きゃりーぱみゅぱみゅ二股騒動 肉食・手越は草食・深瀬になぜ負けた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyary_01_141031.jpg
きゃりーぱみゅぱみゅ三枚目のアルバム『ピカピカふぁんたじん』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 10月10日発売の「フライデー」(講談社)に、NEWS手越祐也との密会が報じられた、きゃりーぱみゅぱみゅ。もともと人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・深瀬慧との交際がウワサされていただけに、きゃりー・深瀬・手越ファンは騒然とした。

 実は今年2月、手越ファンがtwitterで「手越祐也に手出すんじゃねえ!」と強い口調できゃりーに詰め寄り、「え、全く出してないけど、、、」ときゃりーが困惑しながら返答したことが話題を集めた。その後、8月には深瀬がtwitterにおいて、ファンからの質問に答える形できゃりーとの交際を認め、2人の愛を応援するファンを安堵させていただけに、手越との密会が発覚したきゃりーにはネット上で「二股」と厳しい意見が飛んでいる。

 二股騒動のそもそもの発端は、きゃりーに興味を持った手越の猛烈なモーション。言い寄られるうちにきゃりーの心が揺れ、密会が続くことになったと「フライデー」は報じている。まさに肉食系男子といった手越だが、本人も雑誌のインタビューで「かわなぬ恋」について聞かれたときに、こんな強気な言葉を返している。

「オレはあきらめるって選択はしないな。すでに結婚してるか、大切な友だちの彼女だった…以外は“かなわぬ”をかなえるために、どんどん行く! 彼氏がいたとしても奪いたい(笑)。ちゃんとアプローチしてみて、どっちを選ぶのかは彼女に決めてもらう」(「duet」10月号、ホーム社)

 これを地で行く格好になったのだろうが、これほど熱烈なアプローチをかけられたらきゃりーとしても悪い気はしなかっただろう。「草食系男子の深瀬が物足りず、肉食系の手越になびいてしまったのでは」との見方も流れた。しかし、密会報道後の10月15日、きゃりーは深瀬や「SEKAI NO OWARI」のキーボード・藤崎彩織とともに、病に倒れた深瀬の父親を見舞っていること、21日には深瀬がファンからの「きゃりーを守って」というツイートに「まかせろ!!」と答えていることから、きゃりーの本命はやはり深瀬で、順調に交際が続いているという見方が強まっている。押せ押せムードだった肉食系・手越が、一見草食系に見える深瀬に負けた敗因はなんだろうか?

『最後の恋は草食系男子が持ってくる』(森岡正博/マガジンハウス)によると、草食系男子との恋愛は、対等な人間らしい付き合いができることが最大の特長。彼らは「次から次への女性に声をかけたり、たくさんの女性とセックスしたいという情熱を、ほとんど持っていません。そのかわりに、好きな女性とともにいる幸せな状況が、ずっと続いていってほしいと願っています」ということで、長く付き合いの相手としては草食系男子のほうが向いているようだ。

 深瀬の父親を見舞っていることを考えると、きゃりーも男性との長い付き合いを見据えていたはず。であれば、肉食系でこれまでさんざん夜遊び報道が流れる手越よりは、深瀬の方が安心して付き合える相手なのかもしれない。

 一方で、これまで女性誌などで謳われてきた「男性を落とすテク」が通じないなど、繊細な一面を持つのが草食系男子。付き合うまでにも、付き合ってからもこれまでの“常識”を捨てて、個人と向き合う必要がある。本書からその一例を見てみよう。

 まずは「じらしてみたり、逃げてみたりという駆け引きをしないこと」。肉食系男子の多くは女性が逃げれば追ってくるものだが、草食系男子の場合は女性の意図がわからずに身動きがとれなくなったり、「自分がなにか彼女を傷つけたのでは?」」と自分を責めたりと「恋愛を余計にこじらせる」危険が高いよう。

 もしなにか彼に対して不満や希望があるときには、「自分の気持ちをはっきり伝えること」が一番の対処法になる。「草食系男子は男女平等の申し子」なので、対等に話し合うことは2人の関係を深めるとポジティブに捉えているのだとか。“駆け引きよりも話し合い”ということを心に留めておきたい。

 セックスやプロポーズなど、カップルとして次のステージに行きたいときは、「そのための環境を整えて待つ」のがベター。女性の中には「好きな男性に強引に迫られたい」という期待を持つ人もいるだろうが、草食系男子の基本はやはり話し合い。「こうしてほしい」「私はこう思っている」ということを何気なく伝えれば、「状況を理解して、最後のリアクションは彼から起こしてくれるはず」。肉食系男子と違って、会話を通じて内面を重視する傾向にある草食男子。その分、女性側にも、「察して」という姿勢ではなく、自分の口で伝える力が求められるのかもしれない。

 ちなみに深瀬は、元カノとウワサされる藤崎にラジオ番組で「深瀬さんはロールキャベツ男子だよね。周りを草に見せかけた肉みたいな」と暴露され、「見せかけてないよ (笑) 。顔がしょっぱいだけだよ」と暗に肉食系であることを認めるような発言をしている。そう考えると、肉食系男子2人を虜にしたきゃりーが一番の肉食系なのかもしれない。
(江崎理生)

最終更新:2015.01.19 04:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

最後の恋は草食系男子が持ってくる

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

きゃりーぱみゅぱみゅ二股騒動 肉食・手越は草食・深瀬になぜ負けた?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。きゃりーぱみゅぱみゅジャニーズ江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 宮迫引退報道の一方、NEWS手越の“金塊写真”はなぜスルー?
2 NHKが民放テレビ局関係者の“ジャニーズ圧力証言”を報道
3 山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 「安倍やめろ」のヤジを警察が「選挙妨害」拡大解釈で取締り!
6 安倍首相が「忖度発言」候補を大応援!
7 秋篠宮家の料理番がブラック告発
8 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
9 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
10 安倍昭恵が和田政宗をトンデモ応援演説!公選法違反の呼びかけ
11 『モーニングショー』「緊急事態」を特集で羽鳥が田崎をツッコミ
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
14 ジャニー喜多川社長の性的虐待問題を一切報じないマスコミ
15 『この世界の片隅に』ドラマ版と映画版の間で軋轢か
16 吉本が芸人に強要する共同確認書にSNS制限
17 松尾貴史が語るテレビで芸人が権力批判できない理由
18 太田光が右翼の抗議で転向していた?
19 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄