ハブられ疑惑のももクロ有安杏果 メンバーの中で浮いている理由が判明!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
momokuro_141102.jpg
「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.116

 今年8月にはレディ・ガガの日本公演でオープニングアクトを務めるなど、幅広い活動を展開するももいろクローバーZ。その人気も不動のものとなり、これからも明るい未来が広がっているかのように思えるが、一部ファンの間ではメンバーの1人、有安杏果について、ある不安がささやかれているという。

 その不安とは「グループ内で浮いている」「ほかの4人にハブられている」というもの。そういった人間関係のこじれから、有安の脱退、あるいはグループの解散もあるのではないかと心配するファンもいるというのだ。ももクロを初期から見ているというアイドルライターはこう話す。

「確かに楽屋裏なんかでメンバー4人がはしゃいでいるなか、有安1人が離れて何か別の作業をしていたり、休憩していたりするという光景は珍しくないです。そんな状況がグループ内で問題になって、話し合ったこともあるそうです」

「有安杏果(ももいろクローバーZ)正直すぎる瞳」と題して大特集を組んでいる「クイック・ジャパン」(太田出版)vol.116によると、その話し合いは2012年夏ツアーの米子大会の終演後に行われたという。この話し合いの場で、メンバー同士がすべてをぶつけあい、その結果、有安は4人の輪の中に入るようになったというのだが……。

「今でも有安が孤立することは多いようです。その辺りの温度差は勿論ファンも感じていて、そこが“ももクロのネック”になっているという認識もありますね」(同上)

 同特集では、筑波大学の斎藤環教授による有安の精神分析報告書が掲載されている。そこには、有安が孤立する理由の一端が隠されていた。

 まずは、50ほどの質問から性格傾向を分析する「エコグラム」。この結果について斎藤教授と有安はこんなやり取りをしている。

斎藤「びっくりしたのがAが一番高い。これは他のメンバーではありえない結果」
有安「なに、怖い怖い!」
斎藤「Aはアダルト。ものすごい大人っぽいってこと」
有安「ふう! え、どういうことですか?」
斎藤「精神的に成熟してる。以前鑑定したリーダー(註:百田夏菜子)に至っては小学校高学年。小五ぐらいの精神年齢でした」

 子どもっぽいメンバーの中で、有安1人だけ精神年齢が高いというわけだ。ふざけてはしゃぐメンバーたちを、有安が1人で遠巻きから眺めているというのも仕方ないことなのかもしれない。

 次は文章の中の空欄を埋めて完成させるという心理検査法「SCT」(精研式文章完成テスト)。この結果について、こんなやり取りがあった。

斎藤「(前略)あとはいじられやすいとか。それから即興が苦手っていうのが二ヵ所ありました。そういう仕事多いですよね」
有安「はい。困るんです。怖いですよ」
斎藤「で、また困るところがいじられたりする。ちょっとそういう意味では、自分の今の在り方に対する不全感みたいなものが表れているんでしょうね。完全な自己否定ではないんですけれども、まだまだここが足りないという感じ(後略)」

 思わず「仕事が怖い」と吐露してしまった有安。即興が苦手だという点も含めて、ももクロに適していないのではないかとの疑念も芽生えてくる。

 そして、もうひとつ気になるのが「風景構成法」という指定されたものを順番に描いていく分析法の結果だ。

斎藤「(前略)私が気になったのは、家なんです。真っ赤でしょう。屋根が赤い家はよく描く人もいるけど、屋根も壁も全部真っ赤というのが、ちょっと珍しい。(中略)家に何か特異な価値というか、存在感があるということ」
有安「家、大好き」
斎藤「大好きでしょう。大好きすぎる感じが滲み出してる。家族愛も半端じゃない家族愛で(後略)」

 さらに、家族愛というところから結婚に話題が発展すると、有安の恋愛に対する執着が見えてくる。

斎藤「でもSCTにはそういう恋愛、あまり考えられないみたいな文章もあったと思うんだけども」
有安「結婚はめっちゃしたいです。結婚願望はあります」
斎藤「恋愛なし? お見合い結婚みたいな感じ?」
有安「いや、そんなことないです。絶対に嫌です。絶対嫌です。絶対嫌です」
斎藤「そりゃそうだよね」
有安「絶対嫌です。絶対。絶対嫌だ」
斎藤「すごい拒否してる」
有安「絶対嫌です」
斎藤「そんな激しい反応するとは思わなかった(後略)」

 とにかく、有安は「恋愛しないで結婚する」ということを異常なまでに拒否。「恋愛願望の強さ」を見せたのだ。ももクロは殊更に恋愛禁止を謳っているわけではないが、注目発言であることは間違いないだろう。

 実際、有安には、“彼氏疑惑”が浮上したこともある。前出のアイドルライターはこう話す。

「事務所は公言していないのですが、有安は現役の女子大生なんですよ。仕事が忙しいのでどれくらい通えているかは不明で、中退説もあるんですが、大学の同級生と付き合っているという噂があるのは事実です」

 はしゃぐメンバーたちとは精神年齢が合わず、「仕事が怖い」と発言し、さらに恋愛願望も強い有安。ほかの4人のメンバーと価値観がかけ離れていることは、否定できない事実であり、グループの中で浮いてしまうのは、仕方ないことなのかもしれない。

 しかも、今では、このちょっと浮いている感じが有安の魅力になっている。アイドルに向いていないのに、全力で頑張る。そんな姿を応援したくなるファンも多いようだ。有安には無理をしすぎない程度にこれからもがんばってもらいたい。
(田中ヒロナ)

最終更新:2015.01.19 04:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ハブられ疑惑のももクロ有安杏果 メンバーの中で浮いている理由が判明!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
2 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
3 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
4 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
5 農家の安倍内閣支持率が18%に激減
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
12 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
13 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
15 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
16 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
17 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
18 『テラスハウス』vs実家暮らしキモヲタ
19 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
20 田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
1 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
6 検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
7 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
8 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9 検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
16 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄