秘密クラブ、洗脳、放射能…ディズニーランドの恐ろしい噂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
disneyuwasa_01_140816.jpg
『ディズニーリゾート150の秘密』(新潮社)

 お盆休みでこの夏ピークの混雑ぶりという東京ディズニーランド。水しぶきをあげながらが踊るミッキーに歓声をあげ、炎天下でビッグサンダー・マウンテンに長蛇の列をつくり、夜は『アナと雪の女王』も登場するシンデレラ城でのプロジェクションマッピングに見入る……。夏休み終盤に向け駆け込み思い出作りで、ディズニーランドに足を運ぼうと計画している人も多いのではないだろうか。

 しかし、ディズニーランドには、“夢の国”のイメージとはほど遠い、恐ろしい噂がいくつもあるのをご存知だろうか。今回はその中から6つの噂を紹介、検証してみたい。


■(噂その1)ディズニーランドの批判をすると、消されるらしい■

「知ってる? 実はミッキーってさあ……な、何だ? だ、誰だ、お前ら、や、やめろ、うぐっ、ぐわあぁぁぁ、ガクッ」なんてことが起きるわけではもちろんない。だが、マスコミ内部でディズニーランドがタブーになっており、批判報道がことごとくもみ消されているのは事実だ。

 昨年秋、阪急阪神ホテルズで食品偽装が発覚し、社長が辞任する事態となったが、実はその5ヶ月前に、ディズニー施設内のレストランと東京ディズニーリゾートの3つのホテルでもほとんど同じような食品偽装が発覚していた。ところが、当時、ディズニーへの批判報道は皆無。5ヶ月後に阪急阪神ホテルズ騒動がおきた時もディズニーの不祥事を蒸し返そうという動きはまったくなかった。

 テレビ、新聞、雑誌にとって、ディズニーは広告の大スポンサーであり、情報番組や雑誌の記事をつくるうえでかかせない存在。さらにマスコミ関係者や有名人は「フリーパス」「マスコミプレビュー」「アニバーサルにご家族全員特別ご招待」など、さまざまな利権もばらまかれている。マスコミは批判報道どころか、ディズニーのいいなり。キャラクターの使用やパブ記事の内容にこと細かくチェックを入れられても一切さからえない、下僕のような状態になっている。

 中でも、TDLの運営会社と非常に密接な関係にある日本テレビ、読売新聞、そして、アトラクションのスポンサー企業でガイドブックをほぼ独占発行している講談社の三者はディスニーの宣伝機関と言ってもいいほどの関係だ。
 
 詳しくは、以下の記事で。
https://lite-ra.com/2014/05/post-63.html

■(噂その2)ディズニーランドには、政財界の要人専用の秘密クラブがある■

  秘密クラブといわれているのは、東京ディズニーランド内にある「クラブ33」。会員制の超高級フレンチレストランで、アルコール類販売が禁止の東京ディズニーランドで唯一、お酒も飲める場所でもある。
 
 だが、一般人はもちろん、この場所に立ち入る事は出来ない。一応、会員制ということになっているが、募集は公には行っておらず、会員のハードルはとてつもなく高い。政財界の要人やスポンサー企業幹部の推薦がなければ、絶対に会員にはなれないといわれている。

 しかも、この場所では、ディズニーランドの運営をしているオリエンタルランドが政財界の重鎮や、マスコミ界の幹部を接待する際にも使われている。今から十数年前、当時、オリエンタルランド社長だった加賀見俊夫氏が呼びかけ人となって、あるパーティがこのクラブ33で開かれ、その座席表がマスコミに流出した事があったが、そこには中曽根康弘氏、森喜朗氏、小泉純一郎氏、そして現首相の安倍晋三氏と、日本の政界を動かす政治家たちの名前がずらりと並んでいた。

 ちなみにこのクラブ33の場所は東京ディズニーランドのワールドバザール中央を左に折れたところにある。「33」とだけ書かれた扉は一般客には気づかれないような地味なものだが、扉のある部分を押すと、インターホンが現れる。

 詳しくは、以下の記事で。
https://lite-ra.com/2014/04/post-147.html


■(噂その3)ディズニーランドの地下には原子力発電所がある■

 原発事故以降、東京ディズニーランドが放射能線量の異常に高いホットスポットだという話がしきりにささやかれているため、やっぱり!と思った方もいるかもしれないが、これはウソ。むしろ、この噂は原発とディズニーの歴史から出てきた噂と考えた方がいいだろう。

 アメリカのディズニー本社は1950年代から、原子力発電所PRの旗ふり役をつとめ、世界各国への原発技術売り込みのために、『わが友原子力』というタイトルの原発PR映画まで制作していた。

 この『わが友原子力』は日本でも上映されている。広島、長崎の原爆投下からわずか十数年後の日本で、ディズニーが原発導入の世論作りへの地ならしの役割を果たしたのだ。『原発・正力・CIA 機密文書で読む昭和裏面史』(有馬哲夫/新潮社)によると、このとき同映画を後援して、テレビで放送したのが日本テレビだった。

 この原発コネクションは日本でTDLを運営するオリエンタルランドにも生きている。オリエンタルランドの歴代幹部は中曽根康弘はじめ原発推進派の政治家を支援しており、日本テレビとも非常に近い関係にある。

 そう考えると、ディズニーランドの地下が原発というのは、なかなか出来のいいブラックジョークといえるかもしれない。

  詳しくは、以下の記事で。
https://lite-ra.com/2014/04/post-147_2.html

■(噂その4)ミッキーマウスの“中の人”は大量にいる、しかも全員女性■

 TDRを訪れたとき満面の笑みで迎えてくれる、ミッキーマウス。ディズニーランドとディズニーシーで1日でも相当な数のショーをこなし、パークのいたるところで気軽に写真撮影もしてくれる。ぶっちゃけ、中の人はいったい何人くらいいるのだろうか。

『ディズニーリゾート150の秘密』(TDR研究会議/新潮社)によると、なんとミッキーマウスは東京ディズニーランドの「ワンス・アポン・ア・マウス」に出演しているだけでも最低6人はいるのだという。ほかのショーや、ディズニーシーも合わせれば、その人数はもっと多いかもしれない。

 しかも、著者であるTDR研究会議のメンバーがキャストに取材したところ、6人のミッキーマウスのうち5人は女の子だったというのだ。ミッキーマウスとハグしたり、握手したとき、その感触を思い出してみてほしい。やわらかな感触ではなかったろうか。もともと著者も、ミッキーマウスとハグした際の体の感触のやわらかさから、もしかして……と気になっていたというのだが、やはり!ということだったらしい。


■(噂その5)ディズニーランドのスタッフは全員洗脳されている■

 ディズニーランドで、ミッキーに負けず劣らずの笑顔を振りまいているのが、スタッフたち。ゴミ拾いも、客からのクレームにも、笑顔を絶やさない彼ら、実は“ディズニーの魔法で洗脳”されているのだという。
 
たとえば、上述の“ミッキーの中の人”の話。まあ、常識的に考えれば、何人かいないと、膨大なショーやグリーティングがまかなえるはずがないことは、大人ならいや、子どもだってわかることだ。
 
しかし、“ディズニーの魔法で洗脳”されたバイトはちがう。『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』(福島文二郎/中経出版)で、こんなエピソードが紹介されている。
 
ディズニーのミッションを叩き込まれたあるバイト女子は、母親から「ミッキーは何人いるの?」と問われた際、「何言ってるの。ミッキーは1人に決まってるじゃないの」と答えたというのである。小さな子どもに訊かれたのなら、まだわかる。子どもの夢を壊さないなんて偉い、さすがディズニーと言ってもいいかもしれない。しかし、相手は母親だ。中年の身内に対しても、この対応。あなたは、さすがディズニーイズム!と讃える気になるだろうか。この徹底ぶり、さすがに、ちょっと恐くないか?

 詳しくは、以下の記事で。
https://lite-ra.com/2014/06/post-41.html


■(噂その6)ディズニーランドのバイトはかなりのブラック■

 この恐ろしい噂については、近日中に入念な取材にもとづいたレポートをお伝えしよう。乞うご期待!
(編集部)

最終更新:2014.09.16 07:59

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ディズニーリゾート150の秘密 (新潮文庫)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

秘密クラブ、洗脳、放射能…ディズニーランドの恐ろしい噂 のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブーディズニー編集部の記事ならリテラへ。

フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃

8 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥 9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター 10 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄 11 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言 12 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露 13 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に 14 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判! 15 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚 16 片山さつきが坂上忍に批判された 17 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい 18 ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ 19 安倍首相にマッチョ批判 20 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
1 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2 玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3 勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
5 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
6 安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
7 小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
9 青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
10 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
11 統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
12 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
13 北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
14 首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
15 小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16 安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
17 辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
18 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
19 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か

カテゴリ別ランキング

社会

  1. 1フィフィの蓮舫デマに新聞が丸乗り! 背景に安倍忖度と女性蔑視
  2. 2渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
  3. 3安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
  4. 4安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
  5. 5 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚

ビジネス

  1. 1不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
  2. 2アムウェイにキラキラ女子が急増中!
  3. 3杉村太蔵はこずるいヤツだった!
  4. 4極右ヘイトの企業経営者総まくり(後)
  5. 5極右ヘイトの企業経営者総まくり(前)

カルチャー

  1. 1直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
  2. 2ホリエモン、真央のタクシー叩きは弱い者いじめ
  3. 3ブレる松岡修造語録を読み解く
  4. 4白井聡が「靖国に歴史的大義がない」
  5. 5追悼・橋本治が安倍政権と日本会議が語る「伝統」を喝破

芸能

  1. 1「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
  2. 2『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
  3. 3SKY-HIが日本の鎖国状態に危機感
  4. 4ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
  5. 5嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない

@litera_webさんをフォロー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

話題のキーワード

  1. 1アベを倒したい!
  2. 2メディア定点観測
  3. 3ネット右翼の15年
  4. 4ブラ弁は見た!
  5. 5左巻き書店
  6. 6横田 一
  7. 7安倍晋三
  8. 8「売れてる本」の取扱説明書
  9. 9SMAP
  10. 10半井小絵
  11. 11ネトウヨ
  12. 12政治からテレビを守れ!
  13. 13編集部
  14. 14反日
  15. 15玉川徹
  16. 16噂の真相
  17. 17梶田陽介
  18. 18宮島みつや
  19. 19櫻井よしこ
  20. 20日本会議
  21. 21中居正広