華原朋美が過去の男たちの酷すぎる仕打ちを告白! 小室哲哉の冷酷な別れ方、加護亜依元夫のDV、そして薬物…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kaharatomomi_01_140928.jpg
『華原朋美を生きる。』(集英社)

 今年デビュー20周年を迎えた華原朋美。5月にはかつての恋人である音楽プロデューサー・小室哲哉が作曲した新曲「はじまりのうたが聴こえる」をリリースしたほか、6月には2枚のベストアルバムを同時発売。さらには、10月からは音楽番組『音ボケPOPS』(TOKYO MX)にてMCにも初挑戦するなど、かなり精力的な活動を展開している。

 グラビアアイドルとしてデビューし、その後、小室哲哉に見いだされるかたちで歌手デビューした華原。それ以降、数度の活動休止と復帰を繰り返していたが、2012年の活動再開以来、精神的にも健康的にも万全に近い状態が続いているようだ。

 しかし、ここにくるまで、かなりの紆余曲折があったことは誰もが知るところだろう。そして、20周年メモリアル本として8月に出版された『華原朋美を生きる。』(集英社)では、その紆余曲折の裏側が著されている。

 歌手デビューする前の1994年ごろ、華原は「遠峯ありさ」の芸名でグラビアやバラエティ番組を中心に活躍していた。テレビのレギュラーなどもあり、当時のグラドルの中では売れっ子の部類に入っていたといえる。そんな華原をフジテレビの深夜番組『天使のU・B・U・G』で見て気に入った小室は、フジのプロデューサーを通じて自分が経営していた店「TJM」に呼び寄せる。このときの様子を、華原は同書でこう振り返っている。

「何かのイベントが催されていたのか、大勢の人でごった返すそこには、TRFのSAMさんやDJ KOOさん、それから『メンノン(メンズノンノ)』でよく見かけていたマーク・パンサーさんがいました」(以下、「」内は同書より)

 いきなりセレブなパーティー会場に足を踏み入れた華原は、すぐにファミリーの一員となる。小室は華原を頻繁にスタジオに呼び寄せるようになり、あっという間に恋人関係となる。

「同時に、あの野心満々の遠峯ありさという存在は、私のなかで薄れていきました。すでに生放送のレギュラーが決まってたんですが、たしか2、3回出演してやめることになったと思います」

 当時、華原はグラビアアイドルを多く抱えていた芸能事務所アバンギャルド(現・アヴィラ)に所属していたのだが、小室と恋人になるとすぐに当時の小室の個人事務所に移籍している。このとき、遠峯ありさがレギュラーを降りた番組はフジテレビ夕方の帯番組『今田耕司のシブヤ系うらりんご』。同番組のレギュラー陣は後に『めちゃ×2イケてるッ!』に出演しており、ここで小室と出会わなければ、遠峯ありさが『めちゃイケ』レギュラーになっていたというシナリオもあったのかもしれない。

 小室と交際している間は、ヒット曲も連発でとにかく絶好調だったが、別れはあまりにも呆気なく訪れる。華原はその瞬間をこう振り返っている。

「“華原朋美”のレコーディングと同時進行のプロジェクトはひっきりなしにあり、カリフォルニア州マリブの小室さんのスタジオには、さまざまな人が出入りしていました。そんなある日、突然、理由も伝えられないまま、私だけがホテルに移動しなければならなくなったんです。
 いつも通りレコーディングのためロスに呼ばれたはずなのに、誰も何も教えてくれないまま、気づけばひとりきり。味気ない食事をしてずっと待っていたけれど、結局、来てほしい人は来てくれませんでした」

 つまり、ロスでいきなり“放置”され、それがそのまま別れとなったということのようだ。ちなみに、このころ小室は、後に結婚することとなる吉田麻美とのユニット「TRUE KiSS DESTiNATiON」を結成。もしかしたら、華原との時間がそのまま吉田との時間に替わっていたのかもしれない。

「ただ、こうやって過去をたどってみると、あの『何でもない別れ』ほど悲しいものはなかった。それで人生が大きく変わってしまったのは事実です」

 その後の転落人生は、小室との別れがもたらしたものであると、華原はしっかり主張している。

「別れ話でお互いに傷ついたり、傷つけたりというプロセスを経ていないから、気持ちの行き場が見当たらない。立ち直り方がわからなかったというのが、正直な話なのです」

 と、小室との破局の苦しさを振り返る華原。そして、心の苦痛から逃れるため、華原は薬物にのめりこんでいく。

「もうその頃には、私は睡眠薬や精神安定剤が手放せなくなっていたのです。もちろん、正しく使えばまったく問題ないもの。でも、私は苦しさをなんとかしたいがため、そこに頼るようになっていったのです」

 所属事務所をプロダクション尾木に移籍した華原は、活動再開と休養を繰り返すこととなるのだが、ある男性との交際によって、さらなるどん底へと突き落とされる。

「心の置き場所や目標が定まらないまま30代を迎えた私は、また新しい恋をしたのです。ところがそれは、DVという過酷な現実の始まりでした」

 この相手とは、後に元モーニング娘。の加護亜依と結婚することとなる飲食店経営のA氏(現在は離婚)。この人物について華原はこう綴っている。

「その人は、いわゆる人の心を操る話術に長けていました。
『あ、私、この人のことがすごく好き』
 そうなったタイミングでDVは始まりました。でも、『好き』の気持ちが勝っているから、ちょっと優しくされると許してしまう。それを繰り返すうち、私はすっかり彼の術中にハマり、気づかぬうちにコントロールされてしまう人になっていたのです」

 暴力を振るった後に弱い姿を見せたり優しい言葉を掛けたりして、「この人は私がないとダメなの…」と思わせるという、DV男の典型ともいえるA氏のやり口。小室との恋愛や華々しい芸能界での成功が忘れられず、心にポッカリと穴が空いたままの華原を騙すには、この程度の方法で十分だったのだろう。

 そして、問題はDVだけではない。一旦は抜けることができていた薬物依存の生活に再び堕ちていくのだ。

「DVを受けたことで不安が募り、また彼が常に安定剤を持っていたことから、私も眠れないことを理由に手を出してしまった。そこからまた薬への依存が始まるのです」

 そんな華原は、出演予定だったスペシャル番組をドタキャンする騒動を引き起こす。これまで同じようなことを繰り返していたこともあり、ついに所属していたプロダクション尾木から契約を解除されてしまうのだ。

 これでやっと現実をつきつけられた華原。その後、兄の助けを借りて、薬物依存症の治療に入った。山あり谷ありの華原の芸能活動だが、その後半のほとんどは薬物依存と戦っていたこととなる。

「私はうながされるまま病院に行き、ドアノブのない部屋で、薬物依存という自分の現実と向き合うことになったのです」

 ここで気になるのが、その薬物の違法性だ。『華原朋美を生きる。』ではこんなことが書かれている。

「一番上の兄は、いつも怒っていました。私がしでかすことに憔悴しきっていた母を、私から引き離そうとしていた時期もありました。
『逮捕されないとわかっているからタチが悪い。逮捕されちゃえばいいんだよ』
 そう正面から苛立ちをぶつけてくることもありました」

 ようするに、逮捕されない合法的な薬物だったからこそ、なかなか断ち切れなかったということらしいのだが、それでも、違法薬物に手を出さなかったのは、不幸中の幸いだった。

 そして、華原は2カ月ほど閉鎖病棟に入った後、父が住むフィリピンで療養生活を送り、見事に復活する。12年12月にはプロダクション尾木と再契約。芸能活動を本格的に再開。その後の活躍ぶりは今更説明するまでもないだろう。

 もっとも恋愛のほうは、作家の竹田恒泰氏からラブコールを受けたこともあったが交際には至らず、さらに最近ではプロレスラーの本間朋晃がラブコールを送っているが、こちらもまったく届きそうにない雰囲気だ。幾度となく恋の噂が出るものの、A氏以降は本格的な交際報道がないままである。

 ただ、こうやって過去と向き合っている彼女を見ていると、この先、新しい恋をしたとしても、もう男性に人生を狂わされることはないだろう。朋ちゃんには、ぜひとも公私両面で幸せになっていただきたい。
(田中ヒロナ)

最終更新:2015.09.29 01:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

華原朋美を生きる。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

華原朋美が過去の男たちの酷すぎる仕打ちを告白! 小室哲哉の冷酷な別れ方、加護亜依元夫のDV、そして薬物…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグプロデュース田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ジャパンライフと安倍政権の関係!首相側近や田崎史郎が広告塔に
2 金平茂紀と室井佑月が語るテレビの現実
3 韓国に敗訴WTO判決で安倍政権が嘘の説明!
4 秋篠宮家の料理番がブラック告発
5 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
6 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
7 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
8 NGT事件でNHK新潟が秋元康の責任に踏み込んだ
9 安倍の吉本新喜劇出演をウーマン村本と星田英利が批判!
10 安倍政権が公的資金投入「国策企業」が中台企業の傘下に
11 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
12 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
13 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
14 安倍の「我が軍」で人殺し訓練が始まった
15 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
16 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
17 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
20 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
1 国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2 安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3 石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4 忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5 安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6 安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7 上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9 イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10 野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12 維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13 中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16 菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17 ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18 「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19 衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄