「出エジプト記」が旅行コーナーに! TSUTAYA図書館の斬新すぎる分類問題はなぜ起きたのか? その危うさを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ccc_160302.jpg
CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社公式サイトより


 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者として運営する公共図書館、いわゆるTSUTAYA図書館がその独特の「選書」、「分類」の方法で物議を醸したことは記憶に新しい。一時ほど話題に上らなくなったが、何らかの「決着」がついたわけでもなく今後もCCCが運営する予定の図書館は全国にいくつもある状況だ。

 今回は「分類」に着目してみたい。CCC独自の図書分類法「ライフスタイル分類」は「わかりにくい」、「本が探せない」という苦情が多く寄せられた。他方、日本の公共図書館の99%では日本十進分類法(Nippon Decimal Classification : NDC)という図書分類法が採用され、「標準分類法」になっている。NDCはアラビア数字000~999の3桁を基本に大まかな分類から10ずつ細分化していく階層構造になっている。

 第1次区分(3桁の最初の桁数字で以下の10区分)の0総記、1哲学、2歴史、3社会科学、4自然科学、5技術、6産業、7芸術、8言語、9文学というテーマ別の分類になっており、図書館の本はこの基準にのっとって配架されている 。観点分類というこの方法では、同じテーマのものを一つの書架に集中できる。似た内容の本は近接する書架にあるので、関連の図書をみつけやすい。だが、弱点としては「1つのテーマが観点によって複数に分散してしまう」(日本図書館協会担当者)ことが昔から指摘されている。たとえば「パン」というテーマの場合、パン製造(食品工業)、料理としてのパン作り(食品)と観点が違えば複数の分類となる。

 日本図書館協会(以下JLA・設立から120年超、毎年全国図書館大会を100年以上開催)担当者はこう語る。

「CCCさんが独自分類にこだわるのはおそらく(上記のパンの例のように)、観点分類だと分散してしまう同じテーマのものを(書架の近い場所に)集めたいという狙いからだと思います」

 そのとおりだろう。TSUTAYA図書館が「ウリ」にしているが、その詳細が不明だった「ライフスタイル分類」について問い合わせたところ、行政などのクライアント向けに作成した資料を示す形での回答が返ってきた。以下がその概略だが、果たして得意分野の「旅行」「料理」については「周辺の情報を同じ棚に配置」する旨が謳われている(パンに関連するものは観点が違っていても1カ所に集められている可能性が高いだろう)。

 ライフスタイル分類には大ジャンルとして次の25の項目がある。旅行/料理/趣味・実用/住まいと暮らし/ファッション/スポーツ・アウトドア/美容・健康/アート/建築/文学・文芸書/人文/医療・看護福士/社会/自然科学/技術/産業/IT/歴史・郷土/ビジネス/語学・参考書/政治・国際/経済/法律/教育/児童書。これに書籍とは形態の異なる4つのカテゴリー(雑誌・コミック・洋書・AV資料)を加えた合計29の大項目があって、その下位に中ジャンル、小ジャンルを時代趨勢に合わせて柔軟に追加していく。

 各ジャンルの名前は「専門的な言葉ではなく、より日常利用に近い言葉に置き換えた表現」を用いて図書館に縁遠かった人にも親しみやすいよう配慮したという。特に目玉とする「旅行」と「料理」にはガイド本や料理本に加え、「そのジャンルにまつわる周辺の関連書籍についても同じ棚に配列」することで利用者の「発見性」が高まるように努め、このところマーケティング用語として注目されているセレンディピティ(思いがけないものを偶然に発見すること)の演出を狙っているようだ。

 CCC側の資料を見ると、あるテーマに関する書籍が書かれた観点によって「分散」して配架分類される欠点を「ライフスタイル分類」が克服するかのように思える。だが、前出のJLA担当者によれば、それは昔から知られていることで「従来の図書館でも現場の創意工夫でその欠点は十分に補われてきた」と話す。NDCは「標準分類法」であって規則ではないので、NDCという確固とした分類方法を基盤にしつつ、各図書館は自館の利用者の特性や利便性に合わせて独自にアレンジを施すことができる。区分ごとに需要の多い棚を充実させて入口近くに置いたり、看護系図書館などの専門図書館は専門分野だけ独自の分類で配架したりする場合もあるそうだ。

 またCCCと神奈川県の海老名市立図書館を指定管理者として共同で運営することを試みたものの図書館運営に対する「理念の違い」を理由に袂を分かった図書館流通センター(TRC)の広報担当・尾園清香氏も、たとえばクリスマスだったら、キリスト教、ケーキなどの料理、飾り付けに関する本を集めるといった特集棚やテーマ展示を図書館は頻繁に企画していると話す。尾園氏は一部の書架やコーナーを使って限定的に催すテーマ展示を「図書館全体でやってしまった」(尾園氏)のがTSUTAYA図書館である、と嘆息する。

 CCCが運営する海老名市立中央図書館ではNDCのラベルの上にライフスタイル分類による新ラベルが貼られてしまっており、通常NDCを学んでいる司書もその能力を発揮できない。またすべて公開されているNDCとは対照的に、ライフスタイル分類は詳細な区分表が「非公開」である点も問題視されている。NDCなら間違った配架はすぐ見つけられるが、ライフスタイル分類の場合だと、本の所在が一斉点検までわからなくなる恐れもある。

「書店と図書館の考え方の違いなのか」と、尾園氏は感想をもらす。書店であれば同じ本を何冊か仕入れられる。「旅行・イタリア」の棚にイタリアの歴史本やイタリア料理本が置かれていても、「歴史」や「料理」の棚にも同じ本が並んでいれば、書店では問題はおこらない。しかし、図書館では同じ本を何冊も購入することは稀だ。「歴史の本を探しに来たのに、それが歴史の棚になく、旅行の棚まで行かなければいけない」(尾園氏)のは滑稽だ。

 CCCの資料にNDC分類に対する認知率調査(1000人対象)の円グラフが掲載されていたが、それによると認知率33%、実際に活用している人は15%だという。利用者レベルではNDCに理解が薄いことを強調しようという意図が透けて見える。だが、大ジャンルが0~9と少なく、下位の区分もある程度の法則性(1が日本、2が中国・東洋を表す場合が多い)を持つNDCのほうが25ものジャンル区分があるライフスタイル分類に比べ、はるかに覚えやすいはずだ。何より図書館司書はNDCを勉強して熟達しているわけだから、レファレンスサービスでもはるかに迅速に対応できる。NDCで使われる項目名には古めかしいものも多いが、過去から現在まで、幾世代にもわたって所蔵資料を管理する「継続性」からしてやむをえないことだ。こういった図書館の重要な機能が、ライフスタイル分類で破壊されてしまうのではないかと、危惧を覚える人は少なくない。CCCが運営するTSUTAYA図書館で、人類が過去から築き上げてきた知的遺産をうまく次世代に伝えていけるのか。不安が尽きない。
(竹内一晴)

最終更新:2017.11.24 07:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

「出エジプト記」が旅行コーナーに! TSUTAYA図書館の斬新すぎる分類問題はなぜ起きたのか? その危うさを考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。TSUTAYA図書館竹内一晴の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャニー社長の容体巡るジャニーズ事務所の情報統制の裏
2 望月衣塑子原案の映画『新聞記者』の安倍政権描写がリアル
3 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
4 中華料理チェーンを不当解雇され訴えたら…
5 安倍首相が辛坊治郎の番組で“参院選の事前運動”!
6 秋篠宮家の料理番がブラック告発
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 ジャニーさん“緊急入院”でマスコミは病院に詰めかけたが…
9 吉本興業会長が沖縄米軍基地跡地利用の有識者懇メンバーに
10 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 堀江貴文が「デモの絵面がヤダ」「税金泥棒は捨て台詞」
13 テレ朝が政権批判した経済部長を報道局外し
14 TOKIO安倍の会食で露呈したジャニーズ情報番組進出の危険
15 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
18 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
19 ジャニーズ事務所が分裂寸前!?
20 堀江貴文「税金泥棒」発言で晒した年金問題への無知と頭の悪さ
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄