上西小百合の太田光代批判は正しい! おかしいのは「『サンジャポ』に出るな」と上西を恫喝した光代のほうだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
uenishioota_160906.jpg
2人の発言で浮き彫りになった政治と芸能界とテレビの癒着(左・うえにし小百合オフィシャルウェブサイトより/右『独走』キノブックス)


 東国原英夫、三原じゅん子、小池百合子など並みいる政治家、著名人たちをツイッター上でバッサバッサと切りまくり注目を集めている“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆議院議員が、今度は芸能プロダクション「タイタン」の太田光代社長に噛み付き炎上騒動となっている。

 発端は、最近、橋下徹氏やおおさか維新への批判を強めている上西議員が9月3日、テレビ復帰後も橋下氏のマネジメントをしている太田社長のツイッターにこうリプライを送ったことだった。

〈上西小百合と申します。私の秘書を含め、そこそこのご理解はされていると思います。ハッキリ言いますが、橋下徹さんのマネージメントは貴方には無理じゃないですか?  明らかに問題を避ける地上波レベルだと思うのですが。テレビの閉塞感の代表が太田さんとテリーさんだと思うのですが〉

 これに対し、太田社長が〈私は貴方の秘書を存じ上げません。貴方に対しても時々サンジャポに出演頂いている議員としか認識がありません〉と切り返した上で、上西議員にこんな“通告”をしたのだ。

〈橋下さんは十三年前から弊社の顧問弁護士で弊社でタレント活動をしています。サンジャポに文句があるなら出演頂かなくて結構ですよ〉

 こうしたやりとりを受けて、ネット上では上西議員に対する非難が殺到した。〈あの人の頭の中大丈夫ですか?〉〈橋下氏への逆恨み〉〈浪速の狂犬〉〈国会議員としての自覚も品位もないですし、下品でヒステリック〉〈精神が不安定?〉……。そして、〈見事に切り返した太田社長の圧勝〉と太田光代氏を褒める声もあった。

 しかし、これ、おかしいのは上西議員ではなく、明らかに太田光代氏のほうだろう。まず、なによりひどいのが、〈サンジャポに文句があるなら出演頂かなくて結構ですよ〉というセリフだ。

『サンジャポ』こと『サンデー・ジャポン』(TBS)は太田氏の経営する「タイタン」所属の爆笑問題が司会であり、太田光は太田社長の夫でもある。しかし、番組のキャスティング権は本来、局にあるはずだ。ところが、太田社長はまるで自分がキャスティング権をもっているかのごとく、上から目線で「だったら出演させない」と上西議員を恫喝したのだ。

 これに対しては、上西議員も〈なるほど。力のある芸能事務所とはそのような権利を持っている、という事でよろしいですね〉と皮肉を込めてコメントしていたが、太田社長の言い様はまさに「芸能界の論理」丸出し。タレントパワー、芸能事務所とテレビ局の癒着を利用して脅しあげるそのやり口はジャニーズやバーニングといった大手芸能プロとまったく変わりがない。

 実際、太田社長は『サンジャポ』はじめとするいくつかの番組については、キャスティングにかなりの影響力を行使しているという見方もあり、怒りのあまり本音がポロリと出たのかもしれない。

 しかし、『サンジャポ』は曲がりなりにもニュースを扱う情報番組だ。そこから自分たちにとって都合の悪いことを口にする人間を排除するというのは、明らかな言論圧力である。それがなぜ「見事な切り返し」になり、上西議員が「おかしい」と攻撃されるのか、さっぱり意味がわからない。

 そもそも、上西議員の「橋下徹さんのマネージメントは貴方には無理」という指摘にしても、けっして的外れではなくむしろ本質をついたものだ。

 橋下氏は15年12月18日、大阪市長の任期満了とともに政界を引退し、今年4月から冠番組『橋下×羽鳥の番組』(テレビ朝日)で8年ぶりにバラエティ番組に復帰した。

 しかし周知のように、橋下氏は「政界引退」などと言いながら、現在でも日本維新の会の「法律政策顧問」というポストに就いている。しかも、その活動は“事実上のオーナー”ともいうべき露骨なものだ。

 たとえば、今年1月のおおさか維新の会(当時、現・日本維新の会)の「戦略本部会議」の初会合に参加、参院選に向けた公約や政策決定を主導していたし、7月30日には安倍首相と菅義偉官房長官、維新の松井一郎代表や馬場伸幸幹事長との会食にも同席。主役として憲法改正について協議をしている。維新の松井一郎代表も党の方針について「(橋下氏から)さまざまなアドバイスをもらう」と公言しているほどだ。

 本サイトでも過去に批判したが、そんな人物がキー局の冠番組を持つことは、特定党派の事実上のトップの主張が全国放送で垂れ流されるということであり、明らかに「政治的公平」に反している。

 ところが、太田社長はそうした橋下氏の行動にストップをかけるどころか、全面的にバックアップしてきたのだ。橋下氏が冠番組『橋下×羽鳥の番組』をもてたのも太田社長が奔走した結果であり、他のテレビ局にも橋下氏の出演の際は、かなり法外なギャラをふっかけているという。そして、一方では、橋下氏の露骨な維新での政治活動を事務所社長として戒めることもせず、やりたい放題のことをさせてきた。

 しかも、太田社長は橋下氏を事務所の顧問弁護士として迎え入れてもいる。そこには、“将来の総理”とも目される人気政治家にして冠番組を持つタレントを顧問弁護士として迎え入れることで、事務所や所属タレントへの批判を封じ込め、それこそバーニングやジャニーズ並みの力を手に入れようとしてる気配さえある。

 現に、やはりタイタン所属の大渕愛子弁護士が依頼人から不当な報酬を受け取ったとして東京弁護士会から懲戒処分を受けた問題では、橋下氏に大渕擁護をさせ、1カ月という短い謹慎でブログを復帰してしまった。

 実は、今回の上西議員のツイートもまず、この大渕弁護士の早すぎる復帰に疑義を呈したことから始まっている。そういう意味ではけっして唐突に出たものではなく、その背景には、明らかに橋下氏の言いなりになって依存度を強め、その見返りに芸能界での力を高めようとする太田社長への批判があるはずだ。

 しかし、太田社長が橋下氏と組んでやっていることは、たんにテレビや芸能界で自分たちの権力を高めるというだけではない。橋下氏が今、タレント活動をしているのは、自身の好感度と知名度を上げ、それを安倍首相とタッグを組んだ改憲に結びつけるという戦略なのは明らかだ。つまり、太田社長の橋下氏への姿勢は、この国が戦争のできる国、人権のない国になるという暗黒の未来につながっていくのだ。

 こうした妻の姿勢について、かつて「日本国憲法を世界遺産に」というほど、憲法を守る立場を鮮明にしてきた太田光は一体どう考えているのだろう。ぜひ聞いてみたいところではないか。

 いや、今の太田光にそんな質問しても意味はないか。上西議員はくだんのツイートで〈テレビの閉塞感の代表が太田さんとテリーさんだと思うのですが〉と、過激なふりして実は空気に迎合した安全なことしかいっていない2人の本質をえぐる指摘をしていたが、上西議員の言うように、今の太田光は、光代社長に完全に首根っこをつかまれ、権力に迎合し、政治的な志なんて完全に封印してしまっている。むしろ、改憲プロジェクトの応援団になりかねない雰囲気すら醸し出している。

 そういう意味では、上西議員の今回のツイートは、政治と芸能界とテレビが癒着した末に起きているグロテスクで危うい状況を明らかにしたものといえるだろう。
(伊勢崎馨)

最終更新:2017.12.21 05:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

上西小百合の太田光代批判は正しい! おかしいのは「『サンジャポ』に出るな」と上西を恫喝した光代のほうだのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サンデージャポン上西小百合伊勢崎馨太田光太田光代政治家の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
6 自衛隊に横行するいじめ自殺の実態
7 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
10 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
11 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
12 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
15 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 突如終了『テラハ』も?やらせ番組の実態
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
3 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄