ブラックホール会見でNHK記者が「日本の貢献は?」質問し世界が失笑!科学に“日本スゴイ”持ち込む愚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ブラックホール会見でNHK記者の「日本の貢献は?」質問に世界が失笑!科学に日本スゴイ持ち込む愚の画像1
国境を超えた ブラックホール撮影という偉業なのに…(EHTJapanHPより)


 世界13か国、200人以上の研究者からなる国際プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ」が人類史上初めてブラックホールの撮影に成功した。

 このプロジェクトには日本の研究者たちも参加しているのだが、国境を越えて構成されたチームが成し遂げた偉業を、日本のメディアはまたもや「日本スゴイ」の文脈で消費。それが世界の嘲笑を買うという、なんともお恥ずかしい展開となっている。

 事が起きたのは、アメリカ政府の国立科学財団の会見だった。会見のなかで記者からブラックホール撮影に関する科学的な質問が飛ぶなか、NHKの記者はパネラーに対してこんな質問を投げたのだ。

「私は国際共同研究に関して質問があります。今回の成果が突出した共同研究であることは理解しております。それぞれの国、特に日本がどんな貢献をしたのかについてお聞かせください」

 NHK記者の質問の最後の言葉「especially Japan」の言葉が場内に響いた瞬間、場内のあちこちから他国の記者の笑い声が漏れた。

 それに対し会見出席者は、「日本は多くの国々と同様に非常に重要な役割を果たしました」「それぞれの国、それぞれの地域、それぞれのグループ、それぞれの研究所が専門知識をもち寄り、それぞれの仕事を果たしました」と半笑いで答え、日本の記者の愚問は一蹴されたかたちとなっている。

 このNHK記者の1人前には高校生の女性が「今回のことは、科学界の国境を越えた協力による大きな功績だと思いますが、今後こうした共同作業は科学界においてひとつのモデルとなるでしょうか。なるとすれば、どういう課題があり、私たちには何ができるでしょうか」といった質問をして、パネラーから「That’s a great question」との言葉をもらっていただけに、余計に日本メディアのお粗末さが強調されていた。

 この恥ずかしい一幕はニュースにもなっている。たとえば、「Japan Today」は4月12日に「NHK reporter laughed at for asking black hole team for more on Japan’s contributions(NHKの記者はブラックホール研究チームに対して日本の貢献について質問をしたことで物笑いの種になった)」と見出しをつけたニュースを配信。そのなかでは、「NHK記者の質問にある『とにかく、日本はどうですか?』という側面は、国際舞台で日本のアスリートの業績を自慢するのを愛する日本メディアのやり方を思い起こさせる」と皮肉られている。

 人類史上初となる画期的な業績すらも「お国自慢」として消費しようとしてしまう日本のメディアのどうしようもなさは今日に始まったことではないが、こうして国際的に嘲笑の的になることで、いかにそれがおかしいことなのかが改めて浮き彫りになった。

「科学研究」と「おらが村の自慢」は何の関係もないし、むしろ結びつけてはいけないというのは国際的な常識だ。科学の発展は人類全体の共有の財産であり、どこか特定の国や政府だけのものではないからだ。

 しかし、日本のメディアはそのことがまったくわかっていない。たとえば、こんなこともあった。

 2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授は記者会見で「日本、日の丸の支援がなければ、こんなに素晴らしい賞を受賞できなかった。まさに日本が受賞した賞」と発言した。この発言は日本国内では特に問題とならなかったが、これに対してノーベル賞委員会は激怒。「あんな発言は絶対にしてはいけない」と異例の警告を発した(共同通信ロンドン支局取材班・編『ノーベル賞の舞台裏』筑摩書房)。

ノーベル賞受賞の益川敏英教授は国家による科学の軍事利用に警鐘

 しかも科学技術の研究とナショナリズムを結びつけることは大きな危険性を孕んでいる。その技術は人を殺す道具にもなるからだ。

 2008年にノーベル物理学賞を受賞した京都大学名誉教授の益川敏英氏は『科学者は戦争で何をしたか』(集英社新書)のなかでこのように綴っている。

〈ノーベル物理学賞や化学賞は、将来的に人類の発展に著しく貢献するであろうと評価された科学技術、そしてその開発に寄与した科学者に与えられるものですが、一方でその技術が戦争で使われる大量破壊兵器の開発に利用されてきたのも事実です。(中略)ノーベル賞を授与された研究は、人類の発展のためにも殺人兵器にも使用可能という諸刃の技術と言ってもいいでしょう〉

 益川氏は、ノーベル賞受賞記念の講演でも自身の戦争体験にふれ、さらに「安全保障関連法に反対する学者の会」にも参加し、安倍政権の暴走に警鐘を鳴らしてきた人物だ。

 そんな益川氏がここで科学技術の「危険性」を強調するのは、安倍政権が学術研究を軍事産業に利用しようとする動きを進めているからだ。

 安倍政権は2015年から「安全保障技術研究推進制度」という制度を始めている。これは、防衛装備庁が設定したテーマに基づいて大学や企業などから研究を公募、採択されれば研究費が支給されるというもので、同年は3億円を予算として計上。この予算は激増を続けていて、17年度予算では110億にまで増えた。

 これに対し、京都大学や名古屋大学などは「軍事研究は行わない」という方針を明確にする一方、日本学術会議が183の国公私立大学や研究機関を対象に行ったアンケート(2018年4月3日付朝日新聞記事より)によれば、そのうち30カ所が「安全保障技術研究推進制度」への「応募を認めたことがある」と回答したという。

メディアが「日本スゴイ、日本スゴイ」と煽る裏で進行する厳しい現実

 厳しい経営を余儀なくされて背に腹を変えられない大学や研究者の頬を札束で叩き、カネで釣ろうとする施策は着実に成果を残しつつある。

「Japan Today」をはじめ、海外で皮肉られた「とにかく、日本はどうですか?」「日本スゴイ」ばかり煽る傾向は、あらゆる物事に対して「国家への貢献」を求める風潮と裏表の関係にある。そしてそれは、なんら前向きな影響をおよぼさない。

「日本スゴイ、日本スゴイ」と自己暗示をかけるばかりで、外ではなにが起きているかをメディアが伝えず、受け手も見ようとしなくなった結果、家電メーカーは凋落。液晶テレビやスマートフォンなどの分野で日本企業のプレゼンスはほとんどなくなってしまった。

 それは科学技術の分野だけでなく文化・芸術でもそうだ。K-POPが世界中で確かな地位を占めつつあるなか(4月5日付ビルボードチャートでBLACKPINKはシングル・アルバムともに総合チャートに入り、次週のチャートではBTSの新作が首位をとる可能性が非常に高いと言われている)、ハリウッド映画のプロモーションで世界中をまわるスターが韓国までは来ても日本には来ないでそのまま帰っていく光景ももはや見慣れたものとなった。

「日本スゴイ、日本スゴイ」と殻の中に閉じこもっていい気持ちになっているのは勝手だが、それによってもたらされるのは「凋落」だけだということに、いい加減気づくべきだろう。

最終更新:2019.04.18 10:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ブラックホール会見でNHK記者が「日本の貢献は?」質問し世界が失笑!科学に“日本スゴイ”持ち込む愚のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHKイベント・ホライズン・テレスコープノーベル賞ブラックホール日本スゴイの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
2 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
6 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
7 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
8 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
11 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
12 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
13 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
14 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
15 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
16 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
17 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
20 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
12 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
13 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
15 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄