『中居正広が結婚を考える夜。』でも全開!「結婚は無理」アピールは中居くんの周到なブランディングだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakai_01_151221.jpg
プライベートでは“絶食系男子”キャラぶる中居クンだけど…

 福山雅治、千原ジュニア、国分太一など、今年は世間が驚くような結婚報道が多く出た1年であった。そんな2015年の年の瀬に『Xmasスペシャル中居正広が結婚を考える夜。』(フジテレビ)という番組が放送。自分自身で「結婚不適合者」を名乗り、バラエティー番組で「こじらせ」発言を多く口にする中居正広が、桃井かおり、山口もえ、釈由美子、鈴木紗理奈、益若つばさ、市川紗椰といった面々と「結婚」をテーマに語り合う番組である。 

 結婚生活を幸せだと語る松嶋尚美に対し「結婚を『幸せです』と言うことによってお仕事もらおうみたいな下心ないですか?」と返すなど、番組は冒頭から中居の歪んだ結婚観が前面に押し出されるかたちでスタート。

 さらに、結婚して20年以上が経つ田中美佐子には「地獄ですね!」とリアクション。挙げ句の果てには、姑と同居する浅尾美和に「知らないジジイババアと住むのは無理」と暴言を吐くなど、中居が「結婚」に対して何の希望も抱いていないことをやたら強調するトークが続いた。

 しかし最近では色んな番組でこのような発言を繰り返す中居だが、かつての彼はこんな「絶食系」男子ではなく、むしろ真逆、「リア充」な男ではなかったか? 下平さやか、中野美奈子、倖田來未といった人たちと浮き名を流し、最近でも彼の父親が亡くなる前に、フジテレビの竹内友佳アナを父親に会わせていたと報道されている。また、2000年には、一般のOLを妊娠させ、彼女に中絶を迫った旨を雑誌にスクープされたこともある。

 そんな中居が、なぜ、前述の番組で語ったような「こじらせ」発言を繰り返すのか? そこには、年齢を重ねても「アイドル」として生き続けるための、周到な「ブランディング戦略」があった。それはいったい、どんな「戦略」なのか? ここに本サイトが以前検証した記事を再録するので、是非とも読んでみてほしい。
(編集部)

********************

 最近、中居正広の「こじらせ」っぷりに拍車がかかっている。定番の「結婚は無理」発言もどんどんエスカレートして、先日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では「このコ、毎日いるのかと思うと気持ち悪い」「結婚して子供とかできたらDVやるかもしれないし」とまで発言。

 さらに、他のテレビ番組や雑誌のインタビュー等では「好きとか愛してるとか言ったことない」「とにかく一人になりたい」「何にもしゃべりたくない」「あんまり関わってほしくない」と、結婚を通り越して恋愛自体を嫌悪するような発言まで連発しはじめた。

 また、今年3月4日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)では、ゲストの西川史子の「夫婦が別れる理由は、結局、セックスレスなんですよ」という発言に対し、「奥さんって、そんなにエッチしたいの? 性欲強いの? 俺ら、そんなん無理だよ」と返し、セックス嫌いを公言。「でも、男の人も溜まるわけじゃないですか……」と聞かれた際には「DVDでしょ!」と即答して、まさかのセックスよりオナニーの方が好きとの告白までしてしまった。

 こうした言動のせいか、ネットでは、ここのところ「中居くんは童貞なのではないか?」とすら噂される始末である。

 しかし、ちょっと待ってほしい。中居くんといえば、少し前までは童貞疑惑どころか、女性関係の噂が絶えず、むしろSMAPのなかでは唯一「ヤリチン」的なにおいのする存在ではなかったか。

 たとえば、90年代の終わりにはテレビ朝日アナウンサーの下平さやかとの交際が大々的に報道されたこともあるし、その後は、フジテレビアナウンサーの中野美奈子とのキスプリがネット上に流出。両親に挨拶ずみとの情報まで流れた。2008年には「FRIDAY」(講談社)で倖田來未との温泉旅行の模様を撮られ、最近も「週刊現代」(講談社)5月30日号で、中居の父親が亡くなる少し前に、フジテレビの竹内友佳アナを会わせていたと書き立てられた。

 風俗好きも有名だった。キャバクラ通いの噂はしょっちゅう流れていたし、ノーパンしゃぶしゃぶ店に通い詰め、そのお店の女性従業員の家で一夜過ごしたのをやはり「FRIDAY」に撮られたこともある。

 もっとすごいスキャンダルもあった。2000年、一般人のOLが中居くんの子供を妊娠し、中絶したと告白したのだ。「噂の真相」00年12月号に掲載されたこの女性の告白によると、彼女は当初、子供を産む気でいたそうだが、「大丈夫だよ。まだただの細胞だし、手術だって簡単でたいしたことない、俺の友達も何人も堕ろしてるけど、その日のうちに仕事だってできちゃうくらいだし」という中居の冷たい台詞と、飯島三智マネージャーの恫喝で泣く泣く出産を諦めたという。

 大手マスコミはジャニーズタブーでほとんど後追い報道しなかったが、「噂の真相」は中居のサインの入った「人工妊娠中絶同意書」や、OLと中居の電話を録音したテープも公開しており、告白は非常に信憑性の高いものだった。

 そんな過去まで持つ中居正広がなぜ、40代となった今、中2男子のような「こじらせ」発言を連発しているのか? 年をとって性欲が一気に減退したのか、何か女性不信に陥るようなことがあったのか。

 そうではないだろう。中居くんのこうした言動の背景には、彼なりの計算、ブランディングがあるはずだ。

 それはおそらく、SMAPの加齢問題と関係している。SMAPのメンバーは今、次々と四十路を迎えつつあり、明らかに体力や容貌の衰えを隠せなくなっている。人気もじわじわと下がり続け、嵐を筆頭に後輩たちがすぐ後ろまで迫ってきている。いったいSMAPはこれからどうやって生き残っていくつもりなのか。ファンのみならず、お茶の間も彼らの行く末を心配しながら見つめている。

 だとしたら、中居正広はまさにその「生き残り」のために、自らを「こじらせ中年」に仕立て上げているのではないだろうか。

 これまで、芸能界で年齢を重ねたアイドルが生き残るためには、アイドルを捨て本格的な俳優に転身するか、結婚して家庭的なイメージを前面に出してバラエティータレントを細々と続けるか、しか選択肢はなかった。その転身ができなかったアイドルは加齢とともに落ちぶれていくしかなかったのである。

 しかし、中居くんはそのどれでもなく、逆に「結婚無理」「恋愛気持ち悪い」とこじらせることで、「高齢アイドル」の新たなロールモデルをつくろうとしている気がするのだ。それは、10代のアイドルが恋愛のにおいを隠すのとはまったく意味がちがう。自らの男性性を消し去ってしまおうとするその姿勢は、むしろ、マツコ・デラックスに近いとさえ言えるだろう。たしかに、マツコになれば、年齢や性別を超越して、いくつになってもアイドルで居続けることができるのだ。

 しかも、この戦略はマーケティング的にも正しい。マツコに限らず、坂上忍や有吉弘行と、今、テレビ界を制圧している人気バラエティタレントはいずれも、普通の恋愛や幸せな家庭に背を向けた、孤独な私生活のにおいがする人物ばかりだ。

 みんなが孤独なこの時代、ほんとうの孤独を抱えた者だけが、大衆の嫉妬や反感を買うことなく、その存在を肯定され、その言葉を受け入れられる。ひょっとしたら、中居はそのあたりの時代の空気感も察知して、「結婚に向いていない中年」という「孤独」を演じているのかもしれない。

 中居正広という男が恐ろしくクレバーなのは、司会業における頭の回転の速さなどからも、誰もが認めるところ。それぐらいの時代の先読みはしていてもおかしくないだろう。 

 実際、中居は少し前、雑誌のインタビューでこの「結婚無理」というキャラが「ネタ」であることを認めている。

「女の子ネタを解禁した後、次のカラーは何か無いかと探していたとき、年齢も年齢だし、結婚かと」「アイドルというモテるジャンルなのに、女性を避けようとするんですよ。面白くないですか?」(「TVガイドPERSON」14年12月号/東京ニュース通信社)

 ただ、この「結婚できないこじらせ中年」というのは、まったくの嘘で演じられる話でもない。それがブランディングだとしても、現実に孤独な生活を強いられるし、事実、中居正広はどんどん本当に結婚からも恋愛からも遠ざかっていっている気もする。

 孤独を背負ってもなお「アイドル」をまっとうしようとしている中居正広は、はたして新しいロールモデルになれるのか。頭頂部にも目配りしつつ見守りたい。
(新田 樹)

最終更新:2015.12.22 12:57

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

私は貝になりたい―あるBC級戦犯の叫び

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『中居正広が結婚を考える夜。』でも全開!「結婚は無理」アピールは中居くんの周到なブランディングだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP中居正広編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
2 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 小室圭さんをとにかく糾弾したいワイドショーの事実歪曲とグロテスクな差別性
5 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
6 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
7 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
8 佳子内親王の「姉の一個人の希望を」に批判殺到はおかしい
9 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
12 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
13 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
14 大阪医療崩壊でも吉村知事が緊急事態宣言の要請を遅らせた理由
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
17 千原せいじの不倫をなぜか賛美するワイドショーの男尊女卑
18 佳子さまはなぜ学習院をやめたか
19 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
20 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
3 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
4 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
5 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
6 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
7 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8 投票呼びかけに松本人志が「軽い感じで行かれても」と投票抑圧発言
9 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
11 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄