松嶋尚美の“虐待を受けた子どもは暴力を振るう”は根拠のない差別だ! 坂上忍の松嶋擁護も排除を強化させるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
松嶋尚美の虐待を受けた子どもは暴力を振るうは根拠のない差別だ! 坂上忍の松嶋擁護も排除を強化させるものの画像1
番組での発言が批判されている松嶋尚美(『バイキング』18年12月19日放送回より)

 東京・南青山に建設が予定されている児童相談所(港区子ども家庭総合支援センター)をめぐって、港区と住民が対立している問題が紛糾している。

 この問題は10月にもワイドショーで盛んに扱われ、その際に本サイトでも紹介しているが(https://lite-ra.com/2018/10/post-4326.html)、12月14日と15日に行われた住民説明会でまたもや住民からひどい発言が飛び出したため、再度ワイドショーに取り上げられている。テレビで繰り返し流されているのは、住人たちのこんな発言だ。

「南青山は自分でしっかりお金を稼いで住むべき土地でもあると思いますし、青山のブランドイメージ、ビジョンをしっかり待って、守って、世界に発信して、日本でも素晴らしい土地にしていってほしい。土地の価値も下げないでいただきたいというふうに思っております」
「入所した子が一歩外に出ると、幸せな家族や着飾った人が歩いている。その場面をみたとき、子どもがギャップを感じないか心配」

 虐待に苦しんでいる子どもを救おうという気持ちなどまったくないうえ、むき出しの差別意識、自民党・杉田水脈衆院議員の“生産性”発言にも通じるグロテスクさには閉口する他ないのだが、ワイドショーのスタジオトークのなかでも信じがたい発言があった。

 12月19日放送『バイキング』(フジテレビ)がこの南青山の児童相談所問題を扱ったのだが、そこで、松嶋尚美がこのように発言したのだ。

「もしも自分のところに来るとなったときには、引っ越しする可能性もあります。たとえば、親に暴行されて“キーッ”となって外に飛び出した子が、暴力振るったり、カツアゲしたりするかもしれないなという変な心配がまずあったりもするし。(自分の)子どもも流されそうなタイプやし。たとえば、学校で頭をグリグリで殴る子がいたんですって。それは親がそうしているから、そこまで悪いこととは思わなくて、友だちにしてしまうとか。そういう面では悩むことは正直ある」

 ようするに松嶋は、「虐待被害者である子どもを排除しろ」と言っているのである。いったい何を言っているのだろうか。

 親から暴力を受ける環境にあるからこそ、その子どもを社会全体で守っていく必要があるのに、彼女が言っているのは「つらい境遇にある子どもを見捨て、自分たちのコミュニティから排除しようという」という考えであり、住民の「土地の価値も下げないでいただきたい」発言と同様、あまりにもひどい発言だ。

 松嶋は先の発言の後に「ちょっと最悪なことを言っていますけど、私」と付け加えており、自身の発言が倫理にもとるとの認識はあるようだが、その通り、公共の電波を通して家庭内暴力の被害者である子どもたちへの偏見・差別を煽る言動である。

 しかも松嶋の発言が悪質なのは、「虐待を受けた子どもは他人にも暴力を振るう」などと、あたかも排除する側に正当な根拠があるかのように語りながら、偏見・差別を撒き散らしたことだ。

 たしかに、「虐待を受けて育った子どもは自分の子どもも虐待するようになる」というのは巷間よく言われることではある。このような「虐待の連鎖」というのは学術的に証明されていることなのだろうか。

虐待の被害者が必ず加害者になるわけじゃない、必要なのは他者のサポート

『知っていますか? 子どもの虐待 一問一答』(解放出版社)のなかで臨床心理士の村本邦子氏はこのように解説している。

〈「虐待の連鎖」というのは、虐待の加害者のなかには、かつて虐待の被害者だった者が多いという事実を示しているだけだということです。その逆は、必ずしも正しくありません。つまり、虐待の被害者が、必ず虐待の加害者になるわけではないのです〉

「虐待の連鎖」というのは起こる可能性はある。しかし、虐待を受けた過去があるからといって必ずしも暴力を振るうようになるとは限らない。

 それは、「他者のサポートの必要性」を意味するデータでもある。

 本のなかで村本氏は、精神分析家のアリス・ミラーによる「共感してくれる他者を得て、子ども時代の真実をあるがままの姿で認め、その結果、自分の感情に起こることをしっかりと見る、それだけで、多くの悲劇が避けられるはずだ」との発言を紹介している。

 子ども時代のつらい記憶と向き合うことで、抑圧された感情を解放させることができるし、そうすることで「暴力」を介さない親子関係・人間関係のあり方を習得することができる。

 ただそれは、虐待を受けた過去をもつ人にとってはとてもつらい作業であり、ひとりの力ではとてもできる作業ではない。村本氏は前掲書のなかでこのように呼びかけている。

〈真実と向き合うのは、勇気のいる、とてもむずかしい作業です。友人でも、パートナーでも、カウンセラーでも、誰でもよいのですが、共感し、支えてくれる他者の存在がどうしても必要になってきます。信頼して、つながれる人びとをさがしましょう。それができれば、何もおそれる必要はありません〉

 つまり、虐待をなくすためには、親と子だけの問題に封じ込めず、社会が手を差しのべ、子どもだけでなく親をもサポートすることも必要なのだ。児童相談所は、虐待に苦しむ子どもにとっても、子どもとの向き合い方に悩んでいる親にとっても、有益なアドバイスとサポートが得られる場である。その存在は「虐待の連鎖」を断ち切るために大きな力を発揮する。

 しかし、松嶋のような差別的な考えのもとでコミュニティから爪弾きにするような扱いをすれば、「虐待の連鎖」は永遠に続いていくだろう。

偏見を松嶋に「気にする必要ない」とフォローした坂上忍の無自覚

 松嶋の発言は放送中から大炎上し、SNS上には批判的なコメントが大量に書き込まれた。松嶋本人がそれを知っていたのかどうかはわからないが、松嶋はCM中に自身の発言について気に病んでいたようで、その日の番組の最後にはMCの坂上忍が松嶋に対して「全然気にする必要ない。そんなものは。主婦の人たちの、ある一定の感情を代弁してくれたかたちにはなったし」とのフォローを入れる場面もあった。

 坂上の言うように、松嶋の発言はある種の人たちと同じ感情・意見ではあるだろう。しかし、それは誤解に基づいた偏見・差別であり、公共のメディアで垂れ流したり、ましてや正当な意見であるかのように代弁されるべきものではない。

 松嶋の発言は、虐待被害者を排除しようとする差別主義者たちに、排除する側にあたかも正当な理由があるとお墨付きを与える、きわめて悪質な発言だ。そして、本来、加害者である親への支援や、社会的介入の必要性を示すための論拠であるはずの「虐待の連鎖」という考えを、逆に被害者である子どもへの差別・排除を正当化するための根拠に転倒させてしまう、いかにも現在の日本の差別社会を象徴するような発言でもある(ちなみに松嶋に対して出自を持ち出して攻撃するような言説も散見されるが、出自と今回の発言とはなんの関係もなく、それも差別だということを強調しておきたい)。

 このように差別を正当な意見であるかのように扱う風潮こそが、差別を増殖させていることを松嶋と坂上は自覚するべきだろう。「気にする必要はない」などとフォローするのではなく、むしろ訂正と反省を表明するべきだった。

 現在、虐待相談対応件数は右肩上がりを続けていて、2017年には13万件を突破した。数字の増加自体は、かつては表面化していなかったものが問題意識の高まりによって、声をあげられるようになってきたためという面もあるだろう。しかし、児童相談所の数は足りていない。たとえば、現在、東京都内に児童相談所11カ所しかなく、対応しきれていない状況がある。

 児童相談所を増設することは急務であり、そのために必要なのは、偏見に基づいた劣情の発露でなく、冷静な視点の報道なのだ。

最終更新:2018.12.22 01:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

松嶋尚美の“虐待を受けた子どもは暴力を振るう”は根拠のない差別だ! 坂上忍の松嶋擁護も排除を強化させるもののページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキング坂上忍松嶋尚美編集部虐待の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
14 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
18 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6 吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄