役者が血尿、電車に飛び込みそうに…本谷有希子の劇団でのキチクぶりがスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
jibunwosukini_01_150131.jpg
『自分を好きになる方法』(講談社)

 昨年、『自分を好きになる方法』(講談社)で三島由紀夫賞を受賞した作家の本谷有希子。アニメ『彼氏彼女の事情』で声優デビューしたり、『本谷有希子のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でブレイクするなどマルチ活躍で知られるが、もともとは劇作家・演出家。2000年に、20歳という若さで、専属の俳優を持たず、毎回役者が全て入れ替わるというユニット形式の「劇団、本谷有希子」を旗揚げして注目を集めた。

 その本谷が、『新潮45』(新潮社)1月号で、やはり劇団「鉄割アルバトロスケット」を主宰する戌井昭人と対談。劇団立ち上げの頃の思い出話を語っているのだが、そのキチクっぷりがちょっとした話題になっている。

 まず、劇団を立ち上げる際の資金集めだが、本谷は「祖母にせびりました」とあっさり。

「これ言うと同期の劇団主宰者に少しひかれるんですけど(笑)。でも、おばあちゃんは私のことを溺愛してくれてたんです。(略)その後も、頭金とか必要になると、せびりました(笑)」
「芸術には、パトロン制度は当たり前だって言い聞かせてたかな(笑)」

 おばあちゃんがパトロン……これだけでもなかなかなエピソードだが、本当にキチクなのが、役者の扱いだ。

 まず「旗揚げ時、役者に出演料は払えたんですか?」という問いには、2人とも声を揃えて「まさか!」と即答。本谷は「何であげなきゃいけないの?」と続け、戌井に至っては「逆に俺にくれよって思ってた」と語っている。

 稽古での追いつめ方もなかなか凄まじい。本谷は以前の自分の演出のやり方をこう振り返る。

「最初の頃は常軌を逸してたかも。稽古中も、じーっと俯いて脚本だけ見て、役者の方を一瞥もせずに「そこ違う」ってダメ出ししてた。「せめてこっち見て言ってくれ」って役者に懇願された。」
「私、前半は演出家として役者にとって怖かったと思う。役者が血尿出したり、女優なのに円形脱毛症で髪が抜けたりしてたから。」

 しかも、情緒不安定な人に「しんどくて電車に飛び込みそうになりました」と言われたエピソードも公開。戌井が「まあ、本当に死なれちゃうと嫌だけど」とフォローしても、こう返すのだ。
 
「でもさ、どっかで何とも思わない自分もいない?」

 こうしたシビアさは公演中にも発揮されるようで、毎回客席の後ろで観ている本谷。本番中にも楽屋に乗り込んで「何であんな女優演技すんだ! 何してくれんだ!」とダメ出し。常連の役者から「役者が混乱するから」「本番中に本谷のこと、考えたくない」と楽屋への出入り禁止を言い渡されたこともあるという。それで、しようがなくノートを付けながら観ていたら、役者の演技が嫌で自分でも気づかないうちに6頁にわたって「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ止めろ止めろ止めろ止めろ止めろ止めろ」とびっしり書き殴っていたこともあるらしい。

 とにかく自分の作品世界を守ることが最優先で、役者はそのためのモノ扱いという感じだが、本谷自身「最初、役者を人として見てないんだよね。演出家って嫌な人多いのかも(笑)」とそのことを認めている。

 やはり、どこかに人を人とも思わないような狂気がなければ、表現者として新しいものをつくれないということなのだろう。実際、本谷にかぎらず、劇作家にはこういうタイプは多く、戌井も劇団を始めた頃に「俺がやりたい事をやるから、君たち、演技とか考えないでね」とまで言っていた事を明かしている。

 ところで、そんな本谷も最近は「感謝が分かってきた」らしく、今の自分と怖かった頃の自分が「自分の中でつながらない」という。そして、「でも、演出家としては、人のことを一切考えなかった頃、好き勝手わがまま言ってまわりを振り回していた時の方が、よかったかもしれないと思うこともある」と感想を語る本谷。

「演出家たるもの、役者やスタッフに『殺してやりたい!』って思われるくらい横暴じゃないとね、って思うことはあります」

 いや、編集者に聞くと、本谷さん、小説家としては「かなりメンドくさい」という評判もあるので、まだまだ大丈夫だと思うのだが……。
(島原らん)

最終更新:2017.12.09 05:13

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

自分を好きになる方法

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

役者が血尿、電車に飛び込みそうに…本谷有希子の劇団でのキチクぶりがスゴい!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。島原らん文学本谷有希子演劇芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
10 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
11 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
14 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
1 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄