シンクロ日本代表選手はなぜAV女優になったのか!? 元アスリートを狙うAV業界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
katahiraakane_150218.jpg
MUTEKI公式サイトより


「女柔道家VSレイプ魔」「全裸バレエ」「あの伝説の本物空手チャンピオンがデビュー!」……。

 AVのいちジャンルとして確立しているアスリートモノ。プロ顔負けの技を魅せつつ、最終的には犯される彼女たちは、まさか“本物”のはずがなかった。たいていは営業時の面接で、特技欄を埋めたスポーツ名をチェックされ、「じゃあ柔道モノできる?」「バレエ歴10年なんだ、プロレベルじゃん」「県大会出たことあるんだ? 世界チャンピオンってことにしちゃおうか、どうせ分からないし」なんてやりとりがあるかは分からないが、とにかく“設定”を被せられてデビューする、企画物女優たちである。

 しかし、今年1月1日に「MUTEKI」からAVデビューしたアスリート「シンクロ元日本代表・片平あかね」は、“本物”だった。

 昨年末から「あのシンクロ日本代表選手が脱いだ!」など、男性週刊誌の袋とじでヌードグラビアを披露すると、その“本物”の風格漂わせるゴージャスボディが瞬く間に話題となる。

 当然、ネットを中心に正体探りがスタートするが、“本物”だからこそすぐに発覚してしまう。本名で検索すると、「世界水泳選手権日本代表」として「出身県知事を表敬訪問」したなどの情報が簡単に発掘できるレベルだ。

 アスリートとして超有望だった彼女がなぜ、AVの世界に足を踏み入れたのか。インタビューで彼女は、こう答えている。

「世界大会という大舞台を経験したものの、その後、オリンピックへの出場が果たせなかったこともあり、進むべき道を見いだせずにいたんです。(中略)容姿、技量を含めコンプレックスの塊でした。競技をやればやるほど周囲と自分を比較してしまい、どんどん自分を嫌いになってゆく……」(「週刊現代」14年12月27日号)

 引退を決意した彼女が見つけた転職先は、普通のOLだった。

「何の不満もない生活を送ってましたが、平穏すぎる毎日にどこか満たされない自分がいて」(「日刊SPA!」15年1月17日付け)

 同時に蓄積されたのは、テレビで活躍する先輩アスリートたちへの羨望だったようだ。

「水泳界を引退した後に、タレント活動をされている先輩をうらやましく思っていました」(「週刊現代」)
「もともと『人と違ったことがしたい』『目立ちたい』という思いでシンクロを続けてきたから、その気持ちは強まるばかり」(「日刊SPA!」)

 そんなとき、タイミングを見計らったように知人のつてで現れた”芸能関係者”の話を聞き、彼女はOLを辞める決断をしたという。いざ芸能界デビュー、と思いきや、そうではなかった。なぜか、

「自分にあるものといえば、シンクロで鍛えた肉体です。だから、それを披露するということは、わたしにとって自然に出た答えだったと思います」(「週刊現代」)

 と、すんなりとヌードを決意したかのような心情が描かれている。さらにAVデビューへの決意では、

「もちろん葛藤がありました。正直なところ、AVには以前から興味があったし、セックスも興味がないほうではないので(笑)」(「週刊現代」)
「私の性癖なんですけど、恥ずかしい思いをしたいっていうのがどこかにあって。(中略)19歳のとき初めて『気持ちいい』と感じた男性とのセックスは、『足がすごく開いてエロい女だな』とか(中略)淫語をかけられながらバックでガンガン突かれて、凄く濡れちゃったんです。(中略)『AVの現場だったら、その彼よりうまい男優さんから、みんなが見てる前で、もっと虐められる』って思うとたまらなくなって。その好奇心が決め手になったのかなと」(「日刊SPA!」)

 と、男性読者へのサービス精神が溢れる。

 対照的なのが、日本代表選手時代に抱えたコンプレックスについての話ぶり。対照的な仄暗さを漂わせているのだ。

「みんなすごい子ばかりでした。(中略)だからわたしはどこがいいんだろう、とずっと思い続けていました。ましてや海外のトップ選手なんて観たら、落ち込むことだらけなんです。身長、美貌、身のこなし……。演技だけじゃなく、プライベートでも自信満々で、もう水に入る前から精神的に完敗でした」(「週刊現代」)

 そんな話のあとで語る、「今後やってみたいプレイ」が、「襲われる感じのSEX。襲われながら、何度も何度も果ててみたい(笑)」(「週刊現代」)なのだから、自罰的な自暴自棄感も否めない。

 しかし彼女は、「誰も真似のできないことをやる。そうやって、いつかはオンリーワンになりたい」(「週刊現代」)と、シンクロ時代に成就出来なかった想いを、AVで昇華しようとしている。

 とあるAVプロ関係者が言う。

「挫折を経験したアスリートほど、入り込む余地のある人間はいない」
 
 芸能人が次々とデビューしてしまい、もはや「国民的アイドルはAV女優製造工場」とも言われ、一段落した感すら漂う芸能人モノ。次にAV関係者たちが狙っているのは、本物アスリートなのかもしれない。
(羽屋川ふみ)

最終更新:2015.02.18 11:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Mermaid 片平あかね1st写真集

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

シンクロ日本代表選手はなぜAV女優になったのか!? 元アスリートを狙うAV業界のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アスリート性教育羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹、高須克弥も
2 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
3 立川志らくが古典落語で「日本人かてめえ」ヘイト、反論も酷い
4 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 TBS宇垣アナが夫婦別姓反対派を一蹴
7 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
8 河井案里議員の「安倍マネー1億5千万円」はやっぱり違法
9 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
10 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
11 安倍首相トンデモ答弁「ログ開示はセキュリティ上問題」に政府ぐるみで追随
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
14 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
15 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
16 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
17 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
18 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
19 夫婦別姓攻撃ヤジは杉田水脈か!「夫婦別姓はコミンテルンの陰謀」と主張も
20 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄