香港の市民が示したデモの力! それでも橋下徹は日本のデモを否定、安倍政権とネトウヨは沖縄の抗議弾圧を正当化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
香港の市民が示したデモの力! それでも橋下徹は日本のデモを否定、安倍政権とネトウヨは沖縄の抗議弾圧を正当化の画像1
日本記者クラブで会見する周庭さん(日本記者クラブHPより)


 市民によるデモが政治を動かす──。容疑者を中国本土に引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐって100万人以上の市民が参加する大規模な抗議デモが起こっている香港だが、昨日、林鄭月娥行政長官が改正案の「延期」を発表した。

 香港では「高度な自治」が保障されているが、「逃亡犯条例」が改正されればこれが崩れ、中国政府による介入を許すことにつながると危険視されている。また、ご存じの通り中国政府は民主化運動家や人権弁護士らといった政府に都合の悪い人物に対する恣意的かつ不当な逮捕や拘束、拷問を繰り返しているが、「逃亡犯条例」改正によって香港の民主派にもそうした弾圧が加えられることは目に見えている。実際、2015年には中国共産党を批判する本を販売していた香港の銅鑼湾書店の店長ら関係者が失踪する事件が起こったが、店長だった林栄基氏は中国当局の組織によって拉致 ・拘束されていたことを告白している。

 このままでは、香港に約束された言論・表現の自由や法の支配が奪われてしまう──。2014年に民主的な選挙を求めて学生らが立ち上がった「雨傘運動」のメンバーで、日本に「逃亡犯条例」改正の問題を訴えるため来日した周庭さんも、日本記者クラブでの会見で「改正案が可決されたら、これから香港はデモができる場所ではなくなるかもしれないという気持ちを持っている香港人がたくさんいますと切迫した危機感を語った。

 だが、香港の「自由」を守るために市民が参加した抗議運動デモでは、鎮圧に乗り出した機動隊がデモ参加者に向けて催涙弾やゴム弾を水平に打ち込んだり頭部を狙い撃ちにするなど、重傷者を出す事態に発展。たったひとりの市民を大勢の機動隊員が警棒でめった打ちにするなどの様子がSNSで拡散された。

 さらに、このような衝撃的な映像が世界に発信される一方で、中国外務省や香港政府は「組織的な暴動」などと非難。この露骨な市民への弾圧とその正当化には国際的にも非難の声が集まり、そして、きょう16日のデモは9日を上回る市民が参加するとみられていた。

 そうしたなかで、香港政府が発表した改正案の延期──。つまり、中国からの弾圧という危険に晒されることを承知しながらも、自分たちの「自由」のために権力と対峙した香港市民たちの勇気ある行動が、香港政府の譲歩を引き出したのだ。

 もちろん、香港政府が今後、どのような手に出てくるかはまだまだ警戒が必要であり、改正案の撤回を求めて本日のデモも予定通り実施されるというが、デモによって政治を動かした香港市民には、心からの拍手を送りたい。

 そして、いま一度考えたいのは、この「デモ」という意志表示、直接行動の意味についてだ。

香港市民支援集会を開いた奥田愛基氏や元山仁士郎氏をネトウヨが攻撃

 日本ではとかく「デモに意味なんかない」「政治を変えたいなら選挙で勝て」と言われ、今回の香港のデモに対しても、「民主的な選挙制度ではない香港のデモと日本のデモは全然違う」などという意見が噴出。

 たとえば、橋下徹は13日にTwitterで、〈中国政権だけでなく、他の独裁政権にも民衆の「力」を示して、脅威を与えて欲しい〉と香港市民の行動に賛同を示しながらも、〈選挙制度が整備されている国では、デモではなく選挙で政権を倒すべきだ〉と日本のデモを暗に批判した。

 また、13日には元SEALDsメンバーの奥田愛基氏や「『辺野古』県民投票の会」代表を務めた元山仁士郎氏らが、今回の香港市民との連帯と香港政府に抗議する集会を香港経済貿易代表部前と渋谷ハチ公前で開催し、主催者発表で2500人もの人びとが集まったが、これに対してもネット上では「渋谷でデモしても何の意味もない」「その暇があるなら香港に行け」などという批判が散見される始末。なかには「SEALDsは日本共産党と中国共産党の手下」というツッコミが追いつかないデマを性懲りもなく流しているネトウヨもいた。

 本サイトでは何度も繰り返してきたが、「多数決や選挙で決まった以上、権力は何をやってもいい」となったら、それはいとも簡単にファシズムに転化してしまう。一方、デモには権力の暴走を止め、その危険性を広く知らしめるという大きな役割がある。実際、今回の香港のデモは厳しい情報統制が敷かれている中国を除く世界中に拡散され、大きな関心を呼び、ついには政治を動かした。デモには大きな意味があるし、政治を変える力があることを証明したのだ。

 しかも、今回日本で集会がおこなわれたことは、香港市民に連帯を示そうというだけではなく、香港の危機は、この国もけっして無縁ではない問題であったからだ。

 香港でのデモでは、参加した市民に対して機動隊が容赦ない暴力をふるうという非道な弾圧がおこなわれ、記者にも催涙ガスが放たれた。これにはネトウヨも「中国共産党許すまじ」「これが中国のやり方」と非難していたが、しかし、似たようなことは日本でも起こっている。

沖縄では、香港と同じ機動隊員による暴力鎮圧が行われている

 事実、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設に対する反対運動では、政府は全国から機動隊約500人を投入。抗議する市民は座り込みという非暴力で抵抗するも、機動隊は強制的に排除し、機動隊員が女性の首をしめあげたり引き倒したりと、暴虐としか言いようのない異常な光景を繰り広げた。その上、市民による抗議活動を取材していた琉球新報と沖縄タイムスの記者を警察が強制排除し拘束するという、報道の自由を侵害する行為までおこなわれたのだ。

 さらに、自民党の長尾敬衆院議員は高江の市民強制排除を〈ほぼ内乱状態〉〈反対派市民ではなく、活動家達〉などとTwitterに投稿し、安倍応援団たちもさまざまなデマを流して市民の弾圧を正当化。また、辺野古の新基地建設反対運動をリードしてきた沖縄平和運動センター・山城博治議長は、不当逮捕・長期拘留するという露骨な政治弾圧もくわえられた。

 市民に暴力をふるい、記者を拘束し、運動のリーダーを長期拘留し、政権与党の議員や首相の支持者らが弾圧を正当化するためのデマを垂れ流す──。程度の差はあるとはいえ、やっていることは中国共産党とそっくりではないか。

 前述した周庭さんは日本記者クラブでの会見の最後に、日本語で「香港も、日本も、本当の民主主義がありますように。」というメッセージを書いた。これについて、東京での集会を企画した元山氏は、Twitterにこう綴った。

〈香港の人々が声をあげる動きは心から応援する。
そして“日本も”というのは本当にその通りだと思う。
日本に“本当の民主主義”はあるのだろうか。
私から言わせれば、香港は沖縄、中国は日本と重なってみえる。〉

 民主主義と自由のためにデモに参加し、声をあげた100万人以上もの香港市民たち。日本における政権批判のデモも、わたしたちの民主主義を守るためという意味でまったく同じものだ。そして、その声が大きくなれば政治を動かすことができると、香港市民たちは示してくれた。

 今度はわたしたちの番だろう。奇しくも本日、日比谷〜銀座で「年金返せデモ」がおこなわれる(13時45分に日比谷公園中幸門集合、14時出発)。ほんとうの民主主義をこの国に根づかせるために、民主主義を取り戻すために、日本も香港につづきたい。

最終更新:2019.06.16 01:24

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

香港の市民が示したデモの力! それでも橋下徹は日本のデモを否定、安倍政権とネトウヨは沖縄の抗議弾圧を正当化のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。デモネトウヨ元山仁士郎奥田愛基橋下徹沖縄編集部香港の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
2 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
3 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
7 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
13 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
16 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
17 保釈 河井案里被告と菅首相の特別な関係を物語る”パンケーキ動画”
18 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
19 セカオワFukaseのいじめ発言
20 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
1 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
2 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
3 炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
4 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
5 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
6 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
7 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
8 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
10 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄