アカハラも奨励! 80股・岡田斗司夫“ゲス”の秘密を10年前の著書で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okadatoshio_01_150121.jpg
『東大オタク学講座』(講談社)

 昨年の大晦日に“愛人”とのキス写真がFacebookで公開されたことから勃発した、岡田斗司夫をめぐる騒動。ついには先日、肉体関係をもった女性たちをこと細かに格付けした、ジェームス三木の「春の歩み」を彷彿とさせるリストまで流出。リストに記された女性たちのなかにはコラムニスト・犬山紙子と思しき人物(本人は否定)のほか、アイドルの歌唱指導者として活躍する者、さらには岡田が客員教授を務める大阪芸術大学の在学生なども含まれていたが、岡田はこれについて昨日20日に「ほとんどは私が、仕事で会っただけの女性に対する妄想を書いたものです」と釈明した。

 岡田の「実在の人物を元にした創作」という苦しすぎる言い分を信じたとしても、女性ごとに「美少女・美形度」「床上手・名器度」などをA〜C判定でランク付けするというゲスっぷりにはただただ閉口するしかないが、この騒動の発端となった女性の暴露に対する対応でも岡田の非情さは滲み出ていた。当初、女性が公開したキス写真に対し、岡田は「当たり前ですけどニセ写真です」と否定。ところが1月9日になってYouTubeの動画で「基本的には全部本物なんですね」と認め、現在9人の女性と交際していること、そして過去には80股をかけていたことを告白。「ニセ写真」と嘘をついたことを謝罪するでもなく、さらにはドヤ顔でモテ自慢を始めたのだ。

 たしかに岡田はバツイチの単身者であるし、どれだけの人数の女性と交際していようとも罪はない。もっといえば、たとえ岡田が既婚者で不倫だったとしても、本サイトとしては咎めるような話ではないと考えている。ただ、例のリストが「創作」ではなく本物だとしたら、見逃せないのは教え子と関係をもっていると思われる点だ。教え子のほうからアプローチしていたとしても、教職という権力をもった立場にある以上、性的な関係を結ぶことはパワーハラスメントと見られてもしかたがない。しかも、こうした立場にあることに岡田はまったく無頓着で、逆に“学生は食い放題”と考えていた節さえあるのだ。

 それは、2003年に発売された岡田の著書『恋愛自由市場主義宣言!』(ぶんか社)にある、こんな記述に顕著だ。モテないと嘆く男性に対し、岡田は後天的に手に入れられるモテる方法を伝授するのだが、その内容がこれ。

〈それは金と社会的地位。そして、もっと強いオールマイティカードは「女性に教える先生になる仕事につく」。これです〉

 到底、教壇の上に立つ人間が発する言葉とは思えない倫理観のなさ。流出したリストでも、関係をもった学生から「こんなことしてエエと思てんのか」と罵倒されたことを明かして「まぁ言いたいだけ言わせたし、もうやることはやっちゃったわけだから、これ以上追いかける意味はないし」「「若い子は騙して抱いて、終わったら捨てろ」というのが僕の中の法則みたいですね。それ以上の値打ちはないような気がするなぁ」などと記載しているが、創作だとしてもあまりにひどい話だ。だが、岡田が出してきた恋愛本を読むと、彼が女をモノとしか見ていないことがよくわかる。

 じつは、前述した本にも書いているように、岡田は以前から〈何人かの人を同時に好きになることも大いにあります。恋人や配偶者のいる人を好きになってもかまわないし、アタックすることもOKです〉〈適度なセックスを、一人だけと決めつけずに柔軟に考えていくことで、より豊かになれるのです〉と主張してきた。とくに女性向けの恋愛本では、社会が女性に押し付ける結婚や貞操観念を破ればもっと自由に生きられると指南している。もちろん、それ自体はもっともだと思うのだが、奇妙なのは、やたらと年上の男との交際を推奨していることだ。

〈既婚者の方が、余裕もあれば、話もおもしろいよ〉
〈すでに成功している奴とつきあえばいい。別に彼女がいたって奥さんがいたって、あなたにとっては「愛人」なんだからかまわないでしょ〉
〈子育て経験者なら、甘やかし方もうまいし、つまんない相手の話を聞いてやるという技も身につけてる。それって、幸せ感を与えてくれる男になる〉(現代書林『30独身女、どうよ!?』より引用)

 ……子育て経験者が幸せ感を与えるという謎の理論も気になるが、〈つまんない相手の話を聞いてやる〉という上から目線もすごい。読者ターゲットは30代の女性にもかかわらず、この配慮のなさはどうなのか。こうした部分にも女を下に見ている岡田の態度が透けて見えるが、さらに岡田の本性が露呈しているのは、この記述だ。

〈男はね。理想の女というと「金がかからない、手間がかからない」〉
〈もう、月にキュウリ1本で食っていくような女。金かからないよ。ようするに、実用品。電気代が安くて、カサ張らなくて、家電みたいな女がいい。性能がよくて、友達にも自慢できて〉
〈23までが「賞味期限」で、28までが「消費期限」〉(同上)

 一応、これらの言葉は“一般の男の本音”という建前で語られているが、岡田自身の本音でもあるのだろう。そう断言できるのは、岡田がこんなめちゃくちゃな提唱を行っているからだ。

〈セックスとか男の人と一緒に住むのにお金を貰わないという生き方は、そういう信念がある人だけがやって、普通の女の人はみんな風俗やる。それも風俗という意味をどんどん下げていって、1万円貰ったからフェラチオしなくちゃいけない、じゃなくて、お茶を奢ってもらったから今日は400円浮いたとか、それでもういいんじゃないかと〉(前出『恋愛自由市場主義宣言!』より)

 そもそも、つきあった女性の告白を「ニセ写真」と嘘の言い訳をし、女を格付けし、80股をかける岡田にとって、“恋愛”とはいったい何なのか。このことの答えも、じつは著書のなかに記されている。そう、岡田の恋愛とは、〈女遊びとか女が欲しいとかいう感覚がわりと近い〉だけなのだ。

〈で、じゃあ女の人がいう恋愛のやり取りとかは誰とやるのって言ったら、男同士の仲間でやるの。嫉妬したり、認められたいと思ったり、そういうのって男同士でやるのよ。仕事で〉
〈元々女性の内面に惹かれる男はいないんだよ。男心に男が惚れてはあるけど、女心に男が惚れてなんて言葉はないんだよ〉(同上)

 女性には“もっと自由に生きられる!”と聞こえのいい言葉で性の解放を謳いながら、その内容はおっさんにとって都合のいい女を量産したいだけ。女はセックスの相手でしかなく、その本質はたんなるミソジニーとホモソーシャルでできあがっている。「恋愛自由市場主義」などとさも新しい概念を装って振りかざしているが、旧来通りの女を見下した思想ではないか。彼の主張を突き詰めれば、結局は岡田にとって利益のある話でしかないのだ。

 この構図は、岡田が主宰する組織「オタキングex」と同じだ。これは、「社員」と呼ばれる会員が年間12万円もの金額を「社長」たる岡田に支払い、その金によって岡田は自由な作家・評論活動を行うというもので、このシステムを岡田は「FREEex」と呼び、貨幣経済社会から評価経済社会への移行を目指すという。しかし、社員が得られるのは専用のSNSに参加できる権利や、岡田の執筆・講演会などを補助できる権利という内容。岡田からさまざまなノウハウが得られるという謳い文句だが、要は岡田が出版や講演会活動を円滑に行うためにラクをするシステムにしか見えない。

 岡田が口だけで人を動かし生きてきたことは島本和彦の『アオイホノオ』(小学館)を一読するだけでも理解できるが、今回の騒動で、どれだけ化けの皮がはがれるのか。ともかく、岡田の恋愛指南ほど信用できないものはない、ということだけは断言しておこう。はっきり言って、クズだよあんた!
(田岡 尼)

最終更新:2017.12.09 05:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

アカハラも奨励! 80股・岡田斗司夫“ゲス”の秘密を10年前の著書で発見のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。岡田斗司夫愛人洗脳田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
2 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
3 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
4 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
5 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
6 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
7 グッディ!土田マジギレ真の原因
8 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
9 安倍首相にマッチョ批判
10 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
11 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
12 マララは社会主義者だった!
13 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
14 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
15 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
17 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
18 AKBと電通のシークレット飲み会
19 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
20 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
1 安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
4 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
8 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
9 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
10 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
11 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
12 4人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
13 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
14 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
15 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
16 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17 参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
18 ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
19 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
20 五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄