役者が血尿、電車に飛び込みそうに…本谷有希子の劇団でのキチクぶりがスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
jibunwosukini_01_150131.jpg
『自分を好きになる方法』(講談社)

 昨年、『自分を好きになる方法』(講談社)で三島由紀夫賞を受賞した作家の本谷有希子。アニメ『彼氏彼女の事情』で声優デビューしたり、『本谷有希子のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でブレイクするなどマルチ活躍で知られるが、もともとは劇作家・演出家。2000年に、20歳という若さで、専属の俳優を持たず、毎回役者が全て入れ替わるというユニット形式の「劇団、本谷有希子」を旗揚げして注目を集めた。

 その本谷が、『新潮45』(新潮社)1月号で、やはり劇団「鉄割アルバトロスケット」を主宰する戌井昭人と対談。劇団立ち上げの頃の思い出話を語っているのだが、そのキチクっぷりがちょっとした話題になっている。

 まず、劇団を立ち上げる際の資金集めだが、本谷は「祖母にせびりました」とあっさり。

「これ言うと同期の劇団主宰者に少しひかれるんですけど(笑)。でも、おばあちゃんは私のことを溺愛してくれてたんです。(略)その後も、頭金とか必要になると、せびりました(笑)」
「芸術には、パトロン制度は当たり前だって言い聞かせてたかな(笑)」

 おばあちゃんがパトロン……これだけでもなかなかなエピソードだが、本当にキチクなのが、役者の扱いだ。

 まず「旗揚げ時、役者に出演料は払えたんですか?」という問いには、2人とも声を揃えて「まさか!」と即答。本谷は「何であげなきゃいけないの?」と続け、戌井に至っては「逆に俺にくれよって思ってた」と語っている。

 稽古での追いつめ方もなかなか凄まじい。本谷は以前の自分の演出のやり方をこう振り返る。

「最初の頃は常軌を逸してたかも。稽古中も、じーっと俯いて脚本だけ見て、役者の方を一瞥もせずに「そこ違う」ってダメ出ししてた。「せめてこっち見て言ってくれ」って役者に懇願された。」
「私、前半は演出家として役者にとって怖かったと思う。役者が血尿出したり、女優なのに円形脱毛症で髪が抜けたりしてたから。」

 しかも、情緒不安定な人に「しんどくて電車に飛び込みそうになりました」と言われたエピソードも公開。戌井が「まあ、本当に死なれちゃうと嫌だけど」とフォローしても、こう返すのだ。
 
「でもさ、どっかで何とも思わない自分もいない?」

 こうしたシビアさは公演中にも発揮されるようで、毎回客席の後ろで観ている本谷。本番中にも楽屋に乗り込んで「何であんな女優演技すんだ! 何してくれんだ!」とダメ出し。常連の役者から「役者が混乱するから」「本番中に本谷のこと、考えたくない」と楽屋への出入り禁止を言い渡されたこともあるという。それで、しようがなくノートを付けながら観ていたら、役者の演技が嫌で自分でも気づかないうちに6頁にわたって「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ止めろ止めろ止めろ止めろ止めろ止めろ」とびっしり書き殴っていたこともあるらしい。

 とにかく自分の作品世界を守ることが最優先で、役者はそのためのモノ扱いという感じだが、本谷自身「最初、役者を人として見てないんだよね。演出家って嫌な人多いのかも(笑)」とそのことを認めている。

 やはり、どこかに人を人とも思わないような狂気がなければ、表現者として新しいものをつくれないということなのだろう。実際、本谷にかぎらず、劇作家にはこういうタイプは多く、戌井も劇団を始めた頃に「俺がやりたい事をやるから、君たち、演技とか考えないでね」とまで言っていた事を明かしている。

 ところで、そんな本谷も最近は「感謝が分かってきた」らしく、今の自分と怖かった頃の自分が「自分の中でつながらない」という。そして、「でも、演出家としては、人のことを一切考えなかった頃、好き勝手わがまま言ってまわりを振り回していた時の方が、よかったかもしれないと思うこともある」と感想を語る本谷。

「演出家たるもの、役者やスタッフに『殺してやりたい!』って思われるくらい横暴じゃないとね、って思うことはあります」

 いや、編集者に聞くと、本谷さん、小説家としては「かなりメンドくさい」という評判もあるので、まだまだ大丈夫だと思うのだが……。
(島原らん)

最終更新:2017.12.09 05:13

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

自分を好きになる方法

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

役者が血尿、電車に飛び込みそうに…本谷有希子の劇団でのキチクぶりがスゴい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。島原らん文学本谷有希子演劇芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 あいトリの補助金取り消した文化庁・宮田長官がAPA代表とヨイショ対談!
2 菅原経産相のカニ・メロンばらまき疑惑に新証拠もテレビはスルー
3 安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣の詐術と本当のシナリオ!
4 東京五輪がIOCにマラソン札幌開催を提案されるお粗末
5 安倍政権が参院選終わった途端“ホルムズ海峡への自衛隊派兵”
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 台風被害で後手後手も安倍首相は自治体任せで知らんぷり
8 「安倍政権が八ッ場ダムを復活させ氾濫防いだ」のデマ拡散
9 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
10 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
11 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 安倍首相が台風被害拡大の中「ラグビー」勝利に大はしゃぎツイート
14 内閣府がアパの右派活動を公益目的事業に
15 「表現の不自由展」再開で立川志らくと竹田恒泰が“小学生以下”妄言
16 台東区ホームレス排除で跋扈する差別にウーマン村本が反論
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
18 安倍政権「韓国ホワイト国除外」に快哉叫ぶマスコミ、八代弁護士は
19 「ノーベル賞は日本人ではありませんでした」報道で露呈したもの
20 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄