『ONE PIECE』は“反日”を乗り超えるための書だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
onepiecehannichi_01_140712.jpeg
『ワンピースに学ぶ反日問題』(ヴィレッジブックス)

 韓国で初の開催となる漫画『ONE PIECE』(以下、ワンピース)の企画展が急遽中止となった。新聞・通信各社が7月10日、いっせいに報じた。企画展はソウルの「戦争記念館」で12日から開催予定だった。報道によれば、「原作に旭日旗に似た絵がある」という抗議により、一部を国費で運営されている記念館側がスペースの貸し出しを取りやめたためだという。

 この決定は日韓両国にとって非常に惜しむべき事態である。それはたんに文化交流の機会がなくなったというだけではない。その『ワンピース』という作品のなかに、どうも反日や嫌韓・反中を乗り超えるヒントが隠されているらしいからだ。ウソではない。そう書いている本が存在するのである。奇しくも中止劇の約1ヶ月前に出版されたその本の名はずばり『ワンピースに学ぶ反日問題』(ヴィレッジブックス)。著者はフリーアナウンサーの長谷川豊…と聞いて、ページを閉じようとした方は、ちょっと、ちょっと待っていただきたい。

 たしかに、長谷川アナといえば、フジテレビ社員時代のニューヨーク駐在中、滞在関係費用を不正使用したとして懲戒処分をうけ、その後も女子アナの裏話を暴露するなど、お騒がせ男として知られている。

 しかし一方で、ブログなどで独特の意見と文体を披露してきた長谷川アナは、自らへの批判者をネトウヨと見なして徹底的に糾弾してきた。本書のなかでもネトウヨに対し「ただの卑怯で下品な人間たち」と、容赦のない攻撃を浴びせている。

 もしかしたら、彼はネトウヨとの戦いを通じて、日韓・日中の対立を乗り越える方法を見いだしたのではないのか。しかも、今回問題になった『ワンピ―ス』がそれを教えてくれるというのだ。読まないわけにはいかない。

 というわけで本書を紐解いてみたのだが、冒頭からとにかく延々と『ワンピース』礼讃が続く。

「『ワンピース』は漫画でありながら、私の中では完全に漫画という概念を超えている。これは一つの『文学』だと思う」、「宗教の教えのようなようなものに近いのではないか」と、自身の“ワンピース愛”を猛烈にアピール。『ワンピース』作者の尾田栄一郎を「尾田先生」と呼んでいるのがちょっとこそばゆい。

 さらには「実際に『ワンピース』の文学的な側面を見るために、文字数を調べてみた」という奇怪な行動も。長谷川アナの調べによると『ワンピース』740話では17のページ数のなかに1953文字が入っていたそうだ。「週刊少年ジャンプ」のなかから「ランダムに選んだごく普通の漫画」は「なんと文字数が842文字!」と誇らしげに比較する。

 曰く、その「驚異的な」字数が『ワンピース』の「文学性」を支えているらしい。ちなみに筆者の愛読書『SLAM DUNK』(集英社)の#275を見てみたところ、台詞は主人公桜木花道の「左手はそえるだけ…」のみで、わずか9文字だった。あくまで参考である。他意はない。

『ワンピース』を褒め讃えたいのは分かった。それで結局、「反日問題」とどう関係するんだよ?とやきもきしていると、第3章でようやく本格的な考察が始まる。この世界の「正体」を暴いていくらしい。胸が高鳴るではないか。

 まず、長谷川アナが目をつけたのが、『ワンピース』の作品の中に登場する「空白の100年」と呼ばれる語られない時代のことだ。長谷川アナはそのときに「世界政府」が歴史の編纂を行ったと主張し、では、「韓国の朴槿恵大統領、そして中国の習近平国家主席はどうか」と問いかける。つまり、中韓の歴史認識にも同じような操作があると言いたいらしい。でも、それってわざわざ『ワンピース』やら「空白の100年」やらをもち出して言うようなことなんだろうか?

 しかし、長谷川アナはそんな疑問もおかまいなしにどんどん話を進めていく。「尾田先生が暴いた反日問題の正体の一つに、空島の戦いから読み取れる領土問題がある」という。占領された土地を取り戻そうとするだけで、侵略者やテロリストと呼ばれる。これは竹島、尖閣諸島に限らず、「世界中に存在する領土問題に対する鋭い皮肉が含まれている」らしい。で、突然「尾田先生が描く宗教観とでもいうべきものについて、思い切ってきりこんでいこう」と息巻き、「靖国神社は結局のところ、ただの『木でできた建物』だ」と言いきるのだ。『ワンピース』にはそんなくだりは一切ないのだが……と呆然としていると、長谷川アナは続いて、作中の伝説的海賊である白ひげが放つ台詞から、従軍慰安婦問題の解決法を引き出す。

「親の罪を子に晴らすなんて滑稽だ… エースがおめェに何をした…!? 仲良くやんな…」(58巻、536話)という言葉。これこそが鍵であるらしい。「日・韓・中すべての人になによりも伝えたい、伝えなければならない名言中の名言だ。この言葉以上に、もはや説明の必要がないからだ」と、感動に打震えながら語る。長谷川アナによると、主人公モンキー・D・ルフィにも同じニュアンスの台詞があるのだという。

「じいちゃんに言えよ」

 おう、めちゃくちゃシンプル。なおこの台詞、本書では708話(71巻収録)からの引用とされているが間違っている。ルフィの台詞は「じいちゃんに言えよ」ではなく、「そんなのじいちゃん恨めよ!!」が正しい。まあ、それは置いておくとしても、実際に韓国側から「従軍慰安婦の責任は?」と問われたとき「じいちゃんに言えよ」と居直ったところで納得が得られるとは思えないのだが……。

 気を取り直そう。ヒントは恋愛エピソードにもあるらしい。ルフィの海賊団の一員であるサンジは、涙を武器に迫ってくるヴァイオレットという美女に恋をした。彼女は敵対する海賊団の一員だった。結果、騙されて拷問めいたことをされながらもサンジは叫ぶ。「おれは女の涙を疑わねェっ!!!!」

 ヴァイオレットは複雑な心境の変化のなかで、しだいに敵であるサンジに協力していくことになるのだが、どうやら長谷川アナはここにも希望を見出したようだ。

「私たちは日本という国の一員だから、全韓国人と戦わなければいけないのか。中国国民一人ひとりが、日本人全員と憎しみ合わなければいけないのだろうか。そんなこと、あるはずがない。どの国にもサンジが、ヴァイオレットがいるはずだ」

 まあ、言わんとするところはわかる。不可解なのはこの段落の直後。国家の枠を越え個人で信頼を勝ちとる例として、AV女優の蒼井そらをひっぱってきていることだ。

「しかし次第に、彼女自身が中国語を学び、相手に対する敬意と歩み寄る姿勢を見せ、また中国側も蒼井さんの魅力にときめき、〔中略〕、セクシー女優という枠だけではくくれない、日本の精神的な大使とまで呼ばれるようになったのである」

 確かに蒼井そらは中国で絶大な人気を誇る日本人。でも『ワンピース』とは関係ない。無理矢理に言うなら、絶世の美女キャラであるハンコックに少し似ていることぐらいか……。

 首を傾げたまま読み進んでいくと、本書は最後にこんな文章で締めくくられる。

「やっぱり人間はもっと仲良くしなければいけない、人間対人間のつき合いなんて、もっとシンプルなものなんだ、というルフィたちの教えや生き様が多くの人につながるといい。実はワンピースでルフィたちが探している『ひとつなぎの大秘宝』というのは、『この漫画によって世界がひとつなぎになる』ということなのではないか」

 70巻以上続く『ワンピース』がこんなかたちでまとめられるとは。ところで、「反日問題」解決のヒントというのは、さっき挙げた「じいちゃんに言えよ」とか「サンジとヴァイオレットになれ」というようなやつだけ?

 たしかに近年、「ワンピース」や「ルフィ」の文字を書名に記した書籍が数多く出版されている。『「ワンピース」に学ぶ仕事術』、『「ワンピース」に学ぶ勝利の交際術』、『「ワンピース」に学ぶ就職活動』(以上、平居謙/データ・ハウス)、少しひねって『モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだった』(阿部美穂/経済界)などなど、挙げていけばきりがない。しかし、いくらなんでも、これはどうだろう……。

 韓国や中国で高まる反日、そしてその陰画のようにエスカレートする日本の嫌韓、反中……両者の不毛な対立を乗り越える方法があるならぜひ知りたいと期待してきたが、どうやら今回は完全に空振りに終わったらしい。

 しかし、長谷川アナはルフィから「クヨクヨすんなよ」というメッセージを受け取ったという。それは「時間の無駄でしかない」と。いやはや、まったくそのとおり……当たり前だ!!!!!(ドン!)
(HK・吉岡命)

最終更新:2018.09.27 01:07

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ワンピースに学ぶ反日問題 ルフィと仲間たちが教えてくれる歴史認識・差別・偏見の真実

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『ONE PIECE』は“反日”を乗り超えるための書だった?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ONE PIECE反日嫌韓の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
2 安倍内閣大臣と暴力団の密接交際発覚も不問状況にほっしゃん。が
3 英軍ラグビーチームの靖国訪問にイギリスで批判殺到、大問題に!
4 千葉の復旧遅れ テレビで政府の責任追及がタブーに! 坂上忍も羽鳥慎一も
5 『ミヤネ屋』でフェイク 文在寅攻撃の急先鋒・武藤元韓国大使の正体!
6 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 東山紀之が『旅サラダ』で菅官房長官の名前出し神田正輝も最敬礼
9 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
11 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
12 柴山文科相が入試改革を批判した現役高校生を晒し上げ公選法違反と恫喝!
13 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
14 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
15 原発事故前に安倍が地震対策拒否
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
19 NHK『クロ現』が総理圧力の証拠報道
20 残業代支払われず労働組合に相談したら会社が訴えてきた!?
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄