読売の朝日誤報追及は拡販のため?販売店に朝日の読者を奪えと攻撃指令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yomiuri_01_140905.jpg
読売新聞が朝日新聞のネガティブキャンペーンで購読者を奪い取る?(画像左・『読売新聞』14年8月30日東京朝刊/画像右・同9月5日東京朝刊)


「A紙作戦→千載一遇のチャンス!」

 さる8月20日、読売新聞の新聞販売店各店に、同社支社の販売部からこんな暗号のような見出しの内部文書が送られてきたという。その見出しの後には、こんな文章が書かれていた。

「地図にわかる限りのA 紙読者落とし込み実施。読者センターには連日、A 社への批判やA紙から読売への購読切り替え申込が寄せられています。A社、A販売店が一番苦しい時に徹底的に攻撃を仕掛ける!」

 ここまで読めば、なんのことかおわかりだろう。「A紙」とはもちろん、ライバル朝日新聞のことだ。この2週間ほど前、朝日新聞は従軍慰安婦問題の吉田清治氏の証言を虚偽だったと認めて、各方面から厳しい批判を浴びた。国会でも追及の動きが出て、一部では不買運動まで起きはじめた。そこで、読売新聞のある支社の販売部がこの機に乗じて地域の朝日新聞購読者を勧誘し、読者を奪い取れと販売店に通達を出したのである。しかも、その中身は同じ報道機関の誤報を「千載一遇のチャンス!」と大喜びして、「(朝日が)一番苦しい時に徹底的に攻撃を仕掛ける!」と煽る、なんとも露骨なものだった。

 もちろん、これは一支社が先走ってやったことではない。文言はちがっても全国の販売店に同じような指示が出されていた。さらに、8月末にはそのためのツールも用意された。「慰安婦報道検証 読売はどう伝えたか」という、朝日の誤報を検証する記事や朝日を非難する読者の声、識者のコメントをダイジェストしたリーフレットが会社の費用で作成され、各販売店に配布された。つまり、これを朝日の購読者に見せ、こんなひどい捏造をする新聞は止めて、うちの新聞に変えなさい、というネガティブキャンペーンを社をあげて展開しているのである。

「ちょうどこの頃、臨時国会で“吉田証言”が取り上げられ、朝日の木村伊量社長が参考人招致される見込みが出てきたため、上層部はネガティブキャンペーンを決断したみたいだね。販売部門で朝日の購読者を奪い取る拡販作戦を展開し、紙面では朝日を徹底追及するネガティブキャンペーンをはる。両者は完全に連動している。リーフレットを巻き始めた28日から紙面では『検証 朝日「慰安婦報道」』という連載を始めたけど、これも報道局の判断でなく経営判断ですよ。読売ではこういう姿勢でやっていますよということを新規読者に見せるのが目的でしょう」(読売新聞関係者)

 さらに、読売は朝日潰しのために、もうひとつの「誤報」を追及し始めた。8月30日、一面で、福島第一原発の吉田昌郎所長の「吉田調書」の内容が、事故当時、職員が「待機命令に違反して退避」したとする朝日の報道とはちがっていたと大々的に報道したのだ。

「朝日の記事にフレームアップがあるのは、吉田所長の本を書いた門田隆将や産經新聞がすでに指摘していた。ところが、上層部からうちでも大々的に追及するよう指令が下ったんです。ようするに従軍慰安婦問題に続いて第二弾で畳みかけ、さらに読者離れを加速させようと言う作戦です。民主党と朝日を叩きたい官邸とも利害が合致して、ああいう記事になったということでしょう」(同)

 実際、従軍慰安婦の件とはちがって、吉田調書に関する朝日の報道はフレームアップではあるが、誤報とはいいがたいものだった。しかも、産経の後追い。少なくとも一面を使って大々的に報道するような話題ではなく、「なんで今さら?」と首をかしげた業界関係者も少なくなかった。むしろ、吉田調書で、誤報が明らかになったのは読売の「菅直人元首相の海水注入」報道のほうだった。

 にもかかわらず、無理矢理こんな大キャンペーンを展開すあのはやはり、商売上、朝日をどうしても追い落としたいという意志によるものだったらしい。

「とにかく、今の読売は朝日潰しのためには手段を選ばないという感じだね。吉田調書の誤報についても拡販ツールにする計画を進めているし、朝日叩きをして、朝日から広告拒否された『週刊文春』などの週刊誌に同じ料金で大きいスペースを提供したという話もある。さらに近々もうひとつ朝日スキャンダルを用意しているという噂も流れているね」(別の新聞社幹部)

 読売新聞の販売部数は、昨年11月時点で1000万7440部だったのに対し、今年6月には927万9755部に落ち込んだ(日本ABC協会調べ)。前出の読売関係者によると、読売にとって“1000万部回復”は至上命題で、部数減の穴埋めとして朝日の購読シェアを奪う戦略が練られたようだ。

「日本人の誇りを傷つけた」だの「報道機関の信頼を失わせた」だのといった御託が並べられた朝日の誤報問題も、一皮向けば、“オワコン”新聞の縮小するパイの分捕り合戦にすぎなかったということなのだろうか。しかし、その結果、国民が原発事故の本質から目をそらされてしまったとしたら、あまりに救いのない話である。
 (田部祥太)

最終更新:2015.01.19 06:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

巨怪伝 正力松太郎と影武者たちの一世紀 上

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

読売の朝日誤報追及は拡販のため?販売店に朝日の読者を奪えと攻撃指令のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。朝日新聞田部祥太読売新聞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相「108兆円経済対策」は詐欺だ! 30万円給付の説明も嘘だらけ
2 安倍首相が「布マスク2枚」につぎ込む予算は報道の2倍「466億円」!
3 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
4 自粛補償を拒否、“ドケチ”全開の安倍首相がコロナを利用して改憲に前のめりに
5 アパホテル借り上げは安倍が直接電話、歴史修正本も「撤去しない」
6 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
9 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
10 緊急事態宣言で従業員は逆に「休業手当」を貰えなくなる? 加藤厚労相も…
11 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
12 三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
13 早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
14 安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
15 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
16 糸井重里“『Fukushima50』で泣きっぱなし”に批判!町山智浩も
17 黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
18 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
19 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
20 田崎史郎が室井佑月に逆ギレ
1 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
2 アパホテル借り上げは安倍が直接電話、歴史修正本も「撤去しない」
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
5 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
6 安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
7 安倍首相「108兆円経済対策」は詐欺だ! 30万円給付の説明も嘘だらけ
8 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9 森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
10 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
11 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13 黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
14 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
15 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
16 安倍首相が「布マスク2枚」につぎ込む予算は報道の2倍「466億円」!
17 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18 三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
19 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄