きゃりーぱみゅぱみゅ二股騒動 肉食・手越は草食・深瀬になぜ負けた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyary_01_141031.jpg
きゃりーぱみゅぱみゅ三枚目のアルバム『ピカピカふぁんたじん』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 10月10日発売の「フライデー」(講談社)に、NEWS手越祐也との密会が報じられた、きゃりーぱみゅぱみゅ。もともと人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・深瀬慧との交際がウワサされていただけに、きゃりー・深瀬・手越ファンは騒然とした。

 実は今年2月、手越ファンがtwitterで「手越祐也に手出すんじゃねえ!」と強い口調できゃりーに詰め寄り、「え、全く出してないけど、、、」ときゃりーが困惑しながら返答したことが話題を集めた。その後、8月には深瀬がtwitterにおいて、ファンからの質問に答える形できゃりーとの交際を認め、2人の愛を応援するファンを安堵させていただけに、手越との密会が発覚したきゃりーにはネット上で「二股」と厳しい意見が飛んでいる。

 二股騒動のそもそもの発端は、きゃりーに興味を持った手越の猛烈なモーション。言い寄られるうちにきゃりーの心が揺れ、密会が続くことになったと「フライデー」は報じている。まさに肉食系男子といった手越だが、本人も雑誌のインタビューで「かわなぬ恋」について聞かれたときに、こんな強気な言葉を返している。

「オレはあきらめるって選択はしないな。すでに結婚してるか、大切な友だちの彼女だった…以外は“かなわぬ”をかなえるために、どんどん行く! 彼氏がいたとしても奪いたい(笑)。ちゃんとアプローチしてみて、どっちを選ぶのかは彼女に決めてもらう」(「duet」10月号、ホーム社)

 これを地で行く格好になったのだろうが、これほど熱烈なアプローチをかけられたらきゃりーとしても悪い気はしなかっただろう。「草食系男子の深瀬が物足りず、肉食系の手越になびいてしまったのでは」との見方も流れた。しかし、密会報道後の10月15日、きゃりーは深瀬や「SEKAI NO OWARI」のキーボード・藤崎彩織とともに、病に倒れた深瀬の父親を見舞っていること、21日には深瀬がファンからの「きゃりーを守って」というツイートに「まかせろ!!」と答えていることから、きゃりーの本命はやはり深瀬で、順調に交際が続いているという見方が強まっている。押せ押せムードだった肉食系・手越が、一見草食系に見える深瀬に負けた敗因はなんだろうか?

『最後の恋は草食系男子が持ってくる』(森岡正博/マガジンハウス)によると、草食系男子との恋愛は、対等な人間らしい付き合いができることが最大の特長。彼らは「次から次への女性に声をかけたり、たくさんの女性とセックスしたいという情熱を、ほとんど持っていません。そのかわりに、好きな女性とともにいる幸せな状況が、ずっと続いていってほしいと願っています」ということで、長く付き合いの相手としては草食系男子のほうが向いているようだ。

 深瀬の父親を見舞っていることを考えると、きゃりーも男性との長い付き合いを見据えていたはず。であれば、肉食系でこれまでさんざん夜遊び報道が流れる手越よりは、深瀬の方が安心して付き合える相手なのかもしれない。

 一方で、これまで女性誌などで謳われてきた「男性を落とすテク」が通じないなど、繊細な一面を持つのが草食系男子。付き合うまでにも、付き合ってからもこれまでの“常識”を捨てて、個人と向き合う必要がある。本書からその一例を見てみよう。

 まずは「じらしてみたり、逃げてみたりという駆け引きをしないこと」。肉食系男子の多くは女性が逃げれば追ってくるものだが、草食系男子の場合は女性の意図がわからずに身動きがとれなくなったり、「自分がなにか彼女を傷つけたのでは?」」と自分を責めたりと「恋愛を余計にこじらせる」危険が高いよう。

 もしなにか彼に対して不満や希望があるときには、「自分の気持ちをはっきり伝えること」が一番の対処法になる。「草食系男子は男女平等の申し子」なので、対等に話し合うことは2人の関係を深めるとポジティブに捉えているのだとか。“駆け引きよりも話し合い”ということを心に留めておきたい。

 セックスやプロポーズなど、カップルとして次のステージに行きたいときは、「そのための環境を整えて待つ」のがベター。女性の中には「好きな男性に強引に迫られたい」という期待を持つ人もいるだろうが、草食系男子の基本はやはり話し合い。「こうしてほしい」「私はこう思っている」ということを何気なく伝えれば、「状況を理解して、最後のリアクションは彼から起こしてくれるはず」。肉食系男子と違って、会話を通じて内面を重視する傾向にある草食男子。その分、女性側にも、「察して」という姿勢ではなく、自分の口で伝える力が求められるのかもしれない。

 ちなみに深瀬は、元カノとウワサされる藤崎にラジオ番組で「深瀬さんはロールキャベツ男子だよね。周りを草に見せかけた肉みたいな」と暴露され、「見せかけてないよ (笑) 。顔がしょっぱいだけだよ」と暗に肉食系であることを認めるような発言をしている。そう考えると、肉食系男子2人を虜にしたきゃりーが一番の肉食系なのかもしれない。
(江崎理生)

最終更新:2015.01.19 04:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

最後の恋は草食系男子が持ってくる

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

きゃりーぱみゅぱみゅ二股騒動 肉食・手越は草食・深瀬になぜ負けた?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。きゃりーぱみゅぱみゅジャニーズ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
2 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
3 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
4 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
7 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
8 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
9 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
10 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
11 安倍首相の1億総活躍社会はインチキ
12 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
13 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
16 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
1 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
7 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
8 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
9 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
10 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
11 五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
12 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
13 夫婦別姓もLGBT法案も安倍晋三がツブした!
14 キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
15 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
16 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄