『マッサン』苦戦を招いた怖すぎピン子、“死に芸”で視聴率復活なるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
pinko_01_150105.jpg
“鬼姑”亀山早苗役を務める泉ピン子(NHK連続テレビ小説『マッサン』番組HPより)


 視聴率の低下から「朝ドラ爆走の息の根をとめる作品になるのか!?」と注目を浴びているNHK連続テレビ小説『マッサン』。だが、ここにきて視聴率が復調。15〜20日放送分の第12週では、5週間ぶりに平均視聴率20%の大台を取り戻した。

 しかし、テレビ業界関係者のあいだでは「正念場は年明けの放送にかかっている」という見方が広がっている。というのも、本日スタートの1月5日〜10日放送分は、あの泉ピン子がメイン級で再登場するから。じつは、『マッサン』の視聴率が下落したのは、ピン子に原因があるのではないか?と見る向きがあるのだ。

 最初にピン子が登場したのは、スタートの第1週。この時点では数字も高く、順調な滑り出しと思われていた。が、再びピン子が登場した第8週で視聴率は下向きに。はじめて平均20%台を割ってしまったのだ。これが『あまちゃん』から前作『花子とアン』までつづいていた“平均20%以上”という朝ドラの記録が破れてしまった週となった。

 そもそも、第1週からピン子を“不安視”する声はあがっていた。ピン子の役どころは、ひとり息子の政春(玉山鉄二)の母親で、息子が連れ帰った妻・エリーに「外国人の嫁は絶対認めまへん」「出てってつかあさい!」と声を荒げる鬼姑。超がつくほどピン子のハマリ役なのだが、逆にハマりすぎて朝からドン引きする視聴者が続出し、「陰鬱な気分になる」「観ているのがツライ」という意見がネット上にも殺到していた。こうした視聴者が、ピン子再登場の第8週を敬遠し、結果として視聴率低下を招いたのでは……というのだ。

 NHKとしても、これは大きな誤算だっただろう。『マッサン』の制作はNHK大阪(BK)だが、同じくBK制作だった『ごちそうさん』では、キムラ緑子が小姑としてヒロインの杏に行ったイビリが大ウケ。ピン子も「やっぱり(撮影に)入るときに緑子には負けないぞと思いましたよ」と発言しているように、キムラのイビリ芸を多分に意識していたはずだ。

 だが、キムラ緑子のイビリと泉ピン子のそれは、同じようであってまったく違う。たしかにキムラのイビリも相当に陰惨で、料理はひっくり返すわ、ヒロインの夫の初任給を横取りするわでやりたい放題。だが同時に、ヒロインの荷物を実家に送り返すべくタンスまで積み込んでひとり押し車を押すなど、イビリの“滑稽さ”もきちんと描いていた。キムラのイビリにはそうした思わず笑ってしまうバカバカしさがあったから、視聴者も乗ることができたのだ。

 他方、ピン子のイビリはわめき&恫喝というリアリティ満載の、正真正銘の嫁イジメ。そこには外国人に対する偏見や差別もかかわってくるので、現代の視聴者には見るに堪えないものがあったのではないだろうか。

 とはいえ、本日1月5日からの放送では、ピン子扮する母親の容体が悪化し、それをきっかけにエリーと距離を縮めるという“和解”週。すでにピン子自身が11月に出演した『あさイチ』(NHK)で壮大にネタバレ発言したように、母親はここで死んでしまうのだ。

 そして、ピン子といえば“死に際の視聴率女王”という異名をも持つ女優。ピン子の役が亡くなる回は、『おんな太閤記』で31.4%、『おしん』では驚異の56.1%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)と、凄まじい数字を叩きだしてきた。

 以前、『マッサン』の会見でも「私が死ぬときは数字いただきます」と宣言していたピン子。さらに今週のタイトルはズバリ「渡る世間に鬼はない」ときた。イビリ芸では視聴者に忌避されたピン子だが、最後の“死に芸”でその心をつかむことはできるのか。大いに見物である。
(サニーうどん)

最終更新:2017.12.09 04:36

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

NHK連続テレビ小説 マッサン 上

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『マッサン』苦戦を招いた怖すぎピン子、“死に芸”で視聴率復活なるか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどんマッサン朝ドラ泉ピン子老人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
9 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
10 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
11 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
12 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
13 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
14 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
15 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
16 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
17 川島なお美が近藤誠の診断を告発
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄