振り込め詐欺を支える一般企業顔負けの緻密な組織と驚愕のネタ元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hurikomesagi_01_140813.jpg
『振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々』(宝島社)

 息子や家人を装い電話などで「事故に合ったから示談金が必要」などとカネを騙し盗る「振り込め詐欺」。主にお年寄りの女性を狙ったこの犯罪が登場してから既に10年以上が経った。しかし被害はいっこうになくなる気配がない。被害額も減っておらず、警察庁によれば、2013年の被害総額は約259億円である。ターゲットの9割が60歳以上の高齢者だという。

 しかも摘発され、公に報道されるたびに手口が進化していくから始末が悪く、加害者側の実態もなかなか表に出てこない。実は、彼らの“組織”は意外にも巨大であり、また巧妙に分断されたネットワークを持つ。そのため、お互いに素性さえ知らないことが多いのだという。では一体振り込め詐欺は誰がどのようにして行っているのか。その実態を『振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々』(鈴木大介/宝島社)から紹介したい。

 詐欺組織には末端の集金役「ダシ子・ウケ子」と電話で騙す「プレイヤー」、それを統括する「番頭」、外部協力する「名簿屋」「道具屋」などが存在するという。そしてそのトップに君臨するのが「金主(オーナー)」だ。

 メディアで「オレオレ詐欺」が報道され始めた03年頃、ダシ子やプレイヤーの多くは、闇金の多重債務者だった。借金のカタに犯罪に加担させられる。そんな構図があった。

 彼らは何人かまとめて集められ、“研修”を受ける。老婆をいかに信用させるかを、テレフォン営業の要領で叩き込まれるのだ。時には「お婆ちゃん助けて!」と泣きながら──。もちろん向き不向きがある。向いていない者は「ダシ子・ウケ子」という逮捕のリスクがより高い役割に格下げされるのだ。

 しかも年を追うに連れ、振り込め詐欺の末端は未成年や、時には高校、大学生と若年化していったという。学費を払うため、そんな動機で振り込め詐欺に手を染める。

 それを仕切るの「番頭」は現場の統括者だ。彼らはシステム化した危機管理──タイムカードで現場を把握し、一度使った携帯は捨てる。プレイヤーがいなくなれば事務所を移転するなど──と同時に、暴力や身内の身辺調査でプレイヤーたちの裏切りとチクリを防止する。お互いの本名、素性すら明かさないことで芋づる式の逮捕を徹底的に阻止するのだ。時には巨額の金を散財した慰労会パーティを行い結束を図るというから、まさにアメとムチの構図である。

 そして「金主」は元暴力団、闇金の残党や半グレ資産家、飲食店、風俗経営者などが共同で出資することが多いという。

 ここまではある程度予想がつく。だが問題は外部協力としての「名簿屋」の実態だ。プレイヤーたちは「名簿屋」から入手した“お年寄りネタ帳”を元に電話をするのだが、その“ネタ元”のひとつは驚愕すべきものだ。「独居でボケ気味もしくは認知症で、しかもある程度預金額がある」。そんな名簿を作るためのネタ元、それは訪問介護事業者であり、介護事業所で働くホームヘルパーだというのだから──。

「ホームヘルパーさんっていうのは、本当にひどい雇用条件で働いているし、闇金から金つまんでる人間も少なくない。女の場合は風俗兼業って人も少なからずいる。裏稼業の世界とは、結構近いところにいるんですよ」

 本書には振り込め詐欺業者のこんな証言がのっている。もちろん、これは介護事業者やホームヘルパー全体からしたらごく一部だろうが、驚くべき事実ではないか。

 情報源はほかにもある。相続専門のコンサルタントをやっている弁護士からも、相談者名簿が流失しているらしい。「弁護士も本当に食えないから相続専門なんてやってるわけで」という具合だ。さらにほとんど満室だという「高級介護施設」に入居できると偽り、興味を持った老人たちの情報を入手して売る手法、バリアフリー物件を手がけた元リフォーム会社の職人なども情報源になるという。

 老人をターゲットにした卑劣な「振り込め詐欺」だが、実際に犯罪行為をする者だけでなく、背後には彼らを支える“一般人の協力者”の存在がある。これではどれだけ注意を喚起しても、周囲が気をつけていても、被害が減らないはずだ。「振り込め詐欺」の知られざる恐怖の実態である。 
(林グンマ)

最終更新:2014.08.14 04:47

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

振り込め犯罪結社 200億円詐欺市場に生きる人々

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

振り込め詐欺を支える一般企業顔負けの緻密な組織と驚愕のネタ元のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマ裏側詐欺の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
6 自衛隊に横行するいじめ自殺の実態
7 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
10 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
11 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
12 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
15 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 突如終了『テラハ』も?やらせ番組の実態
1 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
3 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄