子供たちの活躍の裏で…前妻が明かした松田優作の在日差別への恐れと日本国籍への執着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsudayuusaku_01_150613.jpg
名優・松田優作の知られざる苦悩とは…(『探偵物語』Blu-ray BOX/東映株式会社)

「松田優作の長女Yukiが6月3日CDデビュー」「年齢非公開、謎のベールが明かされる!?」

 先日、芸能マスコミが故・松田優作の長女のデビューを大きく報じた。父だけでなく母は女優の松田美由紀、2人の兄も松田龍平と翔太という人気俳優。カリスマ俳優の末っ子のデビューは話題性抜群だった。

 しかし、この報道に異論を唱えた人物がいる。松田優作の最初の妻で、小説家・ノンフィクション作家の松田美智子だ。

「優作の長女は正確にいえばYukiさんじゃありませんよね。優作にとっての長女は私の娘で、Yukiさんは次女でしょう。ただ彼女(美由紀)と築いた家庭では長女になるでしょうから、そういった意味での“長女”という表現ならわかりますが」(「女性セブン」小学館/6月4日号より)

 美智子と優作は1975年に結婚、翌年に娘が生まれている。ところが、1980年に優作は当時18歳だった新人女優・熊谷美由紀(旧姓)と不倫関係になり、美智子と別れて美由紀と再婚した。美智子はいわば、美由紀に夫を“略奪”された立場であり、“松田優作の長女”とは当然、自分の娘のことだ。こうした事情を無視してYukiを長女とする報道が歯がゆかったことは想像に難くない。

 しかし実は今回とは逆に、美智子が美由紀を激怒させたといわれる事件が過去に起こっていた。

 それは美智子が2008年に出版した手記『越境者 松田優作』(新潮社)をめぐってのものだった。そこには、彼女が松田優作と出会って、結婚し、優作が妻子を捨てて美由紀との新しい生活を選び、病に倒れるまでの一部始終が克明に描かれている。甘え、苦悩、弱さ、そして暴力……そこに描かれている優作の姿はあまりに生々しい。

 それは、優作と美由紀との不倫関係についても同様で、こんな記述がある。

〈昭和五十五年八月上旬、その日は私の三十一回目の誕生日だった。
 「カントとか哲学書を読んでいるんだ。十八歳で哲学を語るんだぜ、すごいよなぁ」
 彼女への賛美の言葉を聞いたときに気づくべきだったのに、私は鈍感だった。〉

 その前年から放映されていた『探偵物語』で優作は美由紀を気に入り、共演していた。美由紀は仲間と一緒に自宅に来たこともあった。ソファーに美由紀と優作が隣あって座り、小説の話をしていた。しかし実はその小説は美智子が優作に勧めたものだった。2人の小説の解釈がズレていた気がした美智子はそれを口にした。

〈私の言葉を聞いた二人は、顔を見合わせた。
 ほらな、つまらないことをいう女だろう?
 そのとき、はっきりわかった。優作はついに、私の評価も変えてしまったのだと。〉

 略奪された前妻が書いたリアルすぎる描写。しかし実は美由紀を激怒させたといわれるのは、こうした部分ではなかった。それは優作の“出自”に関するものだったのではないかと言われている。

 実はこの『越境者』が刊行される17年前、美智子は同じく優作との関係を綴った本を出版している。『永遠の挑発 松田優作との21年』(リム出版)だ。『越境者』はこの前作をベースに大幅に加筆したものだが、その加筆部分こそ優作の出自に関するものだった。

 物語は優作と美智子が同棲を始めて半年ほどだった昭和44年に遡る。上京してきた母親は美智子の部屋で男の影を察知したようで、しばらくすると今度は叔父が上京してきた。

〈母が見つけた身分証明書をもとに、優作の身上調査を済ませたという。(略)彼が私生児であること、実家が女郎屋のような商売をしていて、警察沙汰になったこともあるなど、家庭事情が語られ、国籍も日本ではなく韓国だと告げられた。〉

 驚いた美智子だったが、しかし思い当たる節があった。優作は美智子に何度も「本当のことを知れば、おまえは俺から、逃げていくだろう」とつぶやくように言っていたからだ。優作は「なにごとであろうと俺を信じ、全てを受け入れるか」といった美智子を試すような言動もしていたという。

 今では少なくなったが、当時はまだ見合い結婚が主流で、そのためお互いの身元調査をすることが珍しくなかった。そして在日韓国、朝鮮人に対するいわゆる在日差別も激しかった時代だ。

 しかしこの時、美智子は思った。

〈子供の頃から偏見に晒され、屈辱的な思いを味わってきた彼を想像すると、いとおしいと思う感情が募った。〉

 美智子はこのことを優作には伝えず、同棲生活を続けた。その後昭和48年には『太陽ほえろ!』のレギュラーが決まったが、その頃、優作の長兄が自宅にやってきた。美智子が休む部屋の隣で兄弟はボソボソと話をした。その時こんなやり取りが聞こえてきたという。

〈「兄ちゃん、国籍のこと話したのか!」
 「いいや、わしが話す前に、うちのこと全部知っとったぞ」〉

 この時、美智子は優作に怒られると思ったという。しかし優作が取った行動は意外なものだった。長兄が引き上げた後、美智子の寝室に入ってきた優作は美智子を起こしてこう言ったのだ。

〈「知ってて、それでも、一緒にいてくれたのか……」 
 両手で引き寄せられ、力強く抱きしめられた。泣いてはいなかったけれど、優作が涙ぐんでいるのがわかった。くぐもった声で、彼は繰り返した。
 「ありがとう、ありがとう」〉

 自分が在日だというだけで、そのことをもし相手に知られたら、愛する人が自分の元を去ってしまう。優作は自分の出自に関し、そんな恐怖、恐れを抱いていた。人間性ではなく、出自が違う。それだけで差別され、虐げられてきた体験が優作にあったということだろう。

 その後、スターの階段を駆け上っていく優作だが、それとともに、顕在化してきたのが日本国籍を取得したいという気持ちだった。もちろんその理由は“差別”だ。

「彼が私との同棲中に『お前の家の養子にしてくれ』と頼んだのは、日本国籍を取得したいという強い希望があったからだった。在日というだけで差別され、色眼鏡で見られる状況から、なんとかして抜け出したいとあがき続けていた」

 そして『太陽にほえろ!』に出演する優作の評価が上がるのと同時に、優作は考え込むことが多くなった。そして美智子にこう言った。

「どうしても日本国籍に帰化したい。協力してくれないか」

 帰化するためには膨大な量の書類の提出が義務付けられている。そのなかでも優作は“日本人になる動機”についての文章に一番時間をかけた。

〈僕は今年の7月から日本テレビの『太陽にほえろ!』という人気番組にレギュラーで出演しています。視聴率は子供から大人までと幅広く、家族で楽しめる番組です。僕を応援してくれる人も沢山できました。現在は松田優作という通称名を使っているので、番組の関係者にも知られていませんが、もし、僕が在日韓国人であることがわかったら、みなさんが、失望すると思います。特に子供たちは夢を裏切られた気持ちになるでしょう。〉

 美智子はこれを読んで泣き出しそうになったというが、それも当然だろう。在日だと知られたらみんなに失望され、子供の夢を裏切ってしまう。こんな思いを優作に抱かせたのは誰なのか。それは日本で生まれ、日本国籍を持ち、自分たちこそ日本人だと胸を張る、すべての日本人だ。

 最近、通名が在日特権だなどという無神経なヘイトデマを平気で口にする輩がいるが、この松田の文章を読めば、国籍だけで差別され蔑まされた在日の人々がその出自を隠し、通名を使わざるをえなかったことがよくわかるはずだ。

 しかも、この差別の構造はそれから40年以上が経った現在も、変わっていない。いや、それどころか、嫌韓ブーム、在特会やネット右翼によるヘイトスピーチ、安倍政権発足後の日本全体を覆う排外主義的空気によって、それはさらに強化されているといっていいだろう。

 松田龍平と翔太、Yukiの母親である美由紀が先述したように、優作の出自を一方的に公にする行為に不快感を示したとすれば、その背景にはやはりこうした差別構造があったのではないだろうか。社会全体の在日に対する偏見が強まり、芸能界でも在日バッシングが広がるなか、この告白によって子供たちがいわれなき差別をうけることに懸念を抱いたとすれば、それは母親として当然の感情だろう。

 優作は膀胱ガンにより40歳の生涯を終えてから26年。日本人は松田優作という俳優が受けた「心の傷」に向き合って、そこからもう一度、差別がいかに残酷で人を追いつめるかということを学び直すべきではないのか。
(伊勢崎馨)

最終更新:2015.06.15 11:46

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

松田優作クロニクル

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

子供たちの活躍の裏で…前妻が明かした松田優作の在日差別への恐れと日本国籍への執着のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2 極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
3 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
4 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
5 極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)
6 泉ピン子“五輪聖火リレー検討委”の裏
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
9 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
10 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
11 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
12 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
13 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
14 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
15 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
16 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
17 昭和の名作裏ビデオ史
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 安倍晋三「桜前夜祭」事件で秘書が「違法性を認識していた」と供述!
20 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
1 桜前夜祭で安倍事務所が有権者に大量の酒、サントリーが無償提供
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄