80歳!田原総一朗がまさかの熱愛中を告白「同窓会で…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tahara_01_141021.jpg
田原総一郎公式サイトより


 もう80歳とは信じ難い元気さだ、とは思っていたが、まさかここまでだったとは。連日のテレビ出演に執筆、『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系)では徹夜で激論を交わす田原総一朗。それだけでも傘寿とは思えないバイタリティだが、その田原が「徹夜で激論」とは別の、ある意味それ以上の“元気ぶり”が明らかになった。

「私はいま、熱烈な恋愛をしている」
 
 そう、なんと田原はいま熱愛中であることを自ら暴露したのである。

 田原が驚きの告白をしているのは、先日上梓した『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』(角川書店)でのこと。タイトル通り自身の健康法に老人らしい自慢話や自己啓発的説教が語られているのだが、なぜか話は脱線し……。「私はいま、熱烈な恋愛をしている」と、80歳にして現在進行中の熱愛を自ら告白するのである。

 たしかに田原は、10年前にダブル不倫の末に結ばれた愛妻をがんで亡くし、いまは独り身で、恋愛は自由。とはいえ、しつこいようだが御年80歳である。相手は一体どんな女性なのか、そもそも一体どこで出会ったのか。

 まずは田原のこれまでの“恋愛遍歴”を本書から紹介したい。田原は20代の頃に結婚し、2人の娘をもうけるも妻は病死。そして再婚したがやはり2度目の妻にも先立たれている。それは田原と再婚妻の共著『私たちの愛』(講談社)にも詳しいが、田原は本書でも改めてそれら“恋愛遍歴”を記している。

「最初の妻は私が49歳の時に他界した。55歳の時に再婚した二番目の妻にも、私が70歳の時に先立たれている」

 最初の妻は田原の叔母の末娘・末子で、3歳年上の“従妹”だった。周囲からの反対もあったが、2人はそれを押し切って結婚。田原が26歳のときだった。その後2人の娘に恵まれたが、娘たちが小学生だった1975年末子に乳がんが見つかる。そして長い闘病生活が始まった。

 だが妻が闘病生活を送るなか、いや、それ以前から田原は他の女性と恋愛関係にあった。お相手の女性は日本テレビでアナウンサーをしていた村上節子だった。

「相手にも夫と娘がいたので、ダブル不倫だった」

 田原自身がこう認めるダブル不倫の関係は、1967年から始まったらしい。結婚7年目で田原が33歳の時である。

「妻の末子がガンになって以降も、節子との関係は続いた。末子に申し訳ないという罪悪感を持ちつつも、節子と別れることはできなかった。ただ、恋愛関係になっていたとはいえ、節子と結婚する気はなく、末子と離婚する気もなかった」

 男の身勝手とも取れるが、しかしこうした過去の“不倫”をさらっと、そして飄々と告白するところは、さすが“老人力”ともいえる。「もう昔のことだからね」という開き直りも感じられるが、しかし田原は末子を献身的に看病し、娘たちの面倒を見たという。

 そして末子は1983年、53歳の若さで亡くなった。この時の心境を田原はこう記している。

「私は末子を看取る一方で、節子と恋愛していたことについて、とても申し訳ない気持ちでいた。と同時に『これで二重関係の苦悩から解き放たれる』という思いもあり、なんとも言えぬ複雑な心境であった」

 本書を娘も読むかもしれないだろうに、こんな“本音”を告白する田原。生々しすぎる告白だが、それはまだまだ続く。

 末子夫人が亡くなった当初は、節子と再婚する気はなかったという田原だが、夫人逝去の3年後にプロポーズ。節子はこれを1度は断ったが、さらに3年後に再びプロポーズ。田原の体調が悪かったことで、今度は節子もOKした。

 だがしかし、節子もまたガンに倒れる。2004年6月、節子は67歳で亡くなった。

 それから10年、田原は本書で堂々の“熱愛宣言”だ。お相手はなんと高校の同級生で、かつてマドンナだった女性だという。

「きっかけは、同窓会だった。それまでも年に一度の同窓会で会っていたが、73歳の時、同窓会の場で初めて彼女を誘った。私が二番目の妻を亡くしてから3年経った頃のことだ」

 どうやら田原は妻が亡くなって3年経つと、プロポーズやら恋愛をしたくなるようだが、彼女もまた夫に先立たれていた境遇だった。

「高校時代も美貌で理知的な女性だったが、いまも見目麗しい」「彼女と一緒にいて楽しいのは、心がときめくからだ」

 堂々としたこのノロケっぷり! しかも流行の同窓会恋愛だったとは! さすがである。さらに田原は彼女と集団的自衛権やTPP、安倍晋三論などの論争もするという。彼女は新鮮な意見を田原にぶつけるらしい。

「結婚していないから、お互いを縛るものも何もない。心おきなく、何の秘密もなく、話し合うことができる」

「そういう意味では、妻以上の存在といえるかもしれない。というのも、妻にはなかなか自分の弱みを見せられなかったからだ」

 田原総一朗、80歳の熱愛宣言。結局、田原の健康の秘訣は、恋愛だったのかも。ずっとお元気で。公私ともに、朝まで激論を闘わせてください。
(伊勢崎馨) 

最終更新:2015.01.19 04:57

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ (角川oneテーマ21)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

80歳!田原総一朗がまさかの熱愛中を告白「同窓会で…」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
2 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
3 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第5話
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
6 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
7 安倍首相がプーチンに贈った“失笑ポエム”
8 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
9 橋本聖子も東京五輪で「旭日旗」持ち込み許可の愚行を追認
10 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
11 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 好感度モンスター・小泉進次郎の“すべて他人事”な本性
15 史上最悪の極右内閣が誕生!日本会議のガチメンバーも入閣
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 「家政婦」の名目で24時間労働の介護で日当1万円、残業代なし
18 安倍改造内閣はタマネギだらけ! マルチ広告塔、セクハラ、パワハラ…
19 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
20 アベノミクス破綻!実質賃金マイナス2.5%、景気動向指数「悪化」
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄