パリ同時多発テロで右派が大ハシャギ! 日本会議の田久保忠衛は早速、戦争扇動、曽野綾子は「戒厳令は大歓迎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sonoayako_151125.jpg
曽野センセイも嘘だと言ってくれればいいのに……(『人は怖くて嘘をつく』曽野綾子/扶桑社)

 パリ同時多発テロで日本国内の右派が小躍りしている。

 たとえば、先日本サイトは、日本会議が主体となる1万人集会に安倍首相がビデオメッセージを寄せ、改憲への意気込み語ったことを伝えたが、パリ同時多発テロ発生後、その日本会議の会長・田久保忠衛の鼻息が荒い。

〈いつもながら、テレビの解説を目にしてうんざりした。中東専門家による、パリの惨劇は米仏などのIS空爆が原因との説明だ。テロには妥協の余地は全くない。9.11事件に見られたように北大西洋条約機構(NATO)は集団的自衛権の行使に踏み切り、米国を引きずり込まないと事態はさらに深刻になる。国際社会の総力による対決だ。それにつけても、戦後続いている日本の非力はますます鮮明になってきた。〉(産経新聞11月20日付「正論」より)

 ようするに、パリ同時多発テロをきっかけにして、集団的自衛権を絡めた有志連合による“対テロ戦争”を扇動。さらに「戦後続いている日本の非力」を強調し、右派の悲願である改憲と軍国化へ繋げようと躍起になっているのだ。

 他にも、中国・韓国へのヘイト本を多数執筆していることで知られる評論家の石平が、仏オランド大統領が憲法改正の方針を示したことを引き合いに出して、〈それに比べて、憲法の一条文を守ることだけを至上命令とする日本の一部政党と政治家はどれほど愚かで無責任なのか〉(18日、自身のツイッター)と国内の護憲派を批判するなど、当面、右派によるこの手の攻撃は続くだろう。

 もっとも、こうしたレベルの言説は容易に予想できたことでもあるし、実際に過去の記事でそう予言してきた。だがしかし、そんな本サイトですら「さすがにここまでとは……」と絶句せざるをえない保守派の重鎮がいた。そう、ご存知、曽野綾子大センセイである。

 このたび、曽野センセイが衝撃のトンデモ論をぶっ放したのは、産経新聞18日付紙面。今年2月にもアパルトヘイト肯定論を披露した連載コラムでのことだが、またぞろ得意の移民排斥か?と思いきや、そうではなく、むしろ今回はさらに斜め上をいく“アクロバット放言”だった。

 まず曽野は「非常時こそ見るべきものあり」と題し、パリ同時多発テロで〈私は日本人の反応に興味を持った〉と書き始める。そして、パリ行きの飛行機や旅行ツアーが次々にキャンセルされたこと自体は「常識」だとした上で、他方、〈仮にあの日、私が個人的にパリに行こうとしている旅行者だったら、決して予定を変更しなかったと思う〉と述べるのだが、続く文章が度肝を抜く。

〈若い時からそうだった。エボラのような強烈な感染症が出たのでもない。町中に放火・略奪・レイプなどを行う輩が跋扈しているわけでもない。いわば戒厳令に近い治安維持の警察だか軍だかが投入されたわけだから、こんな安全な時期はないのである。昔からわが家では、私が近々行くはずの外国に政変が起きて戒厳令が出ると、夫は喜んでくれたものであった。
「これでスリもコソ泥も減るから、安全になってよかったな」〉

 ……もう、困惑するほかない。文字通り捉えれば、曽野は非常事態宣言が発令中のパリを「こんな安全な時期はない」と言い切っているわけである。価値がいろいろと転倒しすぎていて、こっちの頭までおかしくなってしまいそうだが、マジで曽野はそんなことを思っているのだろうか?

 いや、曽野はむしろ、そう書くことで「戒厳令」を大いに評価しているわけだ。裏を返して“日本でも戒厳令を出せるようにしましょう”と主張していると見た方が正しいだろう。

 念のため言っておくが、戒厳令とはそもそも人々の権利や自由を大幅に制限して、行政や司法の統治機構を軍の支配下に置くことだ。逆にいえば戒厳令は、権限が飛躍的に強化された軍部の暴走、為政者による全権掌握の絶好の契機となる。にもかかわらず、曽野センセイは「戒厳令ってね、かえってスリがいなくなってよろしくてよ。オホホ」という調子のまま、こうお気楽に語るのだからヤバい。

〈戒厳令がある場合、騒ぎの中心部に行けなくなることと、夜半過ぎからの外出禁止令が施行されることが多いが、私はそんな時間まで飲んでもいないから別に困らない。夜通し話を聞きたい相手なら、最初からそのうちに泊めてもらうことにすればいいのである。〉

 あの、センセイ、これはパジャマパーティの話じゃないんだから。

 いやはや、こうしたテロ事件が起こるたびに、日本の右派は護憲派を“お花畑”と揶揄するが、これはどう見ても……である。いずれにせよ、パリ同時多発テロを利用した保守派による改憲・戦中回帰キャンペーンに決して騙されてはいけない。
(宮島みつや)

最終更新:2015.11.25 04:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

パリ同時多発テロで右派が大ハシャギ! 日本会議の田久保忠衛は早速、戦争扇動、曽野綾子は「戒厳令は大歓迎」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。テロリズム宮島みつやの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
2 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
3 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
4 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
7 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
8 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
9 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
10 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
11 安倍首相の1億総活躍社会はインチキ
12 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
13 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
16 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
1 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
7 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
8 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
9 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
10 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
11 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
12 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
13 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
14 夫婦別姓もLGBT法案も安倍晋三がツブした!
15 キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
16 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄