なぜ? 岡田准一と安倍首相が食事!『海賊とよばれた男』アカデミー賞の事前運動か、愛国映画製作の相談か…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
なぜ? 岡田准一と安倍首相が食事!『海賊とよばれた男』アカデミー賞の事前運動か、愛国映画製作の相談か…の画像1
左・安倍晋三公式サイトより/右・映画『海賊とよばれた男』公式サイトより


 森友学園問題で連日苦しい答弁を連発している安倍首相だが、そんななか麻生太郎副総理とともに、先週金曜日2月24日夜、俳優のV6岡田准一、鈴木亮平と西麻布の高級フランス料理店で会食をしていたことが首相動静で報じられた。

 岡田准一といえば、昨年12月公開の映画『海賊とよばれた男』(原作・百田尚樹)の主演。鈴木亮平も中心人物の一人として出演している。安倍首相は今年元旦に映画を鑑賞しているが、もともと原作の大ファンで、自身のFacebookで「日本が世界で一流国となるために努力をした人物の生涯が手に汗握るドラマとして読み易くスリリングに描かれています」と推薦さえしていた。今回の会合は、どうやらその縁で組まれたということらしい。

 だが、本サイトが以前指摘したように、『海賊とよばれた男』は極右思想をもつ実業家が戦後日本の復興を国に報ずる熱意で支えたとして礼賛する“愛国ポルノ”作品。また、岡田は同じく百田尚樹原作で安倍首相のお気に入り作品である『永遠の0』でも主役を演じている。実に3時間半を超えたという会食では、さぞかし気持ち悪い愛国ポルノ話で盛り上がったのだろうか。

 そういう意味で、安倍首相と岡田准一という組み合わせに、不思議なのは、なぜこのタイミングでの会食だったのかということだろう。映画の公開からも、安倍首相が鑑賞してからも、かなり時間が経っている。ひとつは、今月3日に授賞式を控える第40回日本アカデミー賞の“事前運動”ではないか、という見方だ。岡田は『海賊とよばれた男』で最優秀主演男優賞の候補となっているのだが、「首相と会食したのは受賞のための箔付けでは」(在京テレビ局関係者)とささやかれているのだ。

 岡田は第38回に『永遠の0』で最優秀主演男優賞、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞を受賞し、史上初ダブル受賞を果たしている。このとき長らく“所属タレントを競わせたくない”との建前で賞レースを辞退してきたジャニーズ事務所がノミネートを解禁したのだが、岡田受賞は織り込み済みでの解禁だったのではと言われている。実際、解禁したとたん、岡田の翌年には二宮和也(第39回『母と暮せば』)と2年連続でジャニーズのタレントが最優秀主演男優賞を受賞。まあ、誰がどう見ても“出来過ぎ”である。

 また、日本テレビとアカデミー賞の関係だ。アカデミー賞が東宝、松竹などの大手4社の作品に偏重していることは有名だが、授賞式を放送する日テレが出資した作品が受賞しやすいという傾向もたびたび指摘されている。そのようなことを樹木希林や是枝裕和氏が授賞式で皮肉ったこともあるのだが、『海賊とよばれた男』の製作委員会には日テレが名を連ねている。こうした背景から、『海賊とよばれた男』で岡田が再びアカデミー賞受賞確実と公開前からと言われるほどだった。

 ところがフタを開けてみると、『海賊とよばれた男』は大コケしてしまう。批評家からの評判も芳しくなく、実際、主要部門でノミネートされたのは岡田の主演男優賞だけだ。

「『永遠の0』のときは興行的には大ヒットだったし、最優秀作品賞や監督賞を含む総ナメ状態だったんで、別に岡田が最優秀主演男優賞をとっても不自然ではない感じだったけど、さすがに今回の『海賊とよばれた男』は苦しい。海賊チームにとって、岡田の受賞に箔をつけるために、今回の首相との会食は絶好の機会だったのではないでしょうか」(前出・在京テレビ局関係者)

 まあ、さすがに政府に直接的な圧力を依頼したというのはありえないだろうが、たしかに、わざわざこのタイミングで岡田が安倍首相と会食した事実は、興行的にも批評的にもかんばしくない作品の受賞にとりあえずの口実を与えることができる。また、今回最多11部門でノミネートされた渡辺謙主演の『怒り』が、なぜか主演男優賞だけ外されているのも不自然ではある。そう考えてもやはり、岡田の2度目の受賞は既定路線で、そのための“最後の一押し”が安倍首相との会食だった、ということなのだろうか。

 他方、安倍政権にとっても、この愛国ポルノ映画を推すことには大きなメリットと思惑がある。というのも、“国策映画”の製作に乗り出そうという動きがあるからだ。今年1月にロイター通信が報じた通り、いま安倍政権は、明治期の国づくりなどを題材とした映画やテレビ番組の制作に対する政府支援を検討している。

 その表向きの理由付けは1868年の明治維新から150年の節目を迎えるからということになっているが、実際には、菅義偉官房長官が「大きな節目で、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」とコメントしているように、明らかに明治から第二次世界大戦終戦までの帝国主義を「伝統」などと偽って美化し、戦後民主主義を否定する意図がある。

 当然、政府による“映画の国策化”に対しては、当の映画人たちからも批判が殺到した。たとえば「観察映画」で知られる想田和弘監督は、ツイッターで〈戦時中の国策プロパガンダ映画を思い出す。つまらない映画にしかならないことは確実だが、映画を馬鹿にするんじゃないよ。映画は政治の道具ではない〉と怒りを表明している。

 想田監督の言うとおりだろう。結局のところ、安倍政権による「明治期の国づくり」を題材にした作品の支援方針は、“愛国ポルノ”をどんどんつくれと言っているに等しい。それこそ『海賊とよばれた男』や『永遠の0』のような自己慰撫型の歴史モノは、日本の戦争犯罪や加害性を巧妙に書き換えて隠匿することで成り立っているが、まさに、戦前・戦中の日本で戦意高揚のプロパガンダ映画が量産された状況が、今後、安倍政権下で再生されることになるのだ。

 そういえば、鈴木亮平も18年NHK大河ドラマ『西郷どん』の主演が決定している。おそらく例の会合でも、安倍首相はそこに引っ掛けて、大好きな明治維新(とりわけ長州)の話を思う存分したことだろう。

 吉田松陰か高杉晋作か伊藤博文か、はたまた乃木希典で日露戦争モノかは知らないが、「主演・岡田准一」で明治を舞台にした“愛国ポルノ”が製作される日も近いということか。あまりにグロテスクだ。
(宮島みつや)

最終更新:2017.11.20 06:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

なぜ? 岡田准一と安倍首相が食事!『海賊とよばれた男』アカデミー賞の事前運動か、愛国映画製作の相談か…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ安倍晋三宮島みつや岡田准一愛国ポルノ百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
6 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
18 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄