月収11万、自腹購入、枕営業…オシャレ業界のブラックすぎる実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kirakira_01_140827.jpg
「週刊金曜日」8月22日号(金曜日)

 その名も「キラキラ系」業界──。ヘアサロン、ファッションなど、若い女性がお金を費やし、自らもその世界で働きたいと憧れるオシャレ業界のことだ。

 しかし、キラキラ系業界の輝きは若者にとってまばゆいが、その実、労働環境はかなりブラックらしい。「週刊金曜日」(8月22日号/金曜日)特集「夢とやりがいに潜むワナ キラキラ系業界の裏側」はこうしたキラキラ系業界のブラックな闇に迫っている。まずは特集記事「おしゃれ願望を煽り倒す ファッション業界狂騒曲」では渋谷などのセレクトショップで働くアパレル(衣服)販売員の日常を取り上げているが、彼女たちは夜の副業が当たり前だという。

「19歳から26歳までの販売員の平均月給は約15万8000円だった。当然これでは生活はままならない。こうした販売員たちが副業に選ぶのが、キャバクラやガールズバーなどの“夜の世界”である」(同特集より)

 平均月給が低い上に、アパレルブランドでは、店舗と販売員個人に売上目標が課せられている。その数字を達成できない場合は、自腹でその商品を買わなければいけない、という「大手アパレル会社でも行われている違法な業界慣習」があるために、“夜の世界”でも働かざるをえなくなるのだ。

「セレクトショップなどを全国的に展開し、年商600億円を超えるアパレル大手の(株)クロスカンパニーでは、2009年に入社一年目の女性店長が極度の疲労とストレスで死亡し、過労死認定を受けている。この女性も売上目標を達成するため、自腹で月5万円以上の商品を購入することが頻繁にあった」(同特集より)

 こうした行為は、もし、給料からの天引きがあれば労働基準法24条(賃金の全額支払い)、毎月買わされているならば労基法16条(損害賠償予定の禁止)違反の可能性もあるという。「上司から『今月売上が少ないから買ってよ』とお願いされ、一度給料をもらってから買ったとしても、上下関係があるのでパワハラにあたる可能性がある」(同特集より)と弁護士が解説する。

 こうしたアパレル業界よりもさらにブラックなのが、平均給料がより低い美容室(ヘアサロン)業界だ。特集記事「今や信号機よりも多い 競争激烈のヘアサロン」によれば全国の美容室の店舗数は23万店(13年)。全国の信号機数約20万機(12年)よりも多く、激烈な競争のしわ寄せは若いアシスタントにいく。「たとえば埼玉県内の美容室では次のような給与体系になっている。基本給13万円の『見習い』は、『社会人としての常識がある』ことが条件だ。『アシスタント』は『シャンプーができる』ことで14万円に昇給」する仕組みだ。美容室「Ash」を経営しているジャスダック上場「アルテ サロン ホールディングス」では、アシスタントを朝10時から夜中の11時過ぎまで外でチラシ配りをさせていて問題になったこともある。

 「2007年当時の資料によると、基本給は11万5000円で残業代は支払わず、『教育費』などの名目で違法な天引きも行われていたという」(同特集より)

 競争激化の中、アシスタントはタレントやモデルの仕事を取るため“体当たり”で営業に走るケースもある。「美容室は有名なモデルや芸能人のカットをすれば、一気に知名度が上がるので、仕事の取り合いは熾烈ですね。以前撮影の現場で、終わった後、美容師のアシスタントと芸能事務所の人が二人でそのまま車でどこかに行ってしまったけど、どうやら“枕営業”だったようです」という芸能事務所関係者の声を紹介している。

 その世界で働きたいと憧れる若者が多いキラキラ系業界なだけに、いくらでも代わりの人材はいる、と消耗品のように企業は若者を酷使する。これは、ブラック企業の典型だろう。

 しかし、働かされる側はブラック企業とは思わない(思いたくはない)。子どもの頃から憧れてきた職業のアシスタントになり、カリスマ的な店長の下、それぞれの夢を追いかけている周りの仲間と刺激しあいながら、自分の夢に一歩一歩近づいているはずだからだ。

 安い給料ながらも、「やりがい」も多く、自分もキラキラしているはず……しかし、これって、ブラック企業にありがちな「やりがい搾取」だ。

「やりがい搾取」とは、いろいろな仕掛けでやりがいを錯覚させることで従業員を低賃金で働かせ、搾取するというもの。代わりがいくらでもいる若手は身体や精神がこわれるまで搾取する。ヘアサロン、ファッションなどのオシャレ業界だけではなく、テーマパーク・東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドなどでも見られるものだ。

 夢を追いかけているはずの業界ほど、キラキラした輝きに目がくらんで見えにくいが、そのブラックな闇はかなり深いようだ。
(小石川シンイチ)

最終更新:2014.09.17 11:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ私たちは、喜んで“資本主義の奴隷"になるのか?

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

月収11万、自腹購入、枕営業…オシャレ業界のブラックすぎる実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラック企業小石川シンイチ若者の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
5 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
6 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
7 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
8 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
9 大阪感染者100人越えでも吉村知事と松井市長が都議選の応援に東京へ
10 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
11 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
12 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 “ネトウヨの尊師”青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ!
15 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
16 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
17 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
18 ZOZO田端が「過労死は自己責任」で炎上
19 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
20 安倍首相とマスコミが作り出す自民党“勝利”は嘘!
1 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
4 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄