する場面があった。こうした現場にいる人々の苦境や課題、訴えは、きちんと報じられるべきだろう。

しかし、糸井が言っているのはそういうことではない。「がんばっている姿を見たい」からスポーツ中継みたいに実況中継しろ、つまり、感動ネタとして消費したい、と言っているのだ。ことここにいたっても、あらゆるものを娯楽として消費する80年代的発想から抜けきれていないことに唖然とするではないか。

善意に解釈すれば、糸井は医療従事者やエッセンシャルワーカーを「スポーツ選手」「ヒーロー」のように扱えば、彼らにとっても応援になるとでも思っているのかもしれないが、それ自体がずれまくっている。

プロスポーツというのは自分の意思で肉体的能力を他者にアピールしたいと選手になった者が安全なルールの中で行う“ゲーム”にすぎない。しかし、コロナの治療や対策は本当の生命がかかっている現場、そしていまは資材や人員が枯渇し、崩壊寸前まで逼迫している現場なのだ。

そんなところに、スポーツ中継のようなテレビカメラを入れてどうするのか。医療行為を妨害し、従事者に無用な負担やストレスを与えることにしかならないのは、小学生でもわかる話ではないか。糸井は〈取材が邪魔になる場所については、うまく話し合って〉〈最小限の人数で、その現場の人たち以上の衛生管理でね〉などとエクスキューズを付けているが、そんなこと不可能だろう。

さらにもうひとつ問題なのは、糸井が自分の主張を具体的に説明するために、あの番組をもちだしたことだ。

〈「今日、いまも、こんなふうにはたらいています」
 という「警察24時」的な方法で、番組つくれないかな。〉

「警察24時」といえば、典型的な警察PR番組。警察が抱える違法捜査や人権侵害などの問題点に一切触れることなく、警察をヒーロー扱いし公権力にとって都合のいい情報を娯楽として垂れ流すだけの、メディアと警察の癒着を象徴するような番組ではないか。糸井はそんなことはおそらく百も承知の上で、「『警察24時』的な方法で、番組つくれないかな」と言うのだ。

この発言からも、糸井が医療従事者やエッセンシャルワーカーの本当の現場を知りたいのでも、ましてや彼らの環境を改善したいわけでもなく、たんに医療従事者やエッセンシャルワーカーを娯楽として消費したいことが、よくわかるだろう。

 しかも、そこには「患者」という存在が完全に欠落している。コロナの医療現場には、人工呼吸器をつけて生死の境をさまよっている患者、家族にも会えないまま肺炎症状に苦しんでいる患者が多数いる。そして、背負っている人生がある。それを「警察24時みたいに」って、糸井はあのテの番組の“容疑者”の扱い方と同じようにモノ扱いしようというのだろうか。

医療従事者をヒーロー扱いしながら、現場環境の改善には口をつぐむ糸井

先日の「責めるな」ツイートの際も同様だったが、この人にとって、コロナによって多くの人々の健康や生活が危機に晒されていることなど、他人事。どうでもいのだろう。

 だから、糸井は医療従事者やエッセンシャルワーカーの現場を見たいと言う一方で、彼らの職場環境や待遇を改善するよう声をあげることはしない。大好きだというスポーツに対しても同じだ。スポーツが中止になったことで、一部の高額所得の選手以外は苦境に立たされている選手も多いだろうが、それを心配したりサポートするよう声をあげるわけではない。中継がなくなってつまらない、録画や再放送じゃダメなどと、結局のところ自分の楽しみのことしか考えていない。

 それどころか、このコロナによって命を危険に晒しながら働かざるを得ない人たちのことまで、娯楽の代わりとして持ち出してしまう。これは、例の岡村隆史の「コロナで可愛い子が風俗嬢に」発言とも通じるグロテスクな発想だ。

 ウイルスは、国籍や人種、収入の多寡にかかわらず、誰にでも等しく感染しうるものだが、現実には、世界中で貧しい者、弱者にいちばんダメージを与えている。

 糸井重里のゆるふわな表現にひきずられて、まだ「いまは批判しているときじゃない」とか口にする善良な“もたざる人々”が数多くいるが、そろそろ、みんな糸井重里の本質にきづくべきではないのか。

最終更新:2020.05.02 02:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

糸井重里が“スポーツ中継のかわりにコロナの医療現場を実況中継しろ” コロナ禍すら“消費対象の娯楽”と捉える80年代脳のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ほぼ日刊イトイ新聞今日のダーリン新型コロナウイルス糸井重里編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
18 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 松尾スズキが“加トちゃん化”?
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄