ASKA長文ブログ報道で触れられなかった中身!マスコミ批判と愛人・栩内被告の冤罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
asuka_01_141021.jpg
ASKAセルフカヴァーアルバム『12』(ユニバーサル・シグマ)

 覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けてから2年、あのASKAが、9日の夜に突如、事件について語ったブログを発表し、話題になっている。問題のブログは翌10日のうちに削除されてしまったが、「1序章」から「20追記」まで20章もある長文で、自分の薬物との出会い、いかにして薬物にハマっていったか、「週刊文春」(文藝春秋)での報道から、逮捕、裁判までが詳細につづられていた。また、なぜか不審死をとげた飯島愛から相談を受けていたことなども明かされていた。

 スポーツ紙やネットニュースもさっそくこのことを取り上げているが、しかし、こうしたメディア報道ではほとんどふれられていない内容がある。そのひとつが、マスコミ、警察への批判だ。ASKA はこう書いている。

〈事件後、私はこの件に関して一切口を開いてきませんでした。それ故、メディアからは「ストリー」や「と、いう情報」「~らしい」を面白おかしく語られてしまいました。私の犯した「事件の事実」以外、私の目に飛び込んできた関連記事は全部嘘です。ひとつも本当のことはありませんでした。〉(原文ママ)

 そして、逮捕前の「週刊文春」の取材について「だまし討ち」だと激しく糾弾し、釈放後の報道についても、〈私が2ヶ月でダルク(筆者注:更生施設のこと)を逃げ出したと書いてあったが、最初から2ヶ月間で決まっていたのだ。〉〈娘は結婚もしていないし、離婚もしていない。アメリカに行ってもいない。〉など、ことごとく嘘だと指摘している。

 その批判は警察にも向けられている。覚せい剤をはじめて使用した時期は2010年なのに、警察に嘘を発表されたというのだ。

〈警察の調書では「96年に一度だけエクスタシーというものを飲んだことがある」と答えた。しかし、報道では「20年前からドラッグをやり続けていた」と書かれた。私は、担当刑事に詰め寄った。
「20年間やっていると発表したらしいですね。どういうことですか?事実と違うじゃないですか。」
 刑事は、「私たちは、そんなことを言ってはいないんだよ。あれはウチの広報がマスコミに間違えて発表してしまった。」と、説明した。取調官がマスコミに対応するのではないのだ。なので、間違いが起こりやすい。改善を要求したい。〉

 まさに、事件以降、書きたい放題書かれてきたASKAの反撃というわけだが、しかし、このブログには、ASKAがそれよりももっと強く訴えていることがある。それは覚せい剤使用で一緒に逮捕された愛人・栩内香澄美被告が冤罪だということだ。おそらく、それがこのブログを書いた一番の目的と思われるくらい、栩内被告の無実が繰り返し強調されているのだ。

 ASKAはまず、「まえがき」で、こう書く。

〈私は、何も罪のない一人の女性を犯罪者にしてしまいました。一生苦しみを背負うこととなってしまいました。全て私の不徳の致すところです。私は、その苦しみから逃れるかのように楽曲制作に没頭いたしました。〉

 そして、本編では、栩内被告が覚せい剤を使用するはずがないということを具体的に説明している。

〈逮捕後、真澄(筆者注:栩内被告のこと)の毛髪からMDMAが検出されたと聞いた。大間違いだ。真澄は何も知らない。真澄には見せたこともない。もう数年前、一度だけ知人から貰った「気分がリラックスできる」というナチュラルハーブを半分にして分け合ったことがある。最初、真澄は抵抗したが、私が安全であることを強調したために、しかたなく付き合った。しかし、その時真澄が嘔吐したので、それ以来一切真澄には何も与えていない。〉

 特に、ASKAが栩内被告は無実だという根拠として何度もあげたのが、1回目と2回目で毛髪検査の結果が違ったことだ。

〈1回目の毛髪検査が間違っていたのだと思う。現に2回目の検査では何も検出されなかった。私の調べた限り、検査を2回行うということは極めて異例のことだ。1回目の検査後、それを行わなくてはならない理由があったのだ。もうすでに、何の罪もない一般女性の名前や顔を発表してしまっている。今更「無実」では、大失態となる。
 または、真澄の供述に信憑性を感じた警察が、犯罪者にしてはならないと考え、公正な判断をするために再度検査を行ったか。私には、そのどちらかの判断はできない。〉

 二審で栩内被告の控訴が却下された際も、この毛髪検査に疑問を呈し、裁判所の判断を激しく批判している。

〈真澄に控訴審判決が下った。裁判長は一審判決を支持し、真澄の控訴を棄却した。懲役2年執行猶予3年となった。初犯の場合、普通使用者でも1年6ヶ月だ。真澄が、最後まで否定し続けたのを理由に、裁判官は罪を重くした。使用していないのにだ。これは冤罪だ。テレビや新聞などで耳にする言葉だが、まさか自分の人生において冤罪などというものに遭遇することになるとは思わなかった。第1回毛髪検査において陽性反応が出たと発表した。しかし、2回目では陰性だった。毛髪からの覚せい剤反応は地層のように検出されるので、いくら髪の毛を洗おうとも、時間が経とうとも、髪の毛を切らない限りそれは検出される。
 裁判所はなぜこれに疑問を持たなかったのだろうか。3回目の検査要求は却下された。いちばん大事な機会を設けてもらえなかった。なぜだろう・・。〉

 ASKAは警察の捜査についても、不審な点があったことを指摘している。

〈そして警察には心よりお願いしたいことがある。私の書斎でMDMAを砕いた粉末状のものが発見されたと発表した。その発表により、私が真澄に一服盛るための手段であったかのような記事が世間に広まってしまった。しかし、後に科研の検査で、それがMDMAではなかったことが証明された。なぜ、その事実を発表してくれなかったのか残念でしょうがない。〉

 さらに、栩内被告とのメールのやりとりで、こんな話が出たことも暴露した。

〈真澄は、検事調べのときに付き添った刑事から「あなたはやっていないと思います」と、言われたという。しかし、結局犯罪者とされてしまった。その刑事は、何かを知っていたのだろうか? なぜその言葉を投げかけたのかの真意を知りたい。〉

 今回のASKAのブログには、盗聴された自分の叫び声が大手ゲーム会社のゲームで使用されている、との告発など、クスリの後遺症のような被害妄想的記述もあるが、しかし、栩内被告に関するくだりはいずれも説得力のあるものだ。

 本サイトでも何度か指摘したように、栩内被告の毛髪検査はかなり不審な点があるし、ASKAとのメールのやりとりを見ても、栩内被告が覚せい剤を使用していたとは考えられないものだった。そのことをASKAが今回ようやく証言したということだろう。

 しかし、ならばASKAはなぜ、これまで法廷で栩内被告のために証言しなかったのか。ASKA はブログの中で、栩内被告の弁護士とやりとりしたメールを公開しているが、こんな言い訳をしている。

〈髪の毛からMDMA反応が出てるとも聞きました。
私たちはMDMAを一緒にやったことはありません。あんな大粒の錠剤を黙って飲ませることも不可能です。
髪の毛は体内に蓄積されてなければ反応は出ないと言います。ということは何度も摂取したということになります。
断じてありません。真澄が受け入れるわけがありません。
二度目の毛髪検査では、何も検出されなかったとのこと。
それが真実です。〉
〈繰り返しますが、真澄は無実です。〉
〈ただ、ご存知のように私にも弁護士がおりまして、連絡は取らないということで約束しておりました。
信頼関係で成り立っておりますので、連絡は取った、相手の弁護士に会う、証人として出廷するでは納得の範囲を越えることが予想されます。〉

 それでも、ASKAは控訴審の際には、証人出廷するつもりだったという。だが、それも直前になってキャンセルしてしまう。ASKAはブログで栩内被告宛にこんな弁明のメールを送ったことを公開している。

〈弁護士さんの文書に回答しなかったのは、あまりにも屈辱的な内容で埋められていて、ずばり故意にやった犯人的な書き方をされていたからです。
 それでも、真澄のためになることならば、証人でもなんでもやるという気持ちを伝えました。しかし、先ほども書きましたが、こちらの弁護士から「やる必要はありません。あんな文章に応える必要はありません。」と、却下されてしまいました。〉

 ようは、彼女の弁護士から届いた内容証明と質問状があまりにも高圧的だったこと、そして自分の弁護士から「絶対に返事をしないでください」と言われたことで、出廷できなかったと言い訳しているのだ。

 これはあまりに身勝手な言い訳だろう。かつての愛人が自分のせいでいわれのない罪を被せられているのだ。本来なら何があっても、彼女の罪を晴らすために証言台に立つというのが義務のはず。それを弁護士に止められたから、などという理由で逃げ出すのは、卑劣としかいいようがない。

 実際、ASKAにはずっとそのことに対する良心の呵責があり、今回、長文のブログを公開したのも、おそらくそれが最大の原因だったはずだ。しかし結局、そのブログも、たった1日で削除してしまった。

「今回、ブログを削除したのも、弁護士から止められたのではないかといわれていますね」
(ASKAを知る芸能関係者)

 しかも、マスコミは警察に睨まれることをおそれ、こうした冤罪の可能性、警察批判を一切報道しない。

 栩内被告はこのまま有罪になってしまうのだろうか。助けられるのはASKAしかいないと思うのだが……。
(林グンマ)

最終更新:2016.01.11 12:18

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ASKA長文ブログ報道で触れられなかった中身!マスコミ批判と愛人・栩内被告の冤罪のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグ冤罪林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
3 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
4 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
5 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
6 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
7 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
8 釜山総領事更迭の裏に官僚監視秘密警察
9 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
10 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
11 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
12 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
13 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
14 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
15 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
16 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
17 安倍「股関節炎は仮病」証明のゴルフ
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
20 詩織さんに寄せられた山口敬之氏と安倍官邸の特別な関係の新情報!
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
5 安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
11 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13 菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14 総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
15 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16 大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
17 菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
19 三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄