野々村県議を見て思った。男が泣いたっていいじゃないか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nonomura_140715.jpg
野々村竜太郎公式ブログより


「この日本をぉぉお、あぅおぅ、世の中を………がえだいぃぃぃぃ!」

 野々村竜太郎・元兵庫県議へのツッコミが止まらない。そのレッドゾーンまでふりきった泣きっぷりが繰り返し笑われているのはもちろんだが、「中学時代のあだ名は“発作マン”」「学生時代所属していたコーラス部でストーカーの過去」など、真偽のほどは定かではない噂まで連日ワイドショーを賑わせ、ついに先日、議員辞職に追い込まれた。

 野々村議員が日本中からここまでいじられた裏には、やはり私たちの中に「大の男が人前で泣くなんてみっともない」という意識があるからだろう。
 
 果たしてほんとうにそうなのだろうか。たしかに私たちは小さい頃から「男は人前で涙を見せるな」と教え込まれてきた。だが、人前で泣くのは「文化的に考えても決して恥ずかしいことではない」というのは“涙活”の提唱者である寺井広樹氏だ。氏の著書『泣く技術』(PHP新書)によると、そもそも「日本では古来より涙は美しいものとされ、男性の涙に対しても寛容」だったという。

「たとえば『源氏物語』に出てくる涙の表現は『よよと泣く』『涙にむせぶ』『ほろほろ』などさまざまです。」
「『平家物語』では、平清盛はじめ武将たちも、「悲しみの涙」「憐れみの涙」「鎮魂の涙」「嬉し涙」等さまざまな涙を流しています。」
「本来、日本人は男女ともによく涙を流し、涙の表現をしてきたのです。」

 しかし、急激に近代化した明治以降、男の涙は否定的に扱われるようになった。歴史学の研究でも近代の徴兵制によって男女の役割が明確化され、軍事教育で実際に「男は泣くな」という教えが徹底されたことが「男は人前で涙を見せるもではない」という意識に大きく影響していることがわかっている。

 そして、寺井氏はこうした過去の呪縛を解き放ち、むしろ泣くことには「素晴らしい効果があるのだから、積極的に涙を流していい」と主張するのだ。

 その効果の最大のものとは、ストレス解消。人間の自律神経には身体や頭を活発に活動させる「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」があり、ストレス状態というのは交感神経が高まっている状態のことをいう。その緊張を緩めるには寝ることが最も効果的だが、涙腺が副交感神経のコントロール下にあることから、「起きている状態のまま、副交感神経を活発にできる唯一の方法が、涙を流すこと」なのだそうだ。

“涙活”の医学面を監修している脳生物学者によると「情動の涙を流すことには、ストレスを軽減させるほかにも、自律神経のバランスを整える、免疫システムを活性化させるという効果」がみられるという。さらに、同じストレス解消法の「笑い」は右脳優位であるのに対し、「泣くためには記憶を引っ張り出してくる必要があるため、右脳と左脳をどちらも使った高度な働きをし、笑うよりハードルが高い分、副交感神経への刺激が強くなり、よりストレス解消の効果も大きい」らしい。

 また、涙を流した後は集中力が高まることも実証されている。

「早稲田大学のラグビーチームは、大事な試合前には監督が選手に熱いメッセージを伝える涙活をして、リラックス状態を作っているのです。ひととおり泣くと緊張がとれて高い集中力を発揮し、最も良いパフォーマンスが出せる状態になる」

 こうして見ると、「泣くこと」はいいことずくめではないか。ストレスを解消し、心を穏やかにし、そして共感能力を高める。ただ、野々村元県議のケースは、すべて逆の目に出ているような気もするが……。いや、実は意外にそうでもないのかもしれない。野々村元県議がもし泣かなかったとしても政務活動費問題で追及を受けるという立場は変わらなかった。そのまま地味に責任を問われて結局、地味に政界を追われることになっただろう。だが、野々村元県議は泣いた事で、世界中が無視できないある種のエンタテインメントにまで昇華されたのだ。仮にこれから刑事責任を問われたとしても、ほとぼりが冷めたあとに「元号泣県議コメンテーター」や「いつでも泣ける号泣ピン芸人“泣き虫ののちゃん”」、さらには涙活イベントの特別講師など、新たな未来への可能性も広がった。

 今の世の中は行き詰まり感が漂い、インターネットやSNSに氾濫する情報そのものに流されて自分の感情に集中することができにくくなり、「泣きたくても泣けなくなった人が少なくない」と、寺井氏は言う。

 だからこそ、言いたいことも言えずストレスを抱えている方は、リミッターを外して人前で号泣してみよう。そうすれば、思いがけない未来への扉が開くかもしれない?
(宮谷 烈)

最終更新:2017.12.07 07:35

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

野々村県議を見て思った。男が泣いたっていいじゃないか!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。政治家野々村竜太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
3 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
4 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
5 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 上田晋也『サタデージャーナル』後番組MCに自民党議員の娘
9 『上田晋也のサタジャ』が山本太郎の企画をボツに
10 川島なお美が近藤誠の診断を告発
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
13 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
14 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
15 『報ステ』新キャスターの大越健介に安倍の圧力で『NW9』を追われた過去
16 上田晋也が最終回で「当たり前が言えない」言論状況を批判
17 吉村知事の「新大阪駅で検温」にツッコミ殺到! 変異株死亡者隠蔽も
18 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
4 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
5 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10 五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
11 五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄