小籔千豊が久々安倍応援団ぶり発揮! 和田政宗議員への批判に「反自民の人の見方」「麻生さんへの野党の質問も変」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小籔千豊が久々安倍応援団ぶり発揮! 和田政宗議員への批判に「反自民の人の見方」「麻生さんへの野党の質問も変」の画像1
2018年3月20日放送『バイキング』(フジテレビ)

 公文書改ざんというとんでもない問題に対し、ワイドショーも、ようやく安倍政権に対する批判を強め始めている。

 今月20日放送『バイキング』(フジテレビ)もそうだった。『バイキング』はもともとは安倍政権擁護色の強い番組として知られてきたが、この日の放送では、麻生太郎財務大臣や政権を守るために「エクストリーム擁護」を繰り返す自民党議員に対する批判の声がほとんどだった。

 たとえば、麻生財務相による「“佐川”呼び捨て問題」について義家弘介・元文科副大臣による「11年間やってきて『義家』と呼び捨てにしていただけませんから。私は呼び捨てにしていただけるくらい信頼されたいと思ってますよ!」なる恥ずかしすぎるゴマスリ発言に対しては、甲斐よしひろが「ヤンキー母校へ帰れって感じですね」と鋭いツッコミ。また、和田政宗議員が財務省の太田充理財局長に対して「まさかとは思いますけども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないですか?」と質問した問題では、坂上忍が「あまりにも見苦しい」と、一刀両断した。

 しかし、そんななか、あの隠れネトウヨ芸人、小籔一豊だけはあいかわらずだった。しばらく仏頂面で他の出演者の和田批判を聞いていた小籔だったが、坂上から話を振られるとボソボソと、こんなことを語り出したのだ。

「あんなたくさんの人が見ているところでというか、その後テレビでも流れるようなところで言いがかりをつけられると、それは、いち公務員の方はあそこまで否定したくなるでしょうね。ただ、あの和田さんがああいうふうな質問をしたときは、『なんや、あんな質問して!なんや!』って言ってるじゃないですか。麻生さんに変な質問したときは、みんななんも思わないというか。権力はディスってええというか、反自民の人の見方というか、僕は、あれぐらいのわけのわからん意地悪な、無駄な質問というのは他のところでもあるんじゃないかなと思います」

 ようするに、小籔は「太田さんに対する変な質問にはみんな怒る癖に、どうして麻生さんに対する意地悪な質問は許されるのか」と反論したのだ。

 あの尊大な答弁を繰り返している麻生財務相を擁護して、質問する側を「意地悪」扱いするとは、どこまで安倍政権が大好きなんだという感じだが、もっとうんざりさせられたのは、小籔が「政権ばかりが批判されるのはおかしい」「野党のことも批判しろ」的な“どっちもどっち”論をもちだしてきたことだ。

教育勅語発言が大炎上して以来おとなしくなっていた小籔千豊だったが……

 これ、政権の不正や暴走がもちあがったときに、ネトウヨや安倍応援団が必ず口にする常套句なのだが、ようするに小籔は連中と同様、民主主義がどういうものかさえわかっていないらしい。

「なんで政権ばかり」って、国会やメディアにとって、政権の不正や暴走をチェックするのがもっとも重要な役割だからに決まっているじゃないか。森友問題を見れば明らかなように、政権や与党は権力を使っていくらでも利益誘導をすることができるし、自分たちに都合の悪い情報を徹底的に隠すことができる。だからこそ、不正の端緒が見つかったとき、国会やメディアは徹底追及する必要がある。逆に、それをしなければ、政権はやりたい放題になって、民主主義は崩壊してしまうだろう。

 しかも、今回は民主主義の根幹を揺るがす「公文書改ざん」という重大問題であり、その責任が安倍政権にあることは小籔の大好きな橋下徹でさえ認めている。厳しい質問を浴びせるのは当然ではないか。それを「政権ばかり批判するのはずるい」などという小学生のような屁理屈で批判を封じ込めてどうしようというのか。

 さらに唖然としたのは、そのあとに続いた「反自民の人の見方というか」というセリフだ。今回の文書改ざん問題や安倍政権の姿勢、和田議員の質問には自民党議員や自民党支持者からも疑問の声が出ていて、支持政党を超えた批判が広がっているのに、ありもしないイデオロギーの問題にすり替えようとしているのだ。これって、政権批判をすべて「反日」「左翼」と攻撃するネトウヨ思考の典型だろう。

 というわけで、今回も、やっぱり安倍応援団&隠れネトウヨ芸人だったことが証明されてしまった小籔だが、もっとも、この日、踏み込んだ発言したのはこれくらい。一時期、各ワイドショーで「頑固オヤジの俺、カッコええやろ」的スタンスを前面に押し出して、ゴリゴリの保守的な論調を展開していたころに比べると、明らかにおとなしかった。

 これはやはり、昨年の教育勅語発言の影響だろう。森友問題が勃発した少しあと、やはり『バイキング』(2017年3月7日放送)に出演した小籔は、森友学園が教育勅語を唱和させている問題についてこんなことをエラソーに宣い、大炎上したのだ。

「僕は教育勅語じたいは何にも悪くないと思います。何を教育勅語に関して問題になっているのか、意味がわからないです。お父さんお母さんを大切にしましょう、一生懸命勉強しましょう、まわりに感謝し、公の心で社会貢献しましょうみたいなことガッチリ書いてありますよ。何があかんの」

 その言い分は当時の籠池泰典理事長とそっくりだったうえ、小籔は〈一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ〉(国に危機が迫ったなら忠誠心を発揮してその身命を捧げ、それによって、永遠の天皇様の勢威を支える)という教育勅語のもっとも危険で核心の部分を完全スルー。「そんなことも知らないでエラソーに教育勅語を語るな」「あの部分をネグって教育勅語が素晴らしいというのは完全にネトウヨの手口」などと、各方面から罵倒の嵐を浴びたのだった。

 以降、小籔の口から出る政治的発言は誰の目にもわかるくらい極端に少なくなった。

 今回もきっと本音は和田政宗や松本人志のように「いや〜、安倍さんを貶めるためにわざとということもあるんちゃいます」くらいのことは言いたかっただろうが、自粛して、あの程度になってしまったのだろう。

 でも、その結果が、和田批判を「反自民の人の見方」呼ばわりするやっぱりネトウヨ丸出しのトンチンカンぶり。大したこと言えないなら黙っていればいいのに……。

最終更新:2018.03.23 01:11

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

小籔千豊が久々安倍応援団ぶり発揮! 和田政宗議員への批判に「反自民の人の見方」「麻生さんへの野党の質問も変」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バイキングメディア定点観測坂上忍小籔千豊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
2 萩生田光一の問題は消費税延期論でなく「ワイルド改憲」発言
3 ブラックホール会見でNHK記者“日本スゴイ”質問に世界が失笑
4 東電が福島原発の廃炉作業を外国人労働者に押しつけ
5 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
9 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
10 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
11 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
12 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 ピエール瀧逮捕でワイドショーが石野卓球に「謝れ」攻撃の異常
15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
16 橋下徹、松井府知事が恫喝スラップ訴訟
17 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
20 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄